「江~姫たちの戦国~ 第4話 本能寺へ 感想」

  • 2011/01/31(月) 15:39:42

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)



[感想]


神を信じないのはいいとしても、神になるのは違うか。

神を信じないのは、神がいないと信じることなので、個人の好みや価値観の範囲。

信じる人と方向が逆なだけで、本質は変わらない気も。

どちらも確かめようがないし。


何事にも、そつのなさそうな、光秀。

教養もあるようだし、立派な人なんだけれど、信長とは相いれないよう。

性格も悪くないし、技量もあるのに、うまが合わないので、冷遇される。

これって、今の世にもありそう。

場所が違えば大活躍だったり、問題なかったりするのに。


そう思うと、なお悲しい気も。

場所を変えれば、お互い、また違ったのかな。

別々の場所なら。


歴史に「もしも」はないけどさ…



市と信長のやり取り、よかったですね。

自分は道具ではない、人形でもない。

だけど、やりたいことを理解したから、自分から行く。

これって、いいなあ。

服従でも、反発でもない。

理解して、自分で決めた。



PS

日本だと、人間が神様のように祀られるのは、

祟りや呪いを畏れてだったりすることも…




新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上



明智光秀―正統を護った武将



神になった人びと




[あらすじ]


・天正9年の冬。
・三姉妹は、お市(鈴木保奈美)に香道を教わりました。
・まずは、自分の好きな香を選ぶ。

・茶々(宮沢りえ)が選んだのは、奇しくも父・長政(時任三郎)が愛用したもの。
・初(水川あさみ)も好みのものを見つけますが、江(上野樹里)だけは見つかりません。

・市と娘たちは、信長(豊川悦司)が開く“京都お馬揃え”に招待されます。
・また伯父上に会えるのかと思うと、江はうれしくてしかたがない。


・馬揃えの準備をするのは、明智光秀(市村正親)。
・が、正親町天皇がご見物になると聞き、とんでもないと。
・奉行職から外してくれるよう、頼みました。
・帝を利用するなど、とんでもない。
・が、信長はそれを許しませんでした。


・京に入った江たちは、たまたま光秀と出会い、娘のたま(ミムラ)を紹介されます。
・楽しく語らう江たちですが、市は光秀の疲れた顔が気にかかる。

・馬揃えは、絢爛豪華なものでした。
・観覧する武家も、公家も、大いに魅了されます。
・最後に登場した信長は、観衆を前に言いました。
・「みなみな、時は春である!」
・「我が春! 信長が春である!」
・「そして、世の春! みなみなの春である!」


・その夜、江は本能寺にて、信長と対面。
・そこで、信長が焚いてくれた香に興味を示します。

・信長は江に、神の話をしはじめました。
・神などいないと言い切る、信長。
・神仏の教えは、人間が作ったものだと言います。
・そして、真なる神があるとすれば、それは自分しかないと。
・安土城には自分をまつる寺を作らせたし、今回の馬揃えも、神になる一歩だという。

・江は悲しそうな顔をして言いました。
・神も仏も信じないという伯父上が、自分が神になろうとするのは、おかしい。
・人は、己が望むままに、神になどなれません。
・己を信じることと、神になろうとすることは、違うと思います。

・思ったままを口にした、江。
・そしてそれは、信長が教えてくれたことだと。

・信長は江に、己を信じて、思うまま生きればいいと言いました。
・「己の信じる道を行け、江」
・「思うておるより、時ははやい」
・「人生は短いぞ」と。


・快進撃を続ける、織田軍。
・ついに、武田家を討ち滅ぼします。

・そんな中で、光秀だけが叱責を受けました。
・家臣たちの前で、辱められる。

・この頃から、光秀の手が、わなわなと震えるように。


・安土への凱旋の途中、市と江との面会を求める信長ですが、江は来ませんでした。
・「伯父上はもう、わたしの好きな伯父上ではありません」
・そう江は言った。

・ひとりで来たお市に、信長は、娘たちと共に戻れと持ちかけます。
・ただ、その話には、先がありました。
・信長は茶々を養女として迎え、天皇家に嫁がせる心づもり。
・初は大名家に嫁がせ、江はしばらく手元に置くと。

・お市は言いました。
・兄上様は、神ではございません。
・そこまで上り詰めたら、落ちるだけです、と。

・そう話した上で市は、信長の要求を断りました。
・自分も娘たちも、兄上様の道具にされるのはごめんだと。

・が、信長は、それが天下太平のためだと話します。
・今まで戦いを重ねてきたのは、戦のない世を生み出すため。
・世の中が大きく変わる時には、多くの血が流される。
・それを誰かがやらねばならなかった。
・そして、それをわしがやっただけだと。

・憎まれ怖れられるものはひとりでいい、と話す、信長。
・しかる後に太平の世が来れば、それでよいと。

・馬揃えで信長が言った「世の春、みなみなの春」とは、このことだったのです。

・日本をひとつに束ねるには、帝の威光が欠かせない。
・けれど、今や、衰えはじめている。
・そこに茶々が嫁げば、信長に向けられた憎しみと恐怖が、帝を畏れ敬う気持ちへと変わるだろうと、信長は考えていました。

・兄の真意を知った、お市。
・娘を連れてわしのそばに来ぬか、と再度問われ、答えました。
・わたしは兄上さまの道具でも、人形でもありません。
・しかし、己自身で定めたのち、おそばに戻りたいと思います。


・兄の気持ちを知った、お市。
・江も、伯父上にひどいことを言ってしまったと、悔みます。
・またお会いしたいと、願う。

・互いに分かりあえた、信長、江、お市。

・しかし、分かりあえない者が、別に苦しんでいました。
・四国攻め総大将の任を解かれた光秀は、思いつめる…





NHK大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 213号)





スポンサーサイト



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  江~姫たちの戦国~


「タモリ倶楽部/飲み企画 ヒレ酒に合うヒレ決定戦!!」

  • 2011/01/28(金) 11:54:57

□ タモリ倶楽部


フグの胸びれを軽く焼いて、日本酒の熱燗を注いで作る、ひれ酒

寒いのは大嫌いというタモリさんですが、冬の季語である ひれ酒は大好きだそう。

あったまって、ほっとすると。


今回は、そんなヒレ酒の企画です。

しかし、ここはタモリ倶楽部。一筋縄ではいきません。

いろんな魚のヒレをあぶって、どれがおいしいのか検証します。



「環太平洋さかな対抗! ヒレ酒に合うヒレ決定戦!!」


ヒレ酒に合うヒレ決定戦




3万種はいるのではないかといわれる魚。

その中から、フグのヒレに匹敵する、ヒレ酒に合うヒレを探します。

今回の決定戦は、勝ち抜き方式。

最期まで勝ち上がったヒレが、ヒレ酒の絶対王者・河豚(フグ)と対決する。

東京ドーム地下競技場は、震えているぜ!
アチィねェ





[1回戦 カワハギ vs アジ]

第1回戦は、

フグ一族の外道王“皮剥”(かはわぎ) 
 出身:神奈川県三崎
 得意技:煮付け

 vs

大衆魚ワールドチャンピオン“鯵”(あじ) 
 出身:長崎県松浦
 得意技:フライ



まずは、カワハギのヒレから。


コンロで、よくあぶります。

その隣では、タモリさんがお燗(おかん)を調節する。


フグ目のカワハギですが、味の方はフグに匹敵するか?


あぶったヒレを湯呑に入れ、そこに熱燗を注ぎフタをします。

ヒレの香味が酒に移るのを待って、フタを開け、酒のアルコール分にマッチで点火する。


ヒレ酒に合うヒレ決定戦


…ん?

タモリさんのだけ、点かない?



さて、さっそく、カワハギのヒレ酒を試飲します。

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

香りは、なかなかいいみたい。

味も上品で、なかなか好評です。

生臭さも、ないそう。



これに対するのは、アジのヒレ。

今回はタモリさんも点火に成功し、場が盛り上がります。

ご満悦。

みなさんも順次点火し、おお~っ! と声が上がる。


さて、肝心の味はどうか?

アジの尾ビレ酒を試飲します。

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

香りはあまりしない様子。

味も、もうひとつのようです。

しかも、飲むと生臭い。



さあ、判定はどうか?


カワハギなら、●。アジなら、○。


結果は、


渡辺祐さん:●、升毅さん:●、タモリさん:○、
六角精児さん:●、千原せいじさん:●

4対1で、カワハギの勝利。


タモリさんがアジに入れた理由も、「ひとりぐらい いないと」というもの。




[2回戦 カワハギ vs カツオ]

第2回戦は、

暫定王者“皮剥”(かはわぎ) 

 vs

黒潮のブーメランスター“鰹”(かつお) 
 出身:宮城県気仙沼
 得意技:タタキ



ヒレが大きいカツオ。

出汁(だし)に使われるくらいだから、期待できるか。


熱燗の火加減が気になる、タモリさん。

次の回、器具を調節すると宣言します。

じっとお燗する様子を見つめる出演者に、思わずスタッフが「しゃべってください」と言う一幕も。



さあ、鰹ヒレ酒の試飲です。

いい出汁は出ているか?

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

期待通り、出汁が出たみたいです。

みなさん、高評価。

マイルドだし、生臭さもない。



さあ、判定は?


カワハギなら、●。カツオなら、○。


結果は、

渡辺祐さん:○、升毅さん:○、タモリさん:●、
六角精児さん:○、千原せいじさん:○

4対1で、カツオの勝利。


ちなみに、タモリさんは、みんなが札を上げるのを見てから、上げました。

やっぱり、競らないとまずい?




[3回戦 カツオ vs エイ]

第3回戦は、

暫定王者“鰹” 

 vs

秒殺のデビルレイ“鱏”(エイ) 
 出身:長崎県
 得意技:エイヒレ


おつまみとしても知られる“エイヒレ”。

今回は、そのエイヒレに使われる、ガンギエイのヒレを使用。



酒の肴の定番、鱏ヒレ酒の試飲です。

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

香りは強いようです。

ただ、飲んだ瞬間に、「ん?」といった反応。

味が変わりすぎて、酒の味がしないそう。

どうも、ヒレ自体に、おいしさが濃縮されているみたいですね。



さて、判定は?


カツオなら、●。エイなら、○。


結果は、


渡辺祐さん:●、升毅さん:●、タモリさん:○、
六角精児さん:●、千原せいじさん:●

4対1で、カツオの勝利。




[4回戦 カツオ vs タイ]

第4回戦は、

暫定王者“鰹” 

 vs

祝! コングラチュレーション“鯛”(たい) 
 出身:茨城県大洗
 得意技:鯛めし



さあ、高級魚が登場だ!

刺身でもよし、焼いてもよしの、オールラウンダー。

しかし、淡白な気も。


あぶった香りは、いいようです。

高級魚の意地を見せることができるか?

鯛ヒレ酒、試飲。

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

これはこれでいいんでは? という反応。

ただ、魚のにおいが気になるという意見も。



カツオなら、●。タイなら、○。


結果は、


渡辺祐さん:●、升毅さん:●、タモリさん:○、
六角精児さん:●、千原せいじさん:●

4対1で、カツオの勝利。


ここまで全勝負、4対1。




[5回戦 カツオ vs ヒラメ]

第5回戦は、

暫定王者“鰹” 

 vs

海底のレフトアイ“鮃”(ひらめ) 
 出身:青森県鰺ヶ沢
 得意技:エンガワ



これも身自体は淡白な印象がありますが、ヒレはどうか?

エンガワは揚げても、おいしいですよね。


さあ、カツオの牙城を崩せるか?

鮃ヒレ酒、試飲。

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

香りがフグに似ているという意見が。

味も、うまい!

これは、もしや。



カツオなら、●。ヒラメなら、○。


結果は、

渡辺祐さん:○、升毅さん:○、タモリさん:○、
六角精児さん:●、千原せいじさん:○

4対1で、ヒラメの勝利。


カツオもおいしかったのですが、フグに対抗できるものということで、ヒラメが勝った。




[6回戦 ヒラメ vs 干しシイタケ]

魚のヒレではありませんが、以前タモリさんが夜中にどうしてもヒレ酒を飲みたくなった時に、家で試したものを披露します。


それは、“干しシイタケ”。

異種格闘技戦の様相を呈してきました。


暫定王者“鮃”(ひらめ) 

 vs

菌類最強の男“干し椎茸” 
 出身:大分県中津
 得意技:煮物



カツオ同様、出汁をとるもの。

どんな味になるか?

(松茸の土瓶蒸しが食べたい!)



タモリさん考案、干し椎茸酒、試飲です。

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

香りは、はっきりしているそう。

味も、さっぱりしておいしい。

ただ、升さんが食べ物の中で唯一嫌いなのが、椎茸。


判定はどうなるか?


ヒラメなら、●。干しシイタケなら、○。


結果は、


渡辺祐さん:●、升毅さん:●、タモリさん:●、
六角精児さん:●、千原せいじさん:●

5対0で、ヒラメの勝利。

満場一致でした。




[7回戦 ヒラメ vs サケ]

第7回戦は、

暫定王者“鮃” 

 vs

北海の鼻曲がり“鮭”(さけ) 
 出身:北海道釧路
 得意技:塩焼き


皮はおいしいけど、ヒレはどうか?

鮭ヒレ酒、試飲。

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

においは、鮭のにおい。

味は、安心感はあるけど、高級感がない?



ヒラメなら、●。サケなら、○。


結果は、


渡辺祐さん:●、升毅さん:●、タモリさん:●、
六角精児さん:●、千原せいじさん:●

5対0で、ヒラメの勝利。




[8回戦 ヒラメ vs オニカサゴ]

第8回戦は、

暫定王者“鮃” 

 vs

毒針最醜フェイス“鬼笠子”(おにかさご) 
 出身:長崎県五島
 得意技:唐揚げ


顔と違って、ヒレはとてもきれい。

ただ、背ビレには毒があって、その威力はハブの18倍だそう。


さあ、ヒラメの味を超えられるか?

鬼笠子ヒレ酒、試飲。

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

香ばしいと、高評価。

うまいという声が、続々と上がります。

甘みも出ているそう。

見た目もカラフルで、面白い。



さあ、注目の判定は、いかに。


ヒラメなら、●。オニカサゴなら、○。


結果は、


渡辺祐さん:●、升毅さん:●、タモリさん:○、
六角精児さん:○、千原せいじさん:○

3対2で、オニカサゴの勝利。

好勝負でした。


フグのヒレ酒とは違うものとして、おいしい。





そしてついに、決勝戦。

王者フグに挑みます。


[決勝戦 フグ vs オニカサゴ]


絶対王者の鉄人“河豚”(ふぐ) 
 出身:山口県下関
 得意技:ふぐ刺し

 vs

暫定王者“鬼笠子”(おにかさご) 



その結果は?





ひれ酒用とらふぐひれ(30g)
ひれ酒用とらふぐひれ(30g)



和酒庵 焼えいひれ 55g
和酒庵 焼えいひれ 55g





この一杯で、真の王者が決まる!

河豚ヒレ酒、試飲!

ヒレ酒に合うヒレ決定戦

においを嗅ぐや、知ってる知ってると、安堵に包まれる出演者のみなさん。

やっぱりこれだな~

すべての味が出てるね~

香りが決定的ですね~

見事なもんだな~

と、感想を。



さあ、注目の判定は、いかに?


フグなら、●。オニカサゴなら、○。


結果は、

渡辺祐さん:●、升毅さん:●、タモリさん:●、
六角精児さん:●、千原せいじさん:●

5対0で、フグの勝利。


やはり、王者、強い。

完全勝利だ!



でも、おかげで、発見もありました。

ヒラメやオニカサゴは、おいしいそうですよ。


ああ、フグ、食べたいな~~~~~





R25「酒肴道場」 (王様文庫 B 88-1)





そういえば、ヒレ酒飲んだことないなあ。

だからあの、ボワッという点火も、経験してない。

最後の、みんながヒレ酒を飲んだ時の表情を見ると、飲んでみたくなる。

奥の方から唸る感じでした。


飲みてぇ~~~





今週の、空耳アワー。



・「サッカーパンチ/ザ・ワイルドハーツ」

 → うるさかばい
 ( WITH A SUCKER PUNCH )

 (博多っ子の抗議 → 確かに聞こえる、耳かき)


・「フー・アー・ユー/ザ・フー」

 → 入れ歯 なおした 純平
 ( ELEVEN HOURS IN THE TIN PAN )

 (これで、モテモテです → 手ぬぐい)


・「恋のハプニング/チャカ・カーン」

 → あっちから突っ込んで こっちから突っ込んで
 ( WHAT CHA'GONNA DO FOR ME )
 ( WHAT CHA'GONNA DO FOR ME )

 (「こっちから」のイントネーションが最高! → Tシャツ)



そういえば学生時代、チャカ・カーンと聞いただけで笑えた。





[タモリ倶楽部 関連記事]

 → 「King of Hop マイケル・ジャクソン追悼 ビールのフルコース」
 → 「硬いおつまみ」

 → 「タモリ倶楽部 アーカイブ 2011年度 前半」





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  タモリ倶楽部  食べ物  飲み企画


「赤毛のアン 第29章“アン、物語クラブを作る”」

  • 2011/01/27(木) 08:57:28

マシュウから素敵なドレスを送られ、クリスマスコンサートも成功し、

順風満帆のアンです…



□ アニメ 赤毛のアン
(サンテレビにて再放送していました)




劇場版『赤毛のアン~グリーンゲーブルズへの道~』 [DVD]




4月29日(木) 第29章「アン、物語クラブを作る」

・コンサートが終わって、アンは授業中にぼんやり。
・高揚した後では、平凡な日常が、無味乾燥に思えてしまいます。

・しかし、波とはいずれ、収まるもの。
・コンサートの余韻や置き土産は残ったものの、みんな日常へと戻っていきました。

・そして、季節は3月に。
・まだ雪の残る道を、アンとダイアナは家路へ。

・ふたりは、おしゃべりしながらも、周囲に目を配り、聞き耳を立てます。
・なぜなら、ステイシー先生から、“冬の野や森を行く”という題の作文を、課題として与えられていたから。

・その日は、アンの誕生日でした。
・もう、13歳になる。
・アンはダイアナに話します。
・もう2年もたてば、すっかり大人だ。
・そうなれば、いくら大きな声で言葉を使っても、笑われずにすむと思うと、うれしい。
・でも、自分がもうすぐ大人になるなんて、信じられない。
・今朝目が覚めたら、何もかもこれまでと違うんだって気がした。
・何だか、人生がずっと面白いものになるような気がする。

・そんなことをおしゃべりしながら、時には景色を見て、ふたりは帰ります。
・雪の上を駆けるウサギや、夏とは違った美しさを見せる真っ白で静かな林。
・それがだんだんと、夕日で赤く染まってゆく。

・野や林についての作文は書けそうだと、ダイアナ。
・でも、もう一つの課題が書けそうにない。
・自分で考えた物語を、月曜日に提出しなければならないのです。

・想像力豊富なアンには何でもない課題ですが、ダイアナは困っている様子。
・アンは前の月曜日に、もう書いてしまったらしい。
・題は、“妬み深い恋敵”あるいは“死もまた離すあたわず”。

・ただ、マリラの感想は、下らない戯言(たわごと)だ、らしい。
・マリラが吹き出す様子が、目に浮かびます。
・また、マシュウの感想は、そうさのう――ではなくて、とても素敵だ、だったらしい。

・その小説をダイアナに話して聞かせようとしたアンですが、マリラに呼ばれて、家へ。
・確かに、そのまま立ち話していたら、カゼをひいてしまいます。


・翌日、アンはダイアナに、ジェラルダインとコーデリアの話を聞かせました。
・ふたりの女性と、バートラムという男性の、恋の物語。あるいは、愛憎劇。

・登校中、休み時間、そして放課後も、アンは物語を話します。
・そして、ダイアナも夢中に。

・結末は悲しいものでしたが、ダイアナは感激します。
・何しろそれは、アンが自分の頭で考え出したものだから。

・ダイアナは思わず漏らしました。
・わたしの想像力も、あなたと同じくらい素敵ならいいんだけど。

・それを聞いて、アンはひらめきました。
・ふたりで“物語クラブ”を作るのです。
・そこで、想像力を養う。


・こうして誕生した、物語クラブ。
・最初はふたりだけでしたが、やがて何人かの女の子も、参加することに。

・会員は毎週、一つずつ、物語を書くことになりました。
・一人ずつ自分の書いたものを読み上げて、みんなでそれについて話し合う。
・みんなペンネームを持っていて、アンのは“ローザモンド・モントモレンシー”。

・それぞれの作家によって、物語には特徴があるらしい。
・ダイアナのものは、人殺しがよく出てくる。
・人の扱いに困ると、さっさと殺してしまうのだと。

・マリラは、物語を書くのは馬鹿げていると言います。
・勉強の時間を無駄にすることになると。

・でも、アンによれば、物語には教訓があるように努めているといいます。
・善人は報いられ、罪人はバツを受ける。
・それなら、きっと、いい影響を与えられると、アンは言いました。

・アラン牧師夫妻に、ジョセフィンおばさん、いろんな人を読者に持ち、物語クラブはさてどうなるか…



こうしてはじまった、アンの物語クラブ。

マリラは気に入らないようですが、気に入らない物にも、いいところはあるもの。

そのいいところを、アンは見せることができるでしょうか。


マリラはアンに大切なものを教え、

アンもマリラに、大切なものを教えます。


面白い組み合わせ、

素晴らしい組み合わせ…





赤毛のアン 第29話





赤毛のアンの手作り絵本〈1〉少女編





公式サイト:『赤毛のアン 作品紹介│NIPPON ANIMATION』





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  赤毛のアン


「Ninja Moped│世界が注目ネット動画」

  • 2011/01/25(火) 01:00:00

NHK総合、おはよう日本、「世界が注目ネット動画」で紹介されていた動画。


本当のコインを並べて作った動画です。





作ったのはスウェーデンの二人組のミュージシャン“Ninja Moped”。

日本と80年代のカルチャーが大好きなのだそう。

BGM は、彼らの作ったオリジナル曲です。


この動画に使ったコインは、4千枚。

丸2ヶ月、朝から晩までかかりきりで、作った。




こちらは、ブロックで





発想と根気がすごいな!





ファミコン サウンドヒストリーシリーズ「マリオ ザ ミュージック」
ファミコン サウンドヒストリーシリーズ「マリオ ザ ミュージック」



New スーパーマリオブラザーズ





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  世界が注目ネット動画


「江~姫たちの戦国~ 第3話 信長の秘密 感想」

  • 2011/01/24(月) 20:08:29

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)



[感想]


信長の本心が知りたいと、精力的に動く、7歳の江。

けれど、本人を前にしても、分かりません。

子供のようだと思えば難しいことを話しだし、寛容かと思えば、烈火のごとく怒りだす。


また、人に聞いても、それぞれ違うことを言う。

悪評を耳にすることもあれば、やさしい人だと言う者もいる。

何が正しいのか、江には分かりません。


でも、江は、自分で動き、自分で見て、自分で聞いた。

疑問に思うものが何なのか、自分で確かめようとしました。


「己を信じよ」と、信長は江に教えました。

今回の一件、答えは分からぬままの江ですが、

己を信じて動く姿勢は、知らないうちに、学んでいたようです…




新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上



織田信長 [DVD]



自分の小さな「箱」から脱出する方法
自分の小さな「箱」から脱出する方法




[あらすじ]


・天正7年(1579年)秋。
・信長(豊川悦司)と話して以来、影響を受けた江(上野樹里)は、“信長かぶれ”に。
・それがもとで、初(水川あさみ)とケンカしてしまいます。

・そんな折、織田家と徳川家の間で、事件が。

・信長の娘 徳姫は、家康(北大路欣也)の長男 信康(木村彰吾)に嫁いでいました。
・その徳姫から、信長宛てに、信康とその母 築山殿(麻乃佳世)の謀反を知らせる手紙が届いたのです。

・手紙を運んだ徳川家の老臣がそのことを否定しなかったこともあり、信長は、築山を殺し、信康に切腹を申し付けるよう、家康に命じます。
・そして家康は、それに従った。


・江もこの事件を知りますが、信じられない。
・なぜこのようなことになったのか確かめたいと、信長に手紙を送り続けます。
・返事は来ないものの、伯父上の本心が知りたいと、あきらめなかった。

・その甲斐あって、ついに返事が。
・言いたいことがあるなら直に来い、とある。
・母に許可を得て、江は安土に向かいます。

・お市(鈴木保奈美)は、父の顔を知らない江が、兄 信長に父の姿を見ているのではないかと思ったりもする。
・そして、江なら、兄の本心を引き出してくれるのではないか、とも。


・旅立つ前に、江は、信長や今回の件について、いろんな人に尋ねていました。

・母 お市は、徳川が将来、織田家を滅ぼすかもしれないと、危惧したのではないか。
・あるいは、どこまで徳川が忠節を尽くすのか、試したのかもしれないと。

・上野城を訪れた明智光秀(市村正親)は、真意は誰にも分からない、と言いました。


・安土に入ってからも、江は、会う人会う人に、尋ねます。

・森坊丸(染谷将太)と力丸(阪本奨悟)は、お答えできないと。
・主君に対し疑いは はさめないと言いました。


・何とか直接聞こうとする江ですが、信長のペースに、なかなか言い出せません。
・南蛮の服を見せられたり、ルイス・フロイス(オジエル・ノザキ)という宣教師に会ったりしているうちに、時間ばかり過ぎる。

・江には子供のような表情を見せる信長ですが、その一方で、光秀を強くぶったりもしました。
・己を持たぬ者によい働きはできん、と怒っている。

・かと思えば、千宗易(石坂浩二)という茶人には寛容で、厳しく言われても、笑っています。
・むしろ、うれしそう。

・訳が分からないうちに、日が暮れました。

・乳母のヨシ(宮地雅子)は、今川義元の姪である築山殿と、信長の娘である徳姫の不仲に注目しました。
・姑問題に悩んだ徳姫が、信長に泣きついたのではないかと。


・今日こそはと張り切る江ですが、信長は秀吉(岸谷五朗)の妻 おね(大竹しのぶ)を紹介すると、消えてしまいます。
・その おねは信長を、やさしい方だと評しました。
・徳川様には気の毒ではあるが、何か思いがあるのだろうと。


・江は信長に連れ出され、琵琶湖に浮かぶ竹生島へ。
・その船の上で、ついに江は、信長に真意を尋ねます。

・が、信長は、「分からん」と答えました。
・自分の出した答えを、家康に命じただけだと。

・竹生島の宝厳寺、そこに祀られている弁財天に、江の父 浅井長政も参拝していたという。
・向こうには、城のあった小谷山も見えます。

・そこで信長は、自身の境遇について語りました。
・わしは、実の弟に殺されかけたことがある。
・その弟を、母は庇った。
・生まれてすぐに引き離されたわしと違い、弟は母に溺愛された。
・数年後、弟は再び謀反を起こし、母はそちらに組した。
・わしは、弟を殺した。
・肉親とてしょせんはそんなものだと、信長は言います。

・それで人を信じることができないのですか? と江。
・信長は、前回と同じ言葉を口にしました。
・「わしは己しか信じぬ者である」


・もう一度、築山事件に触れる、信長。
・家康は息子と妻を殺したが、秀吉なら殺せないだろうと話します。
・秀吉なら、ゆるしを請うか、自分が死ぬと言うだろうと。

・「どうにかしたいことがあったら、人は何とかするものよ」と、信長は言う。
・江も知りたいことを知るために、こうして安土まで来たのだろう? と。

・家康は、自分でそう決めた。
・そして、妻の代わりに死ねるサルを手放すこともなければ、妻と子まで殺した家康を裏切ることもないと、信長は断言しました。


・信長の言っていることがよく分からない江は、宗易に教えを乞いました。
・宗易は、何よりも大事なのは、好きなのかそうでないのかだと言います。
・そして、それだけ気になるということは、姫様は織田様を好きなのだろうと。

・信長について、宗易はこう言いました。
・人間は、力を持てば持つほど、ひとりになる。
・頂点に立つ者の孤独は、すさまじい。
・あのお方は、他人に見えないものが見え、聞こえないものが聞こえる。
・ゆえに、孤独も深いのだろうと。

・また、何でも知りたがる江を、傲慢だと笑いました。
・知れば分かると考えるのは、わがままで、思い上がりだと。


・江は後に、伯父上の孤独を少しだけ理解した気がしたと、話したといいます…





NHK大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 213号)





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  江~姫たちの戦国~


「“モノの数え方”町田健/ビーバップ!ハイヒール」

  • 2011/01/22(土) 13:49:06

いきなりですが、ウサギの数え方は?


これは、1匹2匹ではなくて、1羽2羽

その昔、獣を食べることができない僧侶が、ウサギを鳥だとこじつけて食べたから、だといわれます。




では、イカは?


これは、1杯2杯

ひっくり返すと、胴体がまるで入れ物(容器)のように見えるので、こう数えられました。




タンスは、どうでしょう?


これは、1台2台ではなくて、1棹2棹(さお)。

昔タンスを運ぶ時に、棹にかけて運んだので、こう数えられます。




思い出の写真は、どうでしょう?


これは、一葉二葉(よう)と数えられるそうです。

葉とは木の葉のことです。昔の日本人には、舞い落ちる木の葉を愛でる感性がありました。

だから、思い出の写真や大切なハガキを、木の葉に喩えて数えるようになったそうです。



いや~、いろんな数え方があるもんですね。

世界中で日本ほど物の数え方が豊かな国は、無いかもしれません。




1月20日オンエアの朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」より、“数え方のミステリー モノの数え方にはワケがある”



名古屋大学大学院 文学研究科 教授の町田健さんが、物の数え方と、そこにある日本文化について、教えてくれます。




数え方の辞典





町田教授によれば、日本語の“助数詞=数え方”は、外来語を含めると、800以上はあるそう。

同じものでも、数え方が違ってくるものまであります。


例えば、は、

海で泳いでいる時は、

売る時には、になったりする。

また、これをさばくと、になります。(3枚におろす、とか)

切ったら切ったで、切れに。(1切れ2切れ)

お造りだと、さくと数えることも。




[生き物の数え方]


動物は、“匹”と数えたり、“頭”と数えたりしますよね。

この違いは何なんでしょう?



もともと日本人は、生き物を数える時は、“匹”で数えていたといいます。


この匹は、馬のお尻から来ている。

馬のお尻は、二つに割れています。それを漢字に表わしたのが、匹なのです。

(『 匹 』。中が、お尻みたいに割れているでしょ)


馬は、移動や農作業、土木工事など、昔の人にとって、生活に なくてはならない存在でした。

当時の人にとって、動物といえば馬で、そこから他の動物も、匹で数えるようになった。


でも今は、馬は1頭2頭と数えますよね。

これは、なぜ?


もともとは、馬も1匹2匹と数えられていたそうです。

大きな動物を“匹”ではなく“頭”で数えるようになったのは、明治時代の終わりごろ。

英語の数え方の影響を受けたからだといわれます。


欧米では牧場で牛を数える時、牛の頭の数を数えていました。

この時使う単位が、“head”だったのです。

そこで、牛以外でもある程度大きな動物は、数を“head”で表すのが一般的。

明治の終わり、この“head”を“頭”と日本語に直訳、いつしか大型の動物は、“頭”と数えられるようになりました。

また、小型の動物は、今まで通り“匹”に。


さて、“頭”と“匹”の基準ですが、町田教授が言うには、

人間より大きいと“頭”、人間より小さいと“匹”というのが、一応の原則なのだそうです。





[機械の数え方]


機械は1台2台と数えますが、なぜなんでしょう?

別に、台にしているわけでもないのに。


もともと日本人は、物を乗せる台だけを、“台”と数えていたそうです。

鏡台や ちゃぶ台、秤(はかり)などだけを、そう数えていた。

また、荷車や牛車、人力車など、車輪がついているものも、人や物を乗せるものなので、“台”と数えていたそうです。


ところが明治の終わりごろを境に、機械に対しても、一気に“台”が使われるようになりました。

そこには、文明開化が強く影響しているといいます。

その中でもインパクトがあったのが、自動車の出現。

当時、機械といえば、まず自動車を思い浮かべるようになったらしい。

そして、自動車は人を乗せるので、1台2台と数えられました。

自動車はこの時代の人にとって、機械の代表。

なのでいつしか、他の機械についても、1台2台と数えるように。




[数え方で、デコレーションする]


同じものでも、数え方で印象が変わります。


新築住宅 3戸分譲

 → 新築住宅 3分譲

(おお、ゴージャス)



幕の内弁当 1個

 → 幕の内弁当 1折り

(ちょっとした高級感)


みずみずしいリンゴ 1個

 → みずみずしいリンゴ 1

(あたたかみが)




[寿司はどうして、2個で1貫なの?]


そこには、江戸時代のお金事情が隠されていました。

寿司を数える“貫”(かん)は、江戸時代のお金の単位。

屋台で出される寿司の大きさが、ちょうど穴あき銭を束ねる時の大きさとほぼ同じだったので、寿司は“貫”で数えられるようになりました。

しかし、このお金と同じ大きさの寿司はかなり大きかったため、後にネタとシャリを半分に分けて、2個握るようになった。

なので、にぎり寿司は、2個で1貫と数えられる。


ただし、回転寿司では、1貫2貫ではなくて、1皿2皿と数えられます。




[ラーメンは、杯? 丁?]


ラーメンを頼むと、店の人は「へい、ラーメン1丁!」などと言ったりします。

これは、なぜ?


これは、「ラーメン1杯!」と言うより、「ラーメン1丁!」と言った方が、景気付けになるから。

もともと“丁”という漢字には、物事が盛んな様子を表す意味があるのだそうです。

「一丁、挑戦してみるか!」とか、「ふんどし一丁」などのように、威勢のいい印象を与えるために使われますよね。




[三回目の浮気と三度目の浮気]


これは、違うのだとか。

“度”は、「二度目の優勝」などのように、その後 同じことが繰り返されることが確実ではなかったり、予測しにくい場合に使われます。

一方、“回”は、「第7回大会」など、次に繰り返されることがほぼ確実な場合に、使われる。


したがって、三度目の浮気だと、また浮気するかどうかは分かりません。

しかし、三回目の浮気だと、ほぼ確実にまた浮気する。




[いろんな数え方]


ぶどう → 1房2房(ふさ)

花 → 1輪2輪(りん)

明太子 → 1腹2腹(はら)

椅子 → 1脚2脚(きゃく)

テント → 1張り2張り(はり)

電車 → 1両2両(りょう)

プール → 1面2面(めん)

ピラミッド → 1基(き)

ヒラメ → 1枚(まい)

蝶 → 1頭(とう)

神様 → 1柱(はしら)

入れ歯 → 1枚(まい)





日本誤百科
日本誤百科



言語学が好きになる本





入れ歯が1枚2枚と数えるなんて、知りませんでした。

というか、数える人はいるの?


ジャポニカロゴスでおなじみだった町田教授。

これからも度々、出演してほしいな。





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール


「アンガールズ田中の友達募集 囲碁が趣味な人/タモリ倶楽部」

  • 2011/01/21(金) 08:35:48

□ タモリ倶楽部


どうやら、関東では2011年 第1回目の放送だったらしい今回。

(関西では、2回目)

どんな企画かと思いきや、アンガールズ 田中卓志さんの救済企画でした。

付添いのビビる大木さんが言うには、“ウサギはさみしいと死んでしまうらしい”と。

もっとも、タモリさんにすれば、「野ウサギは、どうなるんだ?」と。


それはともかく、芸能界のウサギといわれる田中さん、さみしいので新たな友達を増やすべく、タモリ倶楽部にお願いしたらしい。

今回は、そんな企画です。



“そんな田中さんが今一番はまっている趣味が、囲碁。そこで当番組では、田中さんのために、同好の士を探してあげることに”


「アンガールズ田中の友達募集!! *ただし囲碁のできる方」


アンガールズ田中 友達募集 囲碁





囲碁が趣味という田中さんですが、その実力は、アマ18級

これにはタモリさんも、「は?」と。

きっと、テレビ前で多くの人が、そうなったんじゃないかな。

ピンときません。

ちなみに、5年やって、アマ18級とのこと。

ただし本人も、アマ18級がどのくらいの位置なのか、分からない。


これでは埒が明かないということで、女流棋士の中島美絵子二段に、解説として参加していただきました。

 ブログ → 美絵みえブログ

 プロフィール → 中島 美絵子|財団法人日本棋院


中島さんによれば、18級なら普通の方だと2~3ヶ月でとれるらしい。

それを田中さんは5年で…



田中さんが囲碁に はまったきっかけは、NHKの「趣味悠々」という番組。

そこに出演されていた梅沢由香里5段を見て、「きれいだなあ~、こんな方が碁をやってるんだ。じゃあ、ボクも打ってみようかなぁ~」となった。


 ブログ → 梅沢由香里のつれづれ日記

 プロフィール → 梅沢由香里|財団法人日本棋院



きっかけはそうだったのですが、本格的にはまったのは、プロ棋士のみせるカッコいい囲碁の打ち方にしびれたから。

それがいかにカッコいいか説明しようとする田中さんですが、タモリさんからは、「声がうるさい!」と。

独特の声ですもんね。


田中さんによれば、ここぞという一手で、パチン! と音を鳴らして打つのが、カッコいいと。




そんな田中さんには、ある壮大な野望があるといいます。

今はブサイクでイケメンの人には何をやっても敵いませんが、これから おじいちゃんになって みんなが囲碁をやり始めた時に、元イケメンの人をボコボコにしてやりたい と。

そうしたら若い頃のくやしさも、全部解消できる気がする、そう熱弁を振るいます。


しかし、タモリさんからは、「おまえ、その前に死んじゃうかもしれないじゃないか」との発言が。

妙に納得してしまいます。


なぜかイケメンに恨みが深い、田中さん。

合コンに行っても帰れコールが起こると、怒りをあらわに。




友達がいないという田中さんですが、じゃあ、誰を相手に打ってるの? そんな疑問が出ます。

実は田中さん、後輩の芸人相手に、囲碁を打っているらしい。

その相手とは、テンゲン かみやなひろたかさん。

若手らしく大きな声で登場しますが、(室内なのに)声が大きいと、ダメ出しが。


 → テンゲン オフィシャルブログ

(筋肉質でない方が、かみやなさん)


そんなテンゲンかみやなさんですが、アマ4段の腕前です。

高校生から始めて、約3年間で4段になったと。


この実力差(棋力の差)が、田中さんにとっては不満です。

後輩なのに接待囲碁ができないと、田中さんは不満タラタラ。

いつもボコボコにされてしまう。




そんな田中さんですが、ひとつだけ自慢があるらしい。

囲碁をテーマにしたフリーペーパー“GOTEKI”に出演させてもらった、というのです。


 → オンナの知的好奇心を刺激する フリーペーパー『碁的』 - ウェブサイト


アンガールズ田中 友達募集 囲碁

表紙はプロ棋士の万波佳奈四段。


 プロフィール → 万波佳奈|財団法人日本棋院


そのGOTEKI内の企画で、“特別対談 「イゴトーーク」アンガールズ田中卓志×梅沢由香里”というものが。

アンガールズ田中 友達募集 囲碁



GOTEKIでは、囲碁を打つかわいい女性を紹介したり、囲碁デートに使える店の特集をしたりと、囲碁のイメージを覆すポップな作りに。

編集長さんによれば、囲碁というと おじいちゃん おばあちゃんというイメージが強い。でも、打っている人は きれいな女性も多くて、囲碁をやっていると素敵なことがたくさんあると。それをみなさんに知ってほしくて、女性のファッション誌のイメージで、“GOTEKI”を作った、と。

なので編集長も、女性です。(ちょっと言葉がギャルっぽい?)




囲碁の世界には美しい女流棋士が多いということで、田中さんが注目する女流棋士を紹介。


[田中さん、注目の女流棋士]


まずは、沖縄出身の癒し系 知念かおり4段。

 プロフィール → 知念かおり|財団法人日本棋院


ニックネームは、“ニコチャン”。

いつもニコニコしているので、そう呼ばれているらしい。

しょっちゅう二子玉に行っているからでもなければ、ニコチャン星の王でもなく、ましてやロンパールームに出ていたミツバチのキャラクターの話をしても、誰も分かってはくれません。



続いては、NHK杯の聞き手も務めた 青葉かおり4段。

 プロフィール → 青葉かおり|財団法人日本棋院


宝塚歌劇にいそうな名前だと、話題に。



3人目は、現在最強といわれる 謝依旻(しぇい いみん)女流三冠。

 プロフィール → 謝依旻|財団法人日本棋院


台湾出身で、棋譜が戦闘派なのだそう。

とにかく相手を攻めて、最後に勝つスタイル。(田中さん談)



アンガールズ田中 友達募集 囲碁




ここで、“中島二段が やさしく教える囲碁の超基本ルール”というコーナーが。


[囲碁の超基本ルール]


囲碁は、3千年~4千年前からあったらしい。


ルールですが、囲碁は、線と線が交わる交点に、互いに碁石を置いていき、

自分の石で囲んだ交点=「地」の数を競います。

アンガールズ田中 友達募集 囲碁


ちなみに、四方を完全に囲んでしまうと、相手の石を取ることができます。

隅だと、2点で塞げる。

 → 囲碁 着手に関するルール│ウィキペディア




と、超基本ルールを学んだところで、タモリさん対田中さんで、囲碁勝負が。


[囲碁対決 タモリ vs アンガールズ田中]


今回は、入門用の6路盤を使用します。

また特別に、中心に2つずつ石を置いた状態でスタート。



まずは、黒、タモリさんの1手から。(1)

それに対して白の田中さんが、こう打つ。(2)

するとタモリさんが、先を塞ごうとします。(3)

それに穏やかに対応する、田中さん。(4)

アンガールズ田中 友達募集 囲碁


序盤は攻勢を受けていた田中さんですが、徐々に反撃に転じます。

あと一手で、タモリさんに大打撃を与えられる状態に。(5)

が、そこで、大木さんから次のような言葉が。

「でも田中くん、さっき後輩に言いましたよね。おまえ接待囲碁できないな、みたいな」


それを聞いて打ち手を変える、田中さん。(6)

でも、真剣勝負ということで、本来の場所に打ちなおしました。(7)

中島二段曰く、残酷な一手。

囲碁には勝っても、芸能界的に投了か?

なのでまた、戻しました。(8)


するとタモリさんは、起死回生を図ります。(9)

そこで何かを狙う、田中さん。(10)

中島二段からも、「気をつけてください」との声が。

タモリさんが石を置こうとしましたが、中島二段の声で、ちょっと待った。(11)

これぞ、接待解説。


最終的には、このような形で、終局しました。(12)


アンガールズ田中 友達募集 囲碁


結果は、引き分け。


5年やった18級と、今日基本ルールを覚えた人が、引き分けに。




ここでようやく、今日の本題に入ります。


[田中さんに囲碁友達を紹介]



1人目。

化粧品会社にお勤めの女性、Оさん。

囲碁歴は、3ヶ月です。

実力は、20級くらいではないかと。

打ち筋は、相手に「攻めるね」と言われるそう。



2人目。

建築コンサルタントの男性、Tさん。

囲碁歴は、田中さんと同じ、5年。

でも、1級の実力者です。


Tさんは、タモリさんにお土産を持参しました。

田中さんには、無しです。

お土産は、デニムで作った、ポータブルの9路盤。

これなら、旅先でも打てる。



そして最後、3人目。

女性で、アマ6段の超実力者。

20年くらいやっておられるそう。

その腕前から、インストラクターとして教える立場に。

田中さんも行ったことのある“ダイヤモンド囲碁サロン”でも、指導碁を打っている。

というか、この人、元日本棋院院生で、元女子学生大会全国優勝の猛者でした。

「囲碁将棋チャンネル」の司会もしているそう。





梅沢由香里流すぐに打てる9路盤 (NHK囲碁シリーズ)



ヒカルの囲碁入門





さて、3人が紹介されましたが、田中さんは誰を選ぶ?



自分の方が級が上だということで、田中さんは1人目のOさんを選択。

お願いします! と碁石を置きました。


さて、その返事は?



「今世はちょっと、ごめんなさい」

でした。



ちゃんちゃん。





AI囲碁 GOLD 3 for Windows





囲碁といい苔盆栽といい、趣味が渋い、アンガールズ田中さん。

次は、ゲートボール?

乗馬も始めたらしいですが、骨がポッキリいきそうで怖いな。


最近また、田中さんのキャラが注目されてますよね。

ズレぶり、異色っぷりが、妙にはまる。

アメトーークなんかでも、特集組んでくれないかな。

いろいろ面白いプライベートが、多そう。





今週の、空耳アワー。



・「キラー/ヴァンダーグラフジェネレーター」

投稿者は、スターレス高嶋さん(高嶋政宏さん)


 → 無意味だ 無意味だ 無意味だ
 ( WE NEED LOVE )

 (どっちかっていうと、英語っぽい? → てぬぐい)


・「グラム/クリスティーナ・アギレラ」

 → 吉田 吉田 弓子
 ( NOW SNAP NOW SNAP HERE WE GO )

 (確かに聞こえる → 耳かき)





[タモリ倶楽部 関連記事]

 → 「新しい酒の飲み方 ファミ飲み指南」
  (田中さんも、ちょっと出演)

 → 「タモリ倶楽部 アーカイブ 2011年度 前半」





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  タモリ倶楽部


「江~姫たちの戦国~ 第2話 父の仇」

  • 2011/01/17(月) 16:54:17

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)



[感想]


子を想い、隠す、母。

妹を想い、隠す、姉。


自分の痛みを、末の子には味わわせたくはないと、秘密にしました。


しかし、公のことは、隠しきれない。

やがて、江も真相を知ることになります。


隠せるものなら、隠したい。

けれど、いつかは知ること。

そして、その日が、ついに来ました。

騒動士・秀吉により、ある日突然、知らされた。


こういう日は、誰にでも来るのかもしれません。

互いに言いたいことはあるものの、片方だけを責めることもできない。


難しい、

でも知らねばならない、

そんな日が…




新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上



上野樹里PHOTO BOOK 「A PIACERE」



信長 1 黎明の巻 (MFコミックス)




[あらすじ]


・天正7年(1579年)、お市(鈴木保奈美)と三姉妹は、伯父にあたる織田信包(小林隆)の居城である伊勢上野城に身を寄せ、静かに暮らしていました。

・そんな市に、兄信長(豊川悦司)から手紙が。
・安土城の天守が完成するので、見にまいれというのです。

・それを江(上野樹里)は無邪気に喜びます。
・が、茶々(宮沢りえ)は気が進まぬようで。
・初(水川あさみ)も、「父上さまの仇とも知らずに…」と。


・安土に到着すると、二人の小姓が娘たちに天守を案内してくれました。
・森坊丸(染谷将太)と、森力丸(阪本奨悟)。
・あの森蘭丸(瀬戸康史)の弟にあたります。


・信長との対面を前に、柴田勝家(大地康雄)、徳川家康(北大路欣也)など、そうそうたる武将たちが、お市に挨拶を。
・そしてやがて、信長がやって来ました。

・「息災であったか?」と声をかける信長に対し、お市は敵意を隠しません。
・夫を奪った恨みを、忘れてはいない様子。

・声をかけられた茶々と初は、緊張しつつ、はい、とだけ答えました。

・信長に「天正の初めの生まれだったな」と声をかけられる、江。
・天下人に接し、うれしくてたまりません。

・が、お市は、「その年だけは覚えておいでのようですね」と、皮肉を言います。

・退くことを知らないお市に、家臣たちは危機を感じる。
・信長が小太刀を畳に突き刺しても、お市は引き下がりません。


・そこに、城攻めをしているはずの秀吉(岸谷五朗)が。
・信長の怒りは、秀吉に向けられました。

・どうして戻ったのかと、殴り続けます。
・結果、お市は救われた形に。

・しかし、すぐに思わぬ事態が。
・秀吉は江の前で、父・長政(時任三郎)の命を奪ったことを詫びたのです。

・長政の死、織田家とのいきさつを隠し続けてきたお市ですが、これですべて水の泡。


・仕方なく、お市はすべてを、江に話しました。

・なぜ教えてくれなかったのです! と、江は母を責めます。
・お市にすれば、江だけには、つらい思いをさせたくなかった。
・織田家にあっては裏切り者。
・茶々や初には味わわせてしまった心痛を、江にだけは味わわせたくはなかった。

・初もまた、感情を爆発させます。
・「そなただけが、のうのうと今日まで生きてまいったのだ」と、江に言う。

・伯父信長が、比叡山延暦寺にまで、焼き討ちをかけたこと。
・父のドクロで杯を作らせ、家来と酒を酌み交わしたこと。
・それらも、江は初から聞かされます。


・意を決した江は、深夜に家康を訪ね、伯父信長の居場所を聞きました。
・その際、同席していた秀吉を見つけ、怒りをぶつけます。

・天守に赴いた江を待ち受けていたのは、槍でした。
・驚く江ですが、それでも信長に、問います。

・長政を自害に追い込んだのは わしである、と信長は答えました。
・義弟にあたるが、それが戦だからと。

・そして、父を知らぬ江に、長政のことを話します。
・そちの父は、たぐいまれなる武将であった。
・一歩間違えば、わしが腹を切っておったかもしれない。
・誇り高き男であった、と。


・本願寺に関しては、仏教に仕えるはずの僧たちが武装までして政に手を出している点を指摘。
・信心の衣に隠れて権勢を我がものしたいがゆえじゃ、と一刀両断します。

・「ならば、伯父上は、何を信心しておられるのですか?」
・そんな江の問いに、信長は答えました。
・「神も仏も、知らん。わしは己しか信じぬ者である」
・「そちも、覚えておくがよい」
・「喜びと共に生きたいならば、己だけを信じることじゃ」

・長政のドクロの件についても、あれは噂に過ぎないと。
・信長は江に、真相を話します。
・戦の終わった次の正月、信長は長政らのドクロに漆を塗り、金粉で飾った。
・それは、亡くなりし者への礼節だったのです。
・戦った相手をたたえ、一緒に酒を酌み交わす。
・ともあれ戦は終わった、共に着飾り、打ち解けて新年を祝おうという、気持ちのあらわれだったのです。


・そんな伯父を前に、江は言いました。
・「わたしはいかなる理由があろうとも、織田信長という人が父を殺めたことを、ゆるしません」

・それに対し信長は、面白い、と。
・自分に対して言いたいことを言う者は滅多にいないと、笑いました。
・そして、「そちが男に生まれれば、よき武将になったやもしれんな」と。
・信長は、江に言いました。
・「そちは宝を持っておる」
・「持って生まれし、その心根じゃ」
・「そのまま大きゅうなれ、江」
・「己の思うまま、ぞんぶんに生きよ」


・そこに、茶々と初が。
・勘違いした茶々は、小太刀を構え、江を救おうとします。

・が、そこにお市も駆けつけ、誤解だと分かりました。

・そんな様子をゆかいそうに笑う、信長。


・そこで茶々たちは、坊丸と力丸のことを聞かされます。
・昼に案内してくれたふたりの父と長兄は、戦で命を落としている。
・その敵方の大将が、父・浅井長政であると。

・「敵味方は明日にも転ずるのが、世の習い」
・「仇だからと憎んでおっては、侍はつとまらん」
・信長は、そもそも戦とは男にしか分からぬものだと話しました。

・それに、お市が食い下がります。
・「おなごには、おなごの戦がございます」
・「おなごは、思うままに生きることはできません」
・「夫を殺され、裏切り者とそしられても、死ぬこともならず、抜け殻となって、今日まで娘たちと身を寄せ合って、生きてまいりました」
・「女の戦は、生きること」
・「本日、ただいまを、生き抜いていくことにございます」



・真相を知った、江。
・しかし、仇であるはずの信長に、惹かれていきました…





NHK大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 213号)





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  江~姫たちの戦国~


「タモリ倶楽部/航空宇宙マニア 東京とびもの学会」

  • 2011/01/14(金) 10:40:30

□ タモリ倶楽部


関西では2011年 第1回目のタモリ倶楽部です。

松井康真アナが登場ということは、プラモデル? それとも、飛行機?


今日は、飛行機やロケットなども含めた、空に関するもの全般が関係しているらしい。

「2010年は、陸軍中将・徳川好敏(とくがわ よしとし)さんが、日本ではじめて飛行機で空を飛んでから、ちょうど100年という、非常にいい年なんです」と語りはじめた、松井アナ。

飛行機やロケット、戦闘機に詳しい人たちが集まる学会があるらしいのですが、いったいどんなものなんでしょう。



“空飛ぶ物に魅了されてしまった人たちが集う“東京とびもの学会”。今回は、彼らが発信するちょっとディープな世界を覗きます”


「航空宇宙マニア(濃いめ)大集合! 東京とびもの学会 2010」


航空宇宙マニア 東京とびもの学会




東京とびもの学会のHP

 → 東京とびもの学会 home


開催責任者の方によれば、東京とびもの学会とは、

「空とか宇宙、飛行機とかロケットとかを、大好きな人たちが、自分たちで本を作ったり、模型を作ったりして、頒布して、みなさんと一緒に楽しんでもらうための集まり」

といった感じのものらしいです。


今回のイベントでは、自費出版の同人誌やCDROMなどが、ずらりと並んでいます。

さて、その内容は…




[作品1:ロケットの構造]

1人目の方は、ロケットマニア。

とびもの分野:ロケットの構造
出展内容:同人誌頒布


作品:「INSIDE M-V rocket vol.1」300円

航空宇宙マニア 東京とびもの学会

この本は、M-V(えむごがた)ロケットの1段目にあるM-14モーターにテーマを絞って、その構造を解説したもの。

詳細に書かれているため、好きな方々には たまらない内容。

燃料のことをちゃんと書いてある本をはじめてみた、と喜んでもらえたとのこと。


ちなみにロケットの燃料は、ざっくりいえば「ものすごくよく制御された、細かく作り込まれた花火と一緒」らしいです。

固体ロケットの場合はそうで、液体ロケットは、液体酸素とか液体水素を使うので、また別だと。


そう説明してくれている間も、タモリさんは同人誌に集中。


最新刊は、「INSIDE PENCIL rocket vol.1」300円

日本初の実験用ロケットとして知られるペンシルロケットの構造を、貴重な資料をふんだんに使って解説してくれています。


書店に並ばない本なので、資料というカタチで、貴重なものが掲載されているそうです。

注意書きには、以下のような文面が。


“本書は私が興味をもち、自分が理解できたと思った範囲を文章化しています。本書の対象読者は私自身です”


つまるところ趣味だということらしいですが、深そう…




[作品2:ロケットの打ち上げ]

2人目の方は、ロケット打ち上げマニア。

とびもの分野:ロケットの打ち上げ
出展内容:同人誌頒布


作品:「ロケット紀行 総集編 2005~2006」1000円

カラー印刷の表紙。

ロケットの打ち上げが好きで、ロケットが打ち上がるたびに、九州の方へ見に行って、写真を撮って、文書をまとめているとか。

ネコも好きで、中にはネコのスナップショットも。

コンセプトは、「現地の情報をなるべく入れる」。

ご自身が最初に行った時に、なかなか参考になる情報がなかった。

それがきっかけで、「それを自分がまとめれば、ほしい人がきっといるだろう」ということで、作ったそうです。


そう説明してくれている間も、タモリさんは本に夢中。

それだけの価値がある物のようです。


中には、「芋焼酎 ロケット」の写真も。


この方のベストセラーは、作品:「宇宙(そら)へ!」1000円

航空宇宙マニア 東京とびもの学会

全国にある宇宙開発施設を見学するためのガイドブックです。

例えば、鹿児島にある“内之浦宇宙空間観測所”では、発射設備はもちろん、屋外展示されている歴代のロケットや、資料センターで見ることができる展示物の見どころも、紹介。

予習に助かりますね。

さらには、トイレの有る無しも書かれています。

宇宙開発施設は僻地にありがちなため、HPもなく、情報がない状態。

なので、細かい情報は、助かります。

トイレについての記述は、ご本人がお腹が弱いという理由もあるそうです。

あと、女性にとっては、トイレ情報は欠かせないので、そんな意見も取り入れたと。



そして今年1番のトピックスは、「快晴の打ち上げを見られたこと」らしい。

ロケットは打ち上げた時、雲がかかっていることが多く、10秒から20秒で雲に突っ込んでしまう。

でも、昨年9月に打ち上げられた“みちびき”というロケットは、水平線に消えるまで、30分くらい見えたとのこと。


 → JAXA|みちびき特設サイト







[作品3:レースプレーン模型]

3人目の方は、レース機マニア。

とびもの分野:レースプレーン
出展内容:ライトプレーン展示など


同人誌ではなく、実際に自分が作ってみたいレース機の模型を展示します。


作品:レースプレーン
航空宇宙マニア 東京とびもの学会


実物が作りたくてはじめたそうですが、そのための啓蒙活動みたいな感じで、作ったと。

この大きさの模型を作り出すには、自動車の部品を削り出すのと同じような工程じゃないとできないそうで、試作会社さんに依頼すると、70~80万円するとのこと。

試作モデルは、ケミカルウッド製です。


本職は、CG の学校の教員さん。

趣味で制作した映像が放映されたのですが、これが本物にしか見えませんでした。

(上の画像の、下側)

出演者のみんなも、すごいとの歓声を。



レースプレーンを本物の大きさで作るとなると、4~5億円はいるらしい。

そして実際にレースチームを運営するとなると、運営コストだけで10億を平気で超えるとも。

これにはタモリさんも、「5年持つかなあ~」とコメント。

爆笑に包まれました。




[作品4:東京とびもの学会 お宝展示]

ペンシルロケットの本物
航空宇宙マニア 東京とびもの学会

当時開発に関係していた東大の林紀幸さんに、展示品としてお借りしたそう。

 → ペンシルロケットとは?
 → JAXA|ペンシルロケットフェスティバルレポート「ペンシルロケットの復活」~50年前の情熱を未来の50年へ~ 


他にも、“M-3S2ロケットのモーターの模型”や“S-520ロケットの部品”、“戦闘機 隼の操縦桿”なども展示。

航空宇宙マニア 東京とびもの学会




[作品5:戦闘機の漫画&装備]

続いては、戦闘機マニアの方。

とびもの分野:戦闘機
出展内容:漫画同人誌頒布


この方はプロの漫画家さんで、出口竜正さん。

1987年には『荒鷲の伝説』で手塚賞準入選。

第26回の赤塚賞では佳作、第35回の手塚賞でも佳作を受賞。


作品:「航空天使スコードロンキューティー」900円

航空宇宙マニア 東京とびもの学会

最新鋭戦闘機に変身するふたりの女子中学生が、悪の組織に操られてしまった先生たちを助けるべく、パンチラ多目に空中戦を繰り広げる、とびもの のストーリー。

商業展開は度外視して、同人誌で趣味を爆発させます。


 → RYUSE-P│出口竜正さん公式サイト



ドールガン 9 (少年チャンピオン・コミックス)



そんな出口さんの宝物は、アメリカ空軍 F-16戦闘機のパイロット装備

航空宇宙マニア 東京とびもの学会

4年がかりで集めたそう。

かっこいい。




[作品6:ロケットの構造]

続いても、戦闘機マニアの方。

とびもの分野:戦闘機
出展内容:オリジナルプラモデル頒布


何と、ご自身でプラモデルを製品化しちゃいました。

自分で設計して、金型を発注し、製品化した。

金型の値段は、車1台分はするらしい。


作品:「F-23S グレイファントム」2500円

航空宇宙マニア 東京とびもの学会

これは、アメリカ軍試作機YF-23 が もしも正式採用され進化していたら、という設定で作られた、オリジナル戦闘機。

新発売の「F-21A ライノ」2500円も、出口さんの想像から生まれたとのこと。

前進翼が魅力的です。





[作品7:モデルロケット]

続いては、モデルロケットマニアの方。

とびもの分野:モデルロケット
出展内容:モデルロケット展示


モデルロケット、もしくは、ハイパワーロケットと呼ばれるものを展示。

中には計測機器も入っており、加速度と姿勢を調べたり、GPSの情報も調べるらしい。

カメラも内蔵されています。


と説明していると、自衛隊のSH-60Kが上空を飛行。

と思ったら、さらに飛行船まで。

いろんな とびものが祝ってくれます。


話しを戻すと、展示されているモデルロケットは、実際に飛ばしたもの。

場所は、アメリカのネバダ州ブラックロック砂漠。

ここは、たくさんの人がロケットを飛ばすそうです。

航空宇宙マニア 東京とびもの学会

本格的だなあ。





昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)



はやぶさ、そうまでして君は?生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話





今回の集会には、松井アナが所属するサークルも参加。



[作品8:動く模型]

動く模型愛好会“UMA”の世話役の方が来てくれました。

とびもの分野:戦闘機
出展内容:プラモデル展示


松井アナと共に、おそろいのUMAトレーナーで登場。

展示品の模型は、全部動くように作ってあります。


ある作品は、ハンドジェネレーターを回すことでモーターが回転。

プロペラが回って、風力で前進します。

元は普通のプラモデルで、そこにモーターを積んで、滑走させるために、タイヤにはベアリングを装備。

プロペラだけ大きくして推力をつけることなどはせず、当時のスケールのままというルールで行っている。

主脚も折りたためるように改造されていたりと、凝っています。


航空宇宙マニア 東京とびもの学会


 → 動く模型愛好会TOP


エンディングでは、この模型をお借りして、プロペラ滑走レースが開催されました。

結果は、タモリさんの圧勝。

和気あいあいで、終了?

それとも、グダグダ?





プラモデルSTEP UPテクニックガイド





みなさん、お金かけてますねえ。

でも、車だって趣味の部分があるので、趣味に車ぐらいのお金をかけてもいいか。

楽しいことがないと、生きててハリがないもんな。

趣味を持つって、尊いよ。


逆に、趣味を理解されないと、ちょっとねえ。

誰だって趣味を持ってるのに。


そういう意味では、趣味を番組にするタモリ倶楽部って、実はスゴイのか!





今週の、空耳アワー。



・「マイ・ミシェル/ガンズ・アンド・ローゼス」

航空宇宙マニア 東京とびもの学会

 → ママ 前見せる ママ 前見せる
   ん~ママママママ 前見せる
   ママママママ 前見せる 見せる
 ( MY MY MY MICHELLE MY MY MICHELLE )
 ( OO MY MY MY MY MY MY MY MICHELLE )
 ( MY MY MY MY MY MY MY MY MICHELLE MICHELLE )

 (ほほえましい気も → てぬぐい)


・「旧友/サイモン&ガーファンクル」

 → 坊さんの乱闘
 ( FALLS ON THE ROUND TOES )

 (大爆笑 → Tシャツ)





[タモリ倶楽部 関連記事]

 → 「タミヤRCカーマニア 高山善廣 in 聖地新橋」
 → 「汎用護衛艦たかなみ ベスト20」

 → 「タモリ倶楽部 アーカイブ 2011年度 前半」




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  タモリ倶楽部


「江~姫たちの戦国~ 第1話 湖国の姫」

  • 2011/01/10(月) 17:32:35

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)



[感想]


家と家。

織田家と浅井家。

織田家を愛し、浅井家を軽んじていたお市ですが、やがて浅井家も愛するように。

そして、ふたつの家が対立する時、お市は引き裂かれそうになります。


嫌いなら、悩みません。

でも、好きだから、悩む。


嫁いだ相手を嫌うのもどうか。

でも、嫁いだ相手を好いたら好いたで、思い悩む。

難しいところですね。


家を大事にしすぎる時、中の人が引き裂かれてしまう。

でも、家なしに人は生きられないし、

生きるということは、家を作ることでもある。


ああ、難しや、

難しや…




新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上



上野樹里PHOTO BOOK 「A PIACERE」



戦国BASARA2 ~落花流水の章~ (あすかコミックスDX)



[あらすじ]


・お市(鈴木保奈美)には三姉妹の娘がいます。
・長女・茶々(宮沢りえ)。
・次女・初(水川あさみ)。
・それに三女の江(上野樹里)。

・健やかに育った江ですが、父の記憶がありませんでした。


・永禄11年(1568年)、上洛をもくろむ信長の命を受け、お市は北近江小谷の浅井家に嫁ぎます。
・この時、お市は兄信長に、「兄上様のため、わたくしは残りの生涯をつくします」と約束しました。

・これは、信長が京へ上洛する道を確保するための、政略結婚。
・それは相手の浅井長政(時任三郎)も、承知していました。
・承知した上で、お市を迎え入れる。

・そんなこともあってか、お市は長政に心を開きません。
・秀吉(岸谷五朗)の妻・おね(大竹しのぶ)が言うように、まるで信長に嫁いだ気でいるようでもある。

・確かにはじめは、そうでした。
・兄のため、お市は望まぬ相手に嫁いだ。

・しかし、琵琶の海を臨む小谷に住み、不思議な魅力を持つ長政に触れるうちに、変化が。
・長政とお市は、誰もが羨むような間柄に。
・お市は、長政と近江の地を愛しました。

・そして、茶々と初というふたりの娘が、続けざまに生まれます。


・しかし、世は混乱してゆく。

・信長は、足利義昭(和泉元彌)を奉じ、上洛。
・室町幕府第15代将軍に据えます。

・が、やがて、反信長の勢力が結託しはじめました。
・朝倉義景(中山仁)も、そのひとりです。

・これが、浅井家に問題を投げかけることに。

・浅井家と朝倉家は、縁が深い。
・長政の父・久政(寺田農)は、朝倉側につくようにと、断固として主張します。

・長政はその心中を、お市に話しました。
・わしは、朝倉家の恩に報いようと思う。
・そなたは遠慮せずに、信長公に知らせるとよい。

・思案する、お市。
・織田家のために生きるか、浅井家のために生きるか、思い悩みます。

・悩んだ末、お市は、夫と共に生きることを決意。
・それは、信長に対する裏切りを意味していました。

・市は言います。
・「あなたさまと、ふたりの娘と、そして琵琶の海が、わたくしの身と心を変えてしまったのやもしれませぬ」

・これを受けて長政も、「わしの妻として生きよ」とお市に告げます。


・浅井の裏切りにより、信長は窮地に追い込まれました。
・が、これを何とか脱する。

・その2ヶ月後、織田信長・徳川家康(北大路欣也)の軍と、浅井長政・朝倉義景の軍が戦うことに。
・姉川の戦い。
・浅井・朝倉軍は敗北し、多くの血が流れました。


・戦いを続ける両軍ですが、比叡山延暦寺の焼き討ちを期に、浅井・朝倉側は、次第に追い込まれます。
・やがて信長軍は北近江に進軍し、長政は小谷城に籠城。
・浅井家は劣勢に。

・そこでお市に子が宿ったことが発覚します。
・長政に知らせぬまま、小さな命を流そうとするお市。
・しかしそれを、幼い茶々(芦田愛菜)が止めました。
・小太刀を手に、お腹の子を殺すなら初を殺して自分も死ぬと訴えます。

・それに心打たれたお市は、子を産むことを決意。
・次に生まれる子は、長女・茶々に救われたのです。


・しかし、京で足利義昭が降伏すると、さらに戦況は悪化。
・やがて朝倉義景も自害し、浅井家は風前の灯に。


・そんな中、お市に子が産まれました。
・3番目の女の子です。
・その産声は籠城を続ける小谷城に響き渡り、兵を癒しました。

・「この子は水の国・近江の地に生まれし子じゃ。この一字を、名にしようと思う」
・長政はこの子に、“江(ごう)”と名付けます。

・しかし、別れの日が近づいていました。
・終焉を悟った長政は、お市と娘たちを、信長に届けさせます。
・そして、自身は自刃。
・浅井家は、3代で滅びました。


・運命に呑み込まれてゆく市と娘たちは、どう生きる…





NHK大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 213号)





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  江~姫たちの戦国~


「2011年 年始の録画予約」

  • 2011/01/02(日) 23:14:58

□1月2日(日)

毎日放送 07:00~08:00
週刊!健康カレンダー カラダのキモチ 1億3000万人の健康常識クイズSP

朝日放送 23:40~25:05
志村&鶴瓶のあぶない交遊録14
 → 正月の定番、英語禁止ボーリング楽しみ


□1月3日(月)

NHK総合 18:00~18:50
“バクマン。”10の謎を追え!!
 → 再放送。ジャンプ編集部に潜入。バクマンのモデル編集者たち。


□1月4日(火)

読売テレビ 10:55~11:06
べるぜバブ事前特番第1話
 → チェック。火水木と続く。

朝日放送 23:17~24:17
フットボール刑事の芸人家宅捜査7
 → 関西の定番


□1月5日(水)

NHK総合 19:30~20:45
ためしてガッテン「決定版!こんな簡単にやせちゃいましたSP」
 → 今年初

NHK総合 22:00~22:45
歴史秘話ヒストリア「私たち、幸せになります~戦国を生きた女“江”姉妹の結婚~」
 → 大河予習?


□1月6日(木)

朝日放送 24:29~25:31
アメトーーク! 第10回持ち込み企画プレゼンSP


□1月7日(金)

よみうりテレビ 21:00~23:34
金曜ロードショー 「千と千尋の神隠し」


□1月8日(土)

関西テレビ 21:00~23:30
土曜プレミアム・容疑者Xの献身
 → 堤真一さんの演技に注目

朝日放送 21:00~23:21
新春ドラマスペシャル「味いちもんめ」
 → 懐かしい

NHK総合 21:00~22:20
カウントダウン「江」~大河ドラマ50作すべて見せます~





江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)



バクマン。 11 (ジャンプコミックス)



味いちもんめ 独立編 1 (BIG COMIC SUPERIOR)





*あくまで予定です。HDDやテレビの番組表などで確認してください。





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  番組録画



ブログパーツ