「バース&川藤 対談/すまたん」

  • 2015/04/21(火) 11:23:31



読売テレビの「朝生ワイド す・またん」に、ランディ・バースさんがVTR出演。

川藤幸三さんと、旧交を温めました。

ホント、仲がいいんですね。



バース&川藤 対談



まずは再会を喜び、抱き合います。


「英語は、うまくなったかい?」とバースさんが聞くと、川藤さんは「ヤー! ミー・イングリッシュ・OK?」と 川藤イングリッシュを披露。


通訳として同席してくれたのは、おそらく、マーティ・キーナートさん。

バースさんは彼を、「スケベ!」と紹介した。

(今回、唯一話した日本語が、これ)



最強助っ人外人選手として、今も記憶に残る、ランディ・バースさん。

1985年には、3冠王を獲得しました。

(打率 .350、本塁打 54、打点 134)

その年阪神は、21年ぶりにリーグ優勝を果たし、初の日本一に輝いた。


その盛り上がりはすさまじく、バスの運転手はラジオをつけたまま運転していた。

翌日になっても、うれし泣きする虎ファンは多かったと記憶しています。


翌1986年には、シーズン最高打率 .389を達成。

2年連続の3冠王に。

(打率 .389、本塁打 47、打点 109)


「神様、仏様、バース様」と呼ばれた。




「ユー・オールド・少し老けたね」と、川藤さん。


すると、バースさんは川藤さんの首をつかみ、頭を見た。


川藤さんは、「ミー・ヘアー・OKよ」と。


バース&川藤 対談


そんなふたりは、ともに60代。

川藤さんが65歳で、バースさんは61歳。


今日も、川藤イングリッシュが冴えわたります。

「セイム・イヤー・還暦?」「レッド・ちゃんちゃんこ」「ジャパニーズ・60オーバー・オール・同い年」

(「日本人は60歳を過ぎると、みな同い年みたいなもんなんだよ」の意)


英語はきれいに話すことより、気持ちが大事なんだと教えられました。


バースさんも、「ユー・イングリッシュ・完璧ね」と絶賛。




今も忘れられない、1985年4月17日の出来事。

甲子園で行われた、阪神 vs 巨人の試合。

バース・掛布・岡田のクリンナップが、バックスクリーンに3連続のホームラン。

「伝説のバックスクリーン3連発」に、ファンが沸きました。



バースさんは、「川藤さんは、あの3本のホームラン、全部見てないんじゃないですか」と振り返ります。

「いつもベンチで、寝てたじゃないですか」と。


これに、川藤さんは反論。

「ジャスト・タイム、ミー・ルッキング(あの時は見てたわい)」

「アフター・スリーピング(その後で寝たんや)」



いつも寝ていたとバラされた、川藤さん。

こう説明した。

「ミー、7回8回9回、ルッキング」

「1回2回3回4回5回6回(こっくり居眠り)OK」



バース&川藤 対談





現役時代の川藤さんを、バースさんはこう振り返ります。

「川藤さんは、チームのリーダーでした」

「掛布、岡田、真弓たちが、チーム一丸になるための、隠れたリーダー」

「東京など遠征先の食事でも、みなで ご飯を食べに行こうと誘ってくれたのは、川藤さんでした」


当時は、真弓派、岡田派、掛布派など、いろんな派閥があったのだそう。

そんなチームの「まとめ役」が、川藤さんだった。


それを、吉田監督も知っていました。

1985年のセ・リーグ祝勝会で、こんな賛辞を送った。

「特に、川藤選手は、監督・コーチができない仕事、選手をうんと盛り上げてくれた。そういう意味で、僕は川藤に、本当に感謝します」


あの奇跡の優勝に、川藤さんは欠かせない存在だったのです。



そんな川藤さんは、入団当時のバースさんを、こう振り返る。

「ランディが日本に来た時に、一番初めに驚いたのは、箸」

「まあ、初めて うどん食べた時に、ぱっと横で見てたら、箸をま~きれいに使う」

「あれには感心した」



バースさんは入団当初から、日本の文化に慣れようと、努力したようです。

自分から積極的に、麻雀や将棋を教えてくれ、飲みに連れて行ってと、話しかけた。

その甲斐あって、チームに早く溶け込むことができました。


川藤さん曰く、もう一つの3冠王がある。

それは、将棋・麻雀・酒の3冠王。





日本プロ野球偉人伝 vol.9(1985→1987―球史を彩るスーパースターたちの伝説 「猛虎フィーバー」時代の63人 (B・B MOOK 1002 球史発掘シリーズ 9 完全保存版)






30年ぶりの日本一を目指す、阪神タイガース。


バースさんは、こう言ってくれました。

「日本一を目指せるところに来ていると思います」

「去年は日本シリーズに出て、あと一歩で負けてしまったけど、良いチームだし、和田監督はよくやってると思います」


ゴメスやマートンについては、「今の選手たちは一生懸命にやっているので、大丈夫ですよ」と。


「昔から、外国人に対するストライクソーンは広かった。これは、今も同じです。納得して、割り切って、打つしかない」

「我慢は、とても大切です。たとえ納得がいかなくても、審判の判定は変わらない。怒らずに、いかに打つかを考えないといけません」

「マートンは、打撃技術が優れている。すべての方向に打つことができるから、もっと活躍できると思います」



ゴメスについても、アドバイスしてくれました。

「成功への一番の秘けつは、流し打ちを覚えることです」

「私が日本で成功できたのは、流し打ちを覚えたからです」


(甲子園は、浜風の影響がある)



最後に、阪神タイガースへメッセージを。

「(阪神で過ごした)6年間は、とてもいい思い出に残っています」

「テレビで言えないことが、たくさんありますけど(笑)」

「今の阪神は よくやってると思いますが、何とか私が死ぬ前に、日本一になって欲しいです」







まずは、今日のDeNA戦からや!





ウォーカームック す・またん!Walker 61806-34





[関連記事]

 → 「ドン・マネーも驚いた/パ・リーグ残酷物語(1)」





スポンサーサイト



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ未指定]


「超人ペールワン/祇園笑者 ケンドーコバヤシ」

  • 2015/01/31(土) 08:20:55


読売テレビ「祇園笑者」より。

1月30日深夜放送、「ケンドーコバヤシ×藤崎マーケットトキ」。




□ 藤波辰爾 スクワット4時間伝説

東京のテレビスタッフにキレる、藤崎マーケットのトキさん。ある時は、「ラララライ体操、1時間できますか?」と聞かれた。「そんなもん、できるか!」と怒るトキに、ケンドーコバヤシさんは、「それはやれ」と諭すのでした。

「ドイツのバラエティー番組で、遠征中の藤波辰爾さんが、4時間スクワットやれって言われて、やったんやぞ! それで、日本のプロレスラーすごい! ってなってん。新日本プロレスって、どんなとこだ? こんなグリーンボーイ(当時は若手)が、やりきったぞ! そんなことがあって、新日本プロレスが海外で、大ヒットしたんや」

できませんと言うのは、簡単。でも、やりきることで、生まれるものもあると。開拓するには、まずやらないと。




□ ペールワン

ムチャ振りこそチャンスだと力説する、ケンドーコバヤシさん。トキさんに、「猪木 対 ペールワン 戦って、知ってる?」と、唐突に話しはじめた。

「パキスタンで行われたんやけど、ペールワンは、パキスタンの英雄。日本でいえば、全盛期の千代の富士みたいな感じや。ペールワンというのはナンバーワンという意味で、国の歴史の中で一番強いと言われてた。だから、パキスタンの人はみんな、勝利を疑ってなかった」

「試合はガチンコで行われ、ペールワンは噛みつきまで繰り出す激戦に。猪木は猪木で、相手の目に指を突っ込み、最終的には腕を折った(アームロックで脱臼させた)」

「相手は、国の英雄。リングサイドには兵士が立ち並び、銃を構えているような状況。エキサイトしたとはいえ、目つぶしし、腕まで折ったのだから、さあたいへん。とても、無事に帰れるとは思えない」

「でも、そこで奇跡が起こった。いつものように、ダア~ッ! と両手を上げたところ、それがたまたま、アラーの神のポーズ(神への感謝の祈り)だったため、兵士たちは銃を下げることに」

それぐらいの本気度でやれと、ケンドーコバヤシさんは言いたかったらしい。




□ ペールワン → バロムワン

ペールワンって、何かと似てるな? と思ってたら、ああ、バロムワンかと気づいた。

「超人バロム・1」は、1970年代の特撮。ずいぶん後になってから、さいとう・たかを先生の漫画原作が存在することを知った。さいとう先生は、言わずと知れた「ゴルゴ13」の原作者。そういえば、「バロム・1」「ゴルゴ13」と、どちらも数字がつくな。

ペールワンをバロムワンとするならば、猪木はさしずめ、アゴゲルゲだろうか。

悪の化身ドルゲは、自身の細胞を移植させ、悪のエージェントであるドルゲ魔人やドルゲ怪人を作った。当初は、オコゼルゲやイカゲルゲなどだったものの、番組後半では、クチビルゲ、ウデゲルゲ、クビゲルゲなど、人間の体の一部をモチーフにした怪人が登場。

でも、ウデゲルゲって、腕ではなく、実際は、手ゲルゲじゃない?


ウデゲルゲ







激情プロレスリング ~激突!!吉本芸人軍団VS新日本プロレス軍団全面戦争~ [DVD]





「カナリア安達が泣いた野生爆弾 川島のメール/祇園笑者」




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  芸能人  芸人


「明石家さんま、金曜日の震えとサザエさん女/過ぎるTV」

  • 2015/01/30(金) 13:37:41

ABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」より。

「永久保存版! 明石家さんまSP」




□ 人気者伝説

月亭八方さんの証言。

「さんまの駐在さん」放送当時、収録が終わると、ファンが楽屋口や入口に殺到。しょうがないので、風呂場から脱獄犯のように、さんまさんは帰っていた。


とにかく忙しすぎる日々。

東京に進出し、大阪と東京を行ったり来たりの毎日(1979年 24歳ごろ)。レギュラーは、週に14本。しかも、劇場の出演が月に20日もあった。

あまりに多忙すぎて、金曜日の夜には、体が震えたそう。金曜の夜8時になると、「もうすぐか~」と思い、実際に震えだす。

それほどのハードスケジュールだった。


その頃、日曜の夜になると やって来る女性がいた。唯一、眠れる時間なのに、ピンポンを連打され、ドアを何度も蹴られる。そして決まって言うのが、「サザエさん見よ~!」。

怒っても、「だから~、サザエさん見ようって」と言うばかり。そんなことが何回か続いたので、ついに警察を呼んだのだとか。


この忙しい時期に声をつぶし、現在の声に。それまでは、今よりも高い声だった。2ヵ月しゃべらなかったら元に戻ると言われたけど、無理な話でした。




□ パーデンネンのルーツ

「さんまの駐在さん」では、オープニングで、さんま&八方のフリートークがあった。

ある日のこと、八方さんが、「うちの子にアホか! って怒ったら、『アホちゃいまんねん、パーでんねん』って返したんや」という風な話をした。

それをさんまさんが面白がり、後日、「笑っていいとも」でその話を披露。大ウケしたので、「ひょうきん族」でパーデンネンのキャラをやりたいということになった。

八方さんの息子は、現在、関西を中心に活躍している、月亭八光(つきてい はちみつ)さん。使わせてもらうお礼にと、さんまさんは5千円(1万円とも)を八方さんに渡したらしいが、息子の手に渡ることはなかったらしい。








□ オレたちひょうきん族

有名な話だが、ブラックデビルはもともと、高田純次さんが演じていた。しかし、1回目の収録のあと、おたふく風邪にかかってしまう。急きょ、さんまさんが代役となったが、それが大当たり。以後、たけちゃんマンの敵役として、人気者となる。


番組末期、たけしさんが休みがちになり、続けるか やめるか、最後の結論は、さんまさんに委ねられたのだという。

その頃の楽屋は、活気があった頃とは、全くの別物だった。お金儲けの話だったり、将来の心配だったり。こういうギャグしようとか、ガムシャラだった空気が、まったくなくなってしまっていた。

そんなこともあって無理だという結論に至り、番組は終了したらしい。









たけし・さんまの有名人の集まる店 [DVD]



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  芸能人  芸人


「吉本新喜劇 復活の兆し」

  • 2015/01/03(土) 20:04:27


小学生の頃、土曜日の午後といえば、「吉本新喜劇」でした。

当時の座長は、岡八郎さん、花紀京さん、船場太郎さん、木村進さん、間寛平さん。

マドンナが、中山美保さん、山田スミ子さん。


時は過ぎて、2015年。正月特番の吉本新喜劇を見ました。

題材は西遊記で、4人の座長が勢ぞろいした特別版。(小籔さんは欠席)


感想はというと、とても面白かった。

(以下、敬称略)

新座長の すっちー。

ドリルせえへんのかい! の吉田裕。

ギターを巧みに操る人間効果音、松浦真也。

抜群の安定感、内場勝則&辻本茂雄。

ややこしい老人・中川貴志(ランディーズ)と、激しくツッコむ 清水けんじ。

ゆる系のおデブちゃん、酒井藍。

楽しい掛け合い ヒュー&カー、川畑泰史&烏川耕一。

もはやレジェンド、池乃めだか&桑原和男。



特に印象的だったのは、子どもの笑い声がたくさん聞こえたことです。

正月公演というのがあるかもしれないけど、すごく楽しんでいると、感じられた。


慣れるとどうしても退屈になってしまいがちな吉本新喜劇ですが、新しい血が巡り出し、よい感じに変わってきているという気がしました。



すっちー&ギター松浦



ドリルすんの せえへんのかい!



おおい! 呼んだら来るから エンドレスじじい






50周年!吉本新喜劇ギャグ100連発[21世紀編] [DVD]



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  芸人


「島田 一の介さん、スベリ問題」

  • 2014/10/11(土) 19:30:49

吉本新劇の 島田 一の介さんが最近、スベっているのだという。

それはなぜか?


一の介師匠の定番ギャグといえば、「ダメよ ダメよ ダメなのよ~」

今まで、スベリしらずのギャグでした。

それがなぜ?



原因は、日本エレキテル連合という新星の存在。

ブレイクのきっかけ、「未亡人朱美ちゃんシリーズ」の「ダメよ~ダメダメ」は、今や超有名です。


それ故に、一の介師匠の「ダメよ ダメよ ダメなのよ~」が、若い人にパクリだと思われるらしいのです。

しかも、ビミョーに間違えていると。

シラっとした感じになり、スベってしまうのだという。


関西テレビ「雨上がり食楽部」で、そう教えてくれたのは、同じく吉本新喜劇の すっちーさん。

元ビッキーズの須知裕雅さんも、今や座長なのだそう。

吉田裕さんとのコンビ芸も、すごい爆発力。

「ドリルすんのかせんのか~い!」で、ブレイクするか?














 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  芸能人  芸人



ブログパーツ