「未来への道│JIN -仁- 第7話」

  • 2011/05/30(月) 19:07:56

<感想>

野風は、子供を産むことで、未来を作ろうとする。

咲は、それを救うことで、未来を作ろうとする。

龍馬は龍馬で、日本の未来を考え、奔走する。


みな、限られた選択肢の中で、何かを選び、未来を創造しようとする。

できることを、時には命を懸けて、やろうとする。

ある時は何かを捨て、ある時は何かを選ぶ。

絶望したり、泣いたり、それでも生きて、何かをする。


すべきことを明確にした人は、強い。

野風も、咲も、龍馬も、仁友堂の仲間も、だんだんとすべきことを見つけ、それに力を入れるようになった。


そのきっかけを作った、南方仁。

彼自身が歴史を修正することはゆるされないけど、今を生きる彼らが歴史を修正することに対しては、どうだろう?

となると、触媒としての、仁の役割は、どうなるのだろう?

あるいは、それこそが、神の…




JIN-仁- DVD-BOX



JIN―仁― 20 (ジャンプコミックスデラックス)





<あらすじ>


・現代にいた頃、病室で、友永未来(中谷美紀)が言っていた。
・「坂本龍馬と同じですね。龍馬の死んだ日も、確か…」

・そんな夢を見た、南方仁(大沢たかお)。
・長崎から、江戸に戻ります。

・仁友堂に着くと、橘咲(綾瀬はるか)が、足を洗ってくれました。
・咲は、仁が無事に帰ったことを、心から喜びます。
・そんな様子を見て、仁の心も、ほぐれる。

・咲の兄 橘恭太郎(小出恵介)は、坂本龍馬について探るように、上役から言い渡されました。
・その恭太郎に、仁は、長崎で龍馬とケンカ別れしたことを話します。
・恭太郎は、しばらく龍馬とは付き合いを控える方がいいと、助言しました。

・やがて、仁の耳に、一橋慶喜が将軍になったことが聞こえてきます。
・いよいよ、徳川の時代が終わることになる。
・ということは、龍馬暗殺の日も近い。
・仁は、何とか歴史を思い出そうとします。
・龍馬暗殺は、確か、大政奉還の後。
・でも、それがいつだったか、正確に思い出せない。
・となると、手がかりは、未来(みき)との思い出になる。
・あの時、未来は、何と言ったのだろうか。

・その時、仁は頭痛に襲われました。
・歴史を変えたいと思うと、必ず激しい頭痛に襲われる。
・やはり、タイムスリップする前に会った包帯の男は、仁自身なのか?
・そして、この頭痛のもとは、あの赤ん坊の形をした腫瘍?
・仁は思った。
・漠然と、いつか現代に戻されると思っていたけど、俺は、この頭痛に殺されることを、覚悟しなければいけないのかもしれない。龍馬さんの暗殺を止めようとするならば。歴史を変えようとするならば。
・何かないのだろうか? 歴史の修正力を欺けるような方法は。



・仁に、2通の手紙が届いていました。

・1通は、坂本龍馬(内野聖陽)からの物。
・長崎で一緒に撮った写真が入っていました。
・裏に、こう書いてある。
・“長芋の、中より出でたる虫たちの、江戸の芋にも、すくいたるかな”

・芋は薩摩で、長芋は、長州と薩摩のこと。
・つまり、長州と薩摩から出てきた人間がこれからは江戸に巣食うだろう、という意味?

・もう1通は、野風(中谷美紀 2役)からの物。
・幕府から許可が下り、ジャン・ルロン(ジャン=ルイ・バージュ)と正式に結婚するのだという。
・横浜で婚礼するので、仁と咲に来てほしいと書いてある。


・横浜へと旅立った、仁と咲。
・野風との再会を喜びます。
・ルロンと野風は、婚礼が終わったらフランスに旅立つのだという。

・仁と咲との関係を心配する、野風。
・仁が成り行きを説明しようとすると、咲はシャンパンを飲んで、誤魔化そうとしました。
・ワインなどを次々に飲んだ咲は、酔っ払ってしまいます。
・そのせいか、本音がチラリ。
・野風さんは幸せなのだろうか? もし幸せならば…
・「よいのでございましょうか、わたくしも、よいのでしょうか? 幸せになりましても」
・じっと仁の顔を見つめる、咲。
・「わたくし、おばばになってしまいますよ」と。
・「もともと、おばばのおばばでございますけどね」
・そう言うと、眠ってしまいました。


・野風は、仁に診てもらいたい人がいると、申し出ました。
・その患者とは、野風自身。
・彼女は、左の脇の下に、いくつか、しこりを感じていました。

・診察すると、ガンの転移が疑われました。
・仁は、手をついて謝罪します。
・あの時もっと徹底していれば、こんなことにならなかったかもしれない。

・しかし、野風はむしろ、感謝しているという。
・あの時、死んでしまうはずだったのが、助かったばかりか、このような幸せな人生を送れている。
・野風は言いました。
・「先生には、感謝しかござりんせん」

・野風は、身ごもっていました。
・新しい命が、宿っている。
・2年の生存率が5割と聞いても、むしろ、喜びました。
・それなら、この子を抱ける。
・笑い顔を見ることも、声を聞くことも、できる。
・手をつなぎ、歩くことも、できるかもしれない。

・お腹の子は夢なのだと、野風は話しました。
・この先そう長くは生きられないけれど、この子は、何十年も生きていける。
・この子が子を持てば、それこそ、100年、200年、後の世までも、野風の血は流れる。
・その営みの中で、野風は永久に生き続け、その子の血となり肉となり、目となり、未来を見ることができる。

・仁は思う。
・あるいは、その子が、友永未来の生まれ変わりへと続いていくかもしれない。
・しかし、歴史の修正力は、それをゆるすのだろうか?
・未来が別の人間として生まれ変わることを、歴史を変えることと みなさないでくれるだろうか?


・二日酔いで目覚めた咲に、野風は、昨日先生にいつ結婚してくれるのかと叫んでいた、と耳打ちを。
・が、「たわむれでありんす」と、すぐに微笑みました。
・ホッとする、咲。
・すると今度は、「というのは、たわむれでありんす」とも。
・愉快そうな、野風でした。

・ふたりきりになると、仁は咲に、野風の病状について話しました。
・そして、野風の子供に対する気持ちも。


・純白のウエディングドレスに包まれ、野風の結婚式は執り行われた。
・咲はその姿を、まるで天女のようだと。

・この美しい人にどれほどの愛情をもらってきたのだろうと、仁は思う。
・幸せとはいえない人生の中で、やっとつかんだ、たったひとつの夢。
・俺はその夢すら、叶えてやることもできないのだろうか?


・野風さんの夢は叶うのではないでしょうかと、咲は言った。
・「未来の人間である先生が歴史を変えることに対して、歴史は修正を加えようとするのかもしれません」
・「けれど、もし、これは野風さんが、この時代の人間が、強い意志を持って未来を変えたいと願ったことだとしたら、それはもはや、修正されるべき歴史ではなく、ただの歴史なのではないでしょうか」
・「野風さんはおそらく、御存知なんです」
・「先生が未来から来たということも、先生の想い人が自分の子孫であるかもしれないということも」
・「だから、命を懸けても、産みたいんです」
・「後の世で、先生に出会うべきお方を、野風さんはもう一度作って差し上げようとしておられるのではないでしょうか」
・「かような夢を握りつぶすほど、天は無慈悲ではないと、わたくしは信じとうございます」
・「写真が無くなってしまったのは、未来さんが新しく生まれ変わるという、天の声だと」

・野風は幸せに包まれ、咲にブーケトスを。
・咲は、しっかりと、それを受けとりました。

・咲は仁に、野風の赤ん坊を取り上げさせてほしいと願い出ます。
・「先生には関わりのない、ただのわたくしたちの歴史とするために」

・仁は、未来(みき)の言葉を思い出した。
・「いいよ、仁先生。きっと、またいつか会えるから」
・そういう意味だったのか、と、今になって仁は思う。


・野風と子供、ふたつの命を救わねばならない。
・そう思った瞬間、咲は、龍馬の手紙の意味に気づきました。
・あれは「巣食う」ではなくて、「救う」では。
・江戸を救うという意味なのではないかと。

・そして新たに、龍馬から手紙が届きました。
・あの詩のような心持で、また走り回っていると書いてある。
・なかなか難しいが、戦をせずにこの国を建て直せないかと、無い知恵を絞っていると。
・この間、ふと野風のことを思い出した。
・野風は、真の心根を押し隠し、嘘ばっかりついていた。
・けれど、大切なものを守るためには、野風は嘘の鎧で固めなくてはならなかったのではないかと、そんなことを思った。
・そう、龍馬は書いてある。

・「せんせえ、わしゃ、これから、大嘘つきになるぜよ」
・「せんせえが教えてくれた、明るい道をつぶされんように、すべてを欺いて、こん道を未来へつないでみせるぜよ」


・龍馬は起死回生の方法、大政奉還を目指します。
・が、それは…





日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック



綾瀬はるかPHOTO BOOK『float.(フロート)』





スポンサーサイト



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  JIN-仁-


「傷は消毒してはいけない?“ここまで変わった医療の常識”ビーバップ!ハイヒール」

  • 2011/05/27(金) 16:29:15

日々進歩する医療ですが、その分、過去に常識だったことが覆され、非常識になることも。

・転んで すりむいた時、どうします?
・すぐに消毒しますよね。
・でも、これは間違いなのだそう。
・現在の医療では、すり傷・切り傷は、消毒しなくても大丈夫、というのが常識。

・では、どうするのか?

・まず、傷口についた汚れを水道水できれいに洗う。
・あとは、傷口を乾かさないように、医療用のフィルム材などで覆っておけばいい。
・傷口からは、滲出液(しんしゅつえき)が出てきて、ばい菌を殺し、傷の治りをはやめてくれる。
・これが乾かない方が、傷は痛くなく、早くきれいに治る。

・でも、なぜ、傷を消毒しなければならないと思い込んでいたんだろう?

・19世紀、ロベルト・コッホによって、病気は菌から発生するのだと分かった。
・すると、菌さえ殺せば病気は治るという考え方が生まれた。
・その後、赤チンなど消毒液が普及し、手軽に消毒できるようになると、消毒することが優先され、その他の方法は誰も考えもしなかった。

・しかし、最新の研究で、この消毒が傷の治りを遅くしていることが判明。
・ばい菌だけでなく、傷口の細胞までも破壊してしまっていたのです。
・消毒液が染みるのはそのためで、正常な細胞まで傷つけている。


当たり前だと思っていた消毒ですが、今では違うんですね。

このような医療に関する常識の変遷を、医学博士の池谷敏郎 医院長が、教えてくれます。



5月26日放送の朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」より、“あなたの知識は間違い!? ここまで変わった 医療の常識”





ここ10年で、これだけ変わった! 最新医学常識99 (祥伝社黄金文庫)





[37度は発熱?]

・何度から、熱があると思いますか?
・37度以上だと、発熱したと思いますよね。
・でも、現在の常識では、37度は発熱ではないのだそう。

・平熱と発熱のボーダーラインだと思い込んでいる、37度。
・どうして、そう思うようになったのでしょうか?

・明治16年、柏木幸助が、国産の体温計を作ろうと研究していました。
・当時の体温計は外国製で高価なため、家庭では普及してなかったのです。

・誰にでも使いやすくと考えた柏木は、平熱が何度なのか分かりやすいように、目印をつけることを考えます。
・そこで、たくさんの人の平熱を計り、データ収集に努めた。
・すると、平均はおよそ37度だと分かった。
・そこで柏木は、平熱の基準として、体温計の37度の部分を赤くしました。

・こうして、国産第1号の体温計が完成。
・ところが、それを使って熱を計った人たちは、37度の赤い表示を、発熱の基準だと勘違いしてしまった。
・その勘違いが普及し、常識となっていたのです。

・ちなみに、現在の平熱の平均は、36度台前半だといわれます。
・それでも、世界的に37度は平熱の範囲内で、発熱ではない。
・日本でも、1999年に感染症法が施行された時に、世界の基準と照らし合わせて、
“37.5度からを発熱、38度以上を高熱とする”と定められた。
・体温には個人差があるので、“平熱+1度が発熱”だという考え方もある。
・が、いずれにしても、37度は、発熱ではないようです。





[卵は1日1個?]

・卵はコレステロールが多いので、1日1個までにした方がいい。
・そんな話がありました。
・でも、これって、間違いなのだそう。
(健康であれば)卵を1日に何個食べても、コレステロール値は上がらない、というのが、今の常識。

・そもそも、コレステロールが多いものを食べたからといって、血中のコレステロール値がそのまま上がるわけではない。
・なぜなら、人間にはコレステロール値を一定にする機能があるから。

・それなのになぜ、1日1個という話が広まったのだろう?

・きっかけは、1913年に発表された研究結果でした。
・コレステロールを摂りすぎると動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞などの心臓病が発生する確率が高まる。
・この発表が、一大センセーションを巻き起こした。
・しかし、この研究結果には、とんでもない落とし穴があったのです。

・この研究は、ウサギに卵を食べさせて、行われていた。
・ウサギは本来、植物しか食べない。
・なので、人間のように、コレステロールを調節する機能が備わっていません。
・食べた分だけ、コレステロール値は上昇する。
・これでは、動脈硬化になって当たり前です。

・この話が、卵が動脈硬化を引き起こすと間違って広まり、卵は1日1個までと言われるようになった。

・ただし、注意も必要。
・体質や生活習慣などによって、コレステロールの調整機能が弱くなっている人もいる。
・そういう人は、お医者さんの指示に従いましょう。
・コレステロールの摂取が制限される場合もあります。





[風邪の時は風呂に入らない方がいい]

・風呂に入ると風邪が悪化するから、入ってはいけない?
・そう教えられてきましたが、これも間違い。
風邪をひいたらお風呂に入ってはいけないというのは、ウソ

・現在では、衛生上、風邪の時でも風呂に入った方がいいというのが常識。

・でも、なぜ、昔と変わってしまったのだろう?

・理由は、ライフスタイルにありました。
・昔は、風呂といえば、銭湯だった。
・銭湯はたくさんの人が入るので、風邪で抵抗力が弱った体に、他の病原菌が入り込む危険性がある。
・また、汗がひかない内に夜道を歩くので、湯冷めまでしてしまう。

・しかし、現代では、家に風呂が普及しています。
・衛生面で安心で、湯冷めもしない。
・入浴後、きちんと汗を拭いて、髪を乾かし、すぐに布団に入れば、風邪を悪化させる心配はない。

・なので、最近は、風邪の時でも入浴していいと言うお医者さんが多くなった。
・ただし、疲れるような入り方はよくないので、ぬるめのお湯で短時間入るのが、いいそうです。
・脱水症状にならないようにし、上がったら、汗を拭く。
・汗が出ないようになってから、服を着る。(湯冷めにも注意しながら)
・下着などが濡れてしまうと、乾く時に体温が奪われてしまうから。





[プールでは目を洗う?]

・プールの後、結膜炎などの病気にならないよう、目を洗うのが常識でした。
・確かに、そんな設備がついていた。
・でも、プールの後は目を洗ってはいけない、というのが、現在の常識。

・目の表面は、涙で守られている。
・そこに水道水を勢いよく当ててしまうと、涙に含まれる油や粘液が流されてしまい、逆に感染症にかかりやすくなってしまう。
・プールの後に感じる目の違和感も、水道水で洗ったのが原因。

・では、なぜ、水道水で洗うように指導されてきたのでしょうか?

・1970年代、プールを作る学校が急増。
・しかし同時に、ある問題が出てきました。
・プールの後、頭痛や高熱、目の充血などの症状を訴える子供が増えた。
・原因は、アデノウイルスによって引き起こされる、咽頭結膜熱。
・プール熱と呼ばれる病気です。

・これが大問題となり、厚生省が対策に乗り出します。
・プール熱は結膜炎、結膜炎の対策には目を洗うのが一番。
・そう考えて、プールには洗眼器を設置することを義務付けました。

・ところが、この対策は逆効果だったことが、30年以上たって判明。
・目は洗わない方がよかった。

・プール熱の予防には、まず、ゴーグルをつけること。
・さらに丁寧にシャワーを浴び、うがいをすることが効果的だとされている。





[暗い所で本を読むと]

暗い所で本を読んでも、目は悪くならない
・一時的に目が疲れて見えにくくなることはあっても、視力が持続して落ちることはないそう。
・視力が落ちる原因としては、遺伝的なものが大きいのではないかと考えられる。





[へそのゴマは]

へそのゴマは、取ったほうがいい
・汚れたままだと、よろしくない。
・爪や固いものだと傷つくので、注意しながら、たまには掃除を。





[魚の骨が引っかかったら]

魚の骨がノドに引っかかった時、ごはんを飲み込んではいけない
・うまく引っかかって抜けてくれればいいけれど、場合によっては、押してしまって余計に突き刺さるかもしれない。
・一番いいのは、耳鼻科で診てもらうこと。





[鼻血が出たら]

鼻血が出ても鼻にティシュを突っ込んではいけない
・鼻筋を触ると、上に硬い軟骨があって、次に柔らかい部分になる。
・これは、キーゼルバッハ部位といって、血管が密集している場所。
・そこから鼻血が出る場合が多い。
・そこをつまんで圧迫し、止血する。





知って得!正しい医学知識





[抗生物質と耐性菌]

・風邪の時などによく処方される、抗生物質。
・抗生物質は細菌をやっつけてくれるが、人の細胞は破壊しない。
・怖い菌をやっつけ病気を治してくれる、魔法の弾丸と呼ばれる強い味方です。

・しかし、ほとんどの風邪には、抗生物質は効きません。
・なぜなら、風邪の原因の9割は、ウイルスだから。

・でも、それなら、なぜ抗生物質が処方されるのだろう?

・それは、“念のため”。
・風邪で抵抗力が落ちた患者が肺炎にかかったりしないように、予防薬として処方される。
・でも、そうなることは滅多になく、抗生物質をあらかじめ飲んでおく必要は、ほとんどないそう。
・一部の場合を除いて。

・が、この抗生物質の処方が、思わぬ事態を生んでしまいます。

・1994年、千葉。
・ある子供が中耳炎だと診断され、抗生物質を処方されました。
・だが、薬を飲んでも、治らない。
・抗生物質が、効かないのです。

・その子は、入院することになりました。
・そしてその後も、抗生物質が効かない患者が急増。
・調査してみると、中耳炎を引き起こした菌の75%が、抗生物質が効かない“耐性菌”へと変化していた。
・これは肺炎も引き起こす菌で、この菌が院内感染でみるみる広がり、肺炎の死者まで出る事態に。

・原因は、抗生物質でした。
・風邪の度に抗生物質を飲み続けた結果、体内で菌が抵抗力をつけて、いつの間にか抗生物質が効かない菌に変化したのです。
・それが広まり、このような事態に。

・さらには、国内すべての抗生物質が効かない菌が誕生してしまいました。
・その名は、“多剤耐性アシネトバクター”。
・この菌に感染し発症すると、今のところ、治療の手立てがない。

・抗生物質に過剰に頼りすぎた結果、このような問題を生んでしまいました。

・アシネトバクターですが、健康な人であれば、この菌がいても問題ないそうです。
・ただ、免疫力が弱った人に感染すると、肺炎などを引き起こす。
・その際に、使える抗生剤がなくなってしまいます。





[医学の常識クイズ]

以下の噂の内、医学的に正しいのは、どれ?


・経験人数の少ない女性は、乳首がピンク色。
・スケベな人は、髪の毛が伸びるのが早い。
・お尻の大きい女性は、安産である。
・メンソールのタバコを吸うと、EDになる。
・鼻の大きい男性は、アソコも大きい。
・睾丸を温めると、精力が衰える。
・射精しすぎると、打ち止めの赤玉が出る。 
・体毛を剃ると、濃くなる。
 


答えは、一番下で。





傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)





今回は、ええっ!! と驚くことばかり。


まず、37度の件。

37度を越えると、熱が出たと思うもんなぁ。

昔だと、学校を早退したりとか、休んだりとかした。

卵の話は、最近になってようやく、正しい常識が広まっている印象。

風呂は、今でも、風邪ひいたら入らないなあ。

じっと寝ていることが多いし。


歴史なんかもそうだけど、医療でも、常識だと思われていたことが、今では違ったりするんですね。

それを覆し浸透させるのって、たいへんなんだなあ。


他にも、コラーゲンを食べてもほとんど効果がないってのも、ありますよね。





[常識クイズの答え]

医学的に正しいのは、

“睾丸を温めると、精力が衰える”。

他はすべて噂であって、医学的に正しいわけではない。


アメリカで論文があって、ノートパソコンを膝の上で使う人は、精子の動きが弱っていたり、生殖能力が衰えているのが分かった。

もともと睾丸は冷えやすい場所にあり、表面がシワシワなのも、表面を大きくして放熱するためだといわれる。

睾丸は熱に弱いようです。





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール


「タモリ倶楽部/フルトヴェングラー 秘密の音 鑑賞会」

  • 2011/05/27(金) 13:15:19

□ タモリ倶楽部


今、音楽界で評判になっているのが、大物指揮者であるヴィルヘルム・フルトヴェングラーの生誕125周年を記念して発売されている かつての音源のリマスター版。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(フルトベングラー)[1886~1954]とは、ドイツの指揮者。ベルリンフィル、ウィーンフィルの指揮者として活躍しました。

その名前をもじって、日本では、“振ると面喰う”とか、“フルベン”と呼ぶ人も。また、熱狂的なファンが多く、指揮者でありながら、フィギュアまで発売された。


今回の企画は、最高級の機材でクラシックの名盤を聴こうというもの。

なので、指揮者の宮本文昭さん(宮本笑里さんは次女)をはじめ、ゲストの方々は正装です。

ただし、ここはタモリ倶楽部、素直に音楽を聴くわけがない。

さて、何を聴く?



“今年発売された「フルトヴェングラー名盤SACDシリーズは、最新のデジタルリマスター技術により、フルトヴェングラーの足音までも、はっきり再現。実は、クラシックのレコードには、そんな意図せぬ音が数多く潜んでいるとか。

そこで今回は、当番組ではおなじみの マランツのショールーム(リスニングルーム)にお邪魔し、最高級のオーディオシステムで、演奏以外の音ばかりを、じっくりと鑑賞します」”



「フルトヴェングラー生誕125周年記念 クラシック名盤「(秘)音」(ひみつのおと)鑑賞会」


フルトヴェングラー生誕125周年記念




音楽評論家の満津岡信育(まつおか のぶやす)さんによると、意図しない音が入ってしまうというのは、けっこうあることらしい。

ライブ録音の場合、今の技術ではそれを消すこともできる。しかし、フルトヴェングラーほどの偉大な芸術家になると、演奏の一回性みたいなもの(1回起こっただけで、再び起こり得ないようなもの)、ドキュメントのような価値が、音を消すことで損なわれてしまうので、あえて残している。

神格化されている、フルトヴェングラー。そうそうたるオーケストラの演奏者に語り継がれている逸話があって、「あれ? うちのオケ、急に音がよくなったじゃないか」と思ったら、フルトヴェングラーが戸口に立っていたという話が。彼には、そうそうたる演奏者たちの背筋を伸ばさせるような、そんな存在感が。





[秘密の音(1) フルトヴェングラーの足音]

フルトヴェングラー指揮
ベートーヴェン「交響曲 第9番」
1951年 バイロイト祝祭劇場(ドイツ)


ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」


確かに、登場時の足音が収録されている。

その後には、拍手が。


欧米の人にとっては、足音はノイズみたいなもので、CDには入ってないらしい。

それが、日本盤には入っている。

日本では、第九といえば、フルトヴェングラーのバイロイト版といわれる。なので、残っているのであれば入場する音も聴いてみたいという、要望が。帯にも、「足音、喝采入り」と書いてあります。


宮本さんによれば、フルトヴェングラーが指揮を振り出して、だいぶ後で、音が出るらしい。だから、「この人は何振ってるか分からない」と。フルトヴェングラーと一緒にやった人に聞くと、「分からないから必死にやるんだ」と話していたとも。

宮本さん曰く、オーケストラの演奏は、後出しジャンケン。誰か飛び出すと、仲間から睨まれるか、指揮者から早すぎるといった苦い表情をされる。だからどうしても、後出しにしたくなる。恐る恐る出るらしい。




[秘密の音(2) 興奮しすぎた観客の拍手]

クレメンス・クラウス指揮
ヨハン・シュトラウス二世「ワルツ<春の音>」
1954年1月1日 ウィーン楽友協会大ホール


フルトヴェングラー生誕125周年記念


演奏がはじまると、うれしくて興奮した観客が、大拍手を。

すると、その音で、演奏が かき消されてしまいました。

あまりの大きさに、指揮者は演奏を止めた。

しばらく拍手が続いた後、あらためて演奏再開。


これは1954年のニューイヤーで、戦後再開された時期。

なので観客も、うれしくて仕方ない。

しかも、新年だから、前日からガンガンに酒を飲んでいた可能性も。

異様に盛り上がってます。




[秘密の音(3) 雷鳴]

ピアノ:ミケランジェリ
ベートーヴェン「ピアノ協奏曲 第5番 <皇帝> ~第3楽章」
1960年4月28日 ベネディジオネホール(ヴァチカン)


フルトヴェングラー生誕125周年記念


けっこう大きな雷が落ちている。

パンッと音がした後、ゴロゴロゴロ~と。

ちょうど3楽章の最後の静かなところなので、余計に聞こえる。




[秘密の音(4) 鳥の声]

チェンバロ:エディット・ビヒト=アクセンフェルト
バッハ「パルティータ第2番」
1980年6月 ノイエルスハウゼン城(ドイツ)


パルティータ全集


チェンバロは、16世紀から18世紀にかけて広く用いられた、鍵盤楽器。

打鍵すると、鳥の羽軸などで作られた爪が、金属製の弦を弾いて、音が出ます。


分かりにくいけど、最後に、チュンと鳴いてますね。

小鳥?


場所は、ノイエルスハウゼン城。

だから、鳥がいた?




[秘密の音(5) 高射砲]

ピアノ:ギーゼキング
ベートーヴェン「ピアノ協奏曲 第5番 <皇帝> ~第1楽章」
1945年1月24日ベルリン


フルトヴェングラー生誕125周年記念


遠くで、ドーン、ドーンと、高射砲の音が。

途中からは、ドドン、ドドンと、聞こえる。

連射してる?


タモリさんから「なんで高射砲と分かったの?」と聞かれて、進行役の堀部圭亮さんは呆然。

今日のメンバーの中で一番 音楽に疎いのに何で聞くの? みたいな。

そこで、満津岡さんが説明してくれました。

1945年のベルリンだから、連合国軍の夜間爆撃があった。

それを迎え撃つドイツ軍の高射砲が、録音に入ったと。

やがてベルリンは陥落するのですが、そんな状態でも、演奏会が開かれていたんですね。




[秘密の音(6) 飛行機]

フルトヴェングラー指揮
ブラームス「交響曲 第4番 ~第2楽章」
1948年10月24日
ティタニアパラスト(ドイツ)


ブラームス:交響曲第4番


遠くで、ブーンというプロペラ音が。

1948年のベルリンですから、西側の人がベルリンに食料を運んだりと、そんな輸送機の音だと思われる。

フルトヴェングラーの場合、この2日前の録音も残っているが、それにも輸送機の音が入っているとのこと。




[指揮者のうなり声特集]


宮本さんによれば、指揮者はみんな唸る。

ご本人にも、「声がうるさいから何とかしてくれ」と投書がくるそう。

逆に、無表情で指揮をしていると、「こいつ、感じてないんじゃないの?」と、宮本さんは思う。



[唸り声(1) デルマン]

デルマン指揮
ブルックナー「交響曲 第9番 ~第3楽章」
1994年


BGMは、もちろん、デビルマン。


フルトヴェングラー生誕125周年記念


ん? テレビだと、よく分からない。

それとも、耳の問題?

出演者のみなさんには、聞こえているみたい。

唸っているというより、歌っていると。



イヤホン変えたら、聞こえた。

んん~、と歌ってる。




[唸り声(2) 小林研一郎]

小林研一郎指揮
ドヴォルザーク「交響曲 第9番 <新世界より> ~第4楽章」
2000年8月20日 サントリーホール(東京)


クラシック名盤 秘密の音


低い、うぇ~~~、みたいな唸り声が。


宮本さんが言うには、小林さんはエキサイト系の人。

会場でも、聴こえるらしい。

評論家の中にはこれを問題視する人もいて、唸り声が入っている物は推薦しないという人も。




[唸り声(3) 宮本文昭の持ち込み(秘)音]

ピアノ:サンソン・フランソワ
ラヴェル「ピアノ協奏曲 ~第1楽章」
1959年7月
サル・ワグラム(フランス)


クラシック名盤 秘密の音


音量を上げると分かりましたが、コツというトンカチの音が。

どういう状況?

大道具さん?





カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)





最後に、タモリさんによって、今日聴いた中から、グランプリを決めてもらいます。

選ばれたのは、高射砲。


[高射砲]

ピアノ:ギーゼキング
ベートーヴェン「ピアノ協奏曲 第5番 <皇帝> ~第1楽章」
1945年1月24日ベルリン


ピアノの後ろで、ドド~ンと、何度も音がする。




疾風怒濤のクラシック案内 (アスキー新書 041)





いや~、いろんな音が入ってるんですね。

ライブ感を出すために、あえて残しているのか。

一期一会の精神?


指揮者の音が入ってるのには、笑った。

あれだけ動いてると、声や咳も出るか。

意識も、入りこんじゃいそうだし。


大舞台で指揮すると、ある種のトリップをしそう。





今週の、空耳アワー。


・「シスコはロック・シティ/スターシップ」

 → 不潔だろ! オチンチン
 ( WHO CARES THEY'RE ALWAYS CHANGING )

 (はっきり聞こえた → いきなり 耳かき)



・「ライト・ナウ/コーン」

 → あ ポッケに入ったよ
 ( I FUCKING HATE YOU )

 (袋不要でエコ活動 → 手ぬぐい)

でも、元の詞はえげつない?



・「カット・ザ・ケーキ/アヴェレイジ・ホワイト・バンド」

 → キミキミキミキミキミキミキミキミ キミだっけ?
   コレだよ コレだよ コレだよ 買っとけ
 ( GIME×9、THAT CAKE、CUT IT DOWN×3、CUT THE CAKE )

 (タメが素晴らしい → Tシャツをゲット!)



今週は、及川達郎さん、3連発。

空耳アワー 買っとけ!





[タモリ倶楽部 関連記事]

 → 「絵画をおかずに満腹アート展覧会」

 → 「タモリ倶楽部 アーカイブ 2011年度 前半」




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  タモリ倶楽部


「実写版宇宙戦艦ヤマト?」

  • 2011/05/26(木) 17:48:10

YouYubeで“宇宙戦艦ギャラクチカ”を見ていたら、実写版宇宙戦艦ヤマトが引っかかった。


実写版ヤマト 




ほう、こんな内容だったのか。

むしょうに見たくなった。

って…


後ろにいるのは、篠原涼子さん?

もう一人は、西端弥生さんか?

今は、古田新太さんの奥さんだ。


デスラーって、高校生?

日曜8時といえば、これだったなあ。





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  マンガアニメ


「人が変わった?│JIN -仁- 第6話」

  • 2011/05/23(月) 23:26:36

<感想>

仁は、龍馬が変わったと思う。

怖ろしい言葉が、どんどん出てくる。

龍馬は、仁が変わったと思う。

前は話さなかったことを、話すようになった。


確かに、口から出る言葉は変わったのかもしれない。

でも、人間が変わったわけではないかも。

目的、目標も、同じ。

ただ、手段が明確になったから、それが言葉になって、出てくるようになった。


龍馬の、日本を想う気持ちは変わらない。

ただ、日本を欧米列強から守るために、一度壊すことにした。

仁の気持ちも、変わらない。

ただ、前より決意しただけ。


言葉は、表面。

人間の本質は、もう少し奥。

でも、

どちらも、つながっている…




JIN-仁- DVD-BOX



JIN―仁― 20 (ジャンプコミックスデラックス)





<あらすじ>


・1866年6月、佐分利祐輔(桐谷健太)、福田玄孝(佐藤二朗)は、ペニシリンの講義を。
・それはうまくいったのですが、米屋の打ちこわしが気になります。
・これも、幕府が長州征伐を決めた影響か。

・南方仁(大沢たかお)は、長崎にいました。
・幕府の医学校 精得館で、ペニシリンの講義をする。
・が、生徒の反応は、かたかった。
・岡田(浅野和之)さんという、ひとりの老人を除いて。

・生徒の反応が冷たいのには、理由がありました。
・精得館の教授であるオランダ人医師、アントニウス・ボードウィンの影響です。
・ボードウィンは、仁に対し、不信感を持っていました。
・留学の経験がない日本人が、我々も知らぬ医術を知っているはずがない。
・また、仁は仁で、未来から来たと説明するわけにはいかない。
・結果、岡田を除いた生徒もまた、仁に不信感を持っていたのです。

・仁には、もうひとつ気になることが。
・坂本龍馬(内野聖陽)に返信を出したものの、返事が来ない。
・長崎行きには、これも関係していました。
・ここでなら、会えるかもしれない。
・そして仁は、今度龍馬に会ったら、暗殺される運命だと告げようと決めていました。


・ある日のこと、聞き覚えのある声が。
・これは、土佐弁?
・駆けつけると、龍馬が、目から血を流している異人さんを運んできていた。

・龍馬の名を呼ぶ、仁。
・が、龍馬の様子がおかしい。
・いつもなら抱きついて喜びそうなものなのに、妙な驚き方をしている。
・まるで、会いたくなかったかのよう。

・傷を負った異人さんは、イギリス商人 トーマス・グラバー。
・目を斬りつけられたらしい。
・龍馬は、眼科の名医 ボードウィンに診てもらうため、精得館に連れてきたのです。

・が、診断は思わしくありませんでした。
・視力は大丈夫だが、涙が止まらなくなる可能性がある。
・涙小管が断裂しています。

・ボードウィンは、仁に治療するように言いました。
・素性を明かせないなら、腕を見せるしかないのではないですか?!
・そう強く要求します。

・執刀することになった仁ですが、困ったことが。
・この時代には、シリコンチューブがない。
・本来なら、それで癒着による閉塞を防ぐのですが、代わりになるものは?

・仁は龍馬に、細い針金を探してもらいました。
・それをシリコンチューブの代わりにする。

・仁の技術を見て、ボードウィンの顔色が変わりました。
・やがて、手術の助手も務めます。

・手術は成功しました。
・見学した人たちからは、拍手が。
・ボードウィンは、これまでの無礼を謝罪しました。
・そして、握手を。


・龍馬に運命を告げようとする、仁。
・しかし、用があるからと、龍馬は東修介(佐藤隆太)と共に、行ってしまいました。
・やはり、避けているようなところがある。

・翌日、グラバーの邸宅で再会した時も、遠ざけられました。

・龍馬はグラバーから、武器を買おうとしていた。
・幕府と戦争するための、銃などです。

・昆布に偽装して銃を運ぼうとした龍馬ですが、荷がほどけて、仁に見つかってしまいました。
・一番知られたくない相手に、見られてしまった。

・事情を話す、龍馬。
・今、長州は、幕府から武器を持つことを禁止されている。
・だから龍馬が薩摩の名前で買って、長州に流していると。

・龍馬は仁を、写真館に連れて行きました。
・ふたりで、写真を撮ります。


・商売の話をする、龍馬。
・商売っ気の無い、仁。
・そんな中、仁は「保険」の話をしました。
・つい、未来のことを、口に出してしまった。

・保険とは、健康保険のこと。
・国が、治療のための料金の一部を払う制度。
・そうすれば、みんなが安く適切な医療を受けられる。

・龍馬はその制度に、感動します。
・「講(こう)」のように、みんながあらかじめ無理のない範囲で金をおさめる。
・病にかかった時に、そのお金を使う。

・ついに仁は、運命について龍馬に話そうとします。
・が、口に出そうとした瞬間、激しい頭痛が。
・どうしても、しゃべれなくなってしまった。

・その時聞こえた、不思議な声。
・「俺は、おまえだ」
・「おまんは、わしじゃ」
・俺? おまえ?
・おまん? わし?
・その時、あの包帯だらけの男のイメージが。

・仁に代わって、今度は龍馬から提案が。
・一緒に、長州に行こうという。
・これから長州では、戦争がはじまる。
・そこで負傷兵に対し、ペニシリンを使う。
・その勢いで、ペニシリンの製造所を作るように、長州に打診する。

・この国は遠からず薩長のものになる。
・そう話す、龍馬。
・今のうちに食い込んでおけというのです。

・仁は、長州行きを承諾しました。
・そして、思う。
・その笑顔は何も変わらないけれど、密輸、戦争、討幕、その口から出る言葉を、明るい気持ちで聞くことはできなかった。
・暗い時代なのだ。
・歴史が大きく変わる前に、必ず訪れる混沌とした時代。
・そして、龍馬さんはその真っ只中にいる。



・江戸にいた頃、勝海舟(小日向文世)が仁に話していた。
・龍馬がうらやましい。
・おいらも徳川の家臣じゃなければ、もっと気ままに動き回れるのに。
・でも、飛び出してしまったら、いざという時に江戸を守れない。
・徳川が将軍でなくなるのはかまわないが、江戸が戦でひどいことになるのは、ごめんだ。


・日本の将来を心配する、龍馬。
・清国は、列強の食い物にされてしまった。
・そしてこのままでは、日本もあぶない。
・そうならない道は、ただひとつ。
・徳川の時代を終わらせ、この国を建て直すしかない。

・これはどうしても必要な戦なのだと、龍馬は言った。
・たとえ勝先生がいる幕府と敵になろうとも。


・幕府による、長州征伐が開始されました。
・仁は長州藩の本陣で、桂小五郎(山口馬木也)に引合されます。
・そこで龍馬は、製造所の話をしました。
・が、桂は、この戦ではペニシリンの出番はないかもしれないと言う。

・その言葉通り、長州勢は圧勝した。
・逆に、幕府軍は撤退。

・時代の変化を喜ぶ、龍馬。
・が、仁の心は複雑です。
・幕府兵は、ひどく傷ついている。
・仁にとっては、誰だろうと負傷者。
・傷ついた人が、目の前に。

・龍馬は、この痛みは必要だという。
・でも、仁は、納得できない。
・自然と、涙が。


・長州からの帰路、仁は龍馬に問いました。
・こんな方法しか、ないんでしょうか?
・新しい国を作るには、戦争しかないんでしょうか?

・そう話していた矢先、一行は幕府兵と出くわします。
・長州兵は敵の脚に刀を差し、身動きできないようにして、放置しました。
・そのまま龍馬も、行こうとする。

・が、仁は、負傷した幕府兵の治療をはじめました。
・そして、言う。
・「龍馬さん、やっぱり変わりましたよ」
・「前の龍馬さんなら、敵味方なく助けたと思います」
・「でも今は、薩摩と長州のことしか、考えてない」
・仁は龍馬を、まるで武器商人のようだと断じた。

・どうしても必要な戦だという龍馬と、
・戦だけが国をまとめる手段なのかと反論する、仁。

・仁はさらに激しい口調に。
・「そんな方法でまとめるしか能がないなら、政権をとったって、うまくいくはずがない!」
・「暴力は、暴力を生むだけなんです!」

・龍馬も、返します。
・「先に殺されたら、それでしまいながじゃ」
・寺田屋で殺されかけた龍馬は、思ったのだという。
・どんなにいい考えを持っていても、死んだら、それでおしまい。
・相手を力で従わせないと、考えを述べることもできない。
・世を動かすことは、できない。


・山中で、ふたりの道は違って(たがって)しまった。
・日本をよくしたいと思う仁と龍馬は、別れました。
・同じ思いなのに。


・仁が救おうとした幕府兵は、追っ手に殺されました。
・目の前で、撃たれた。
・膝から崩れ落ちる、仁。
・これが神の意志なのか?
・空に向かって、仁は叫ぶ。
・「この人たちを生かしたら、何か歴史に問題が起こるんですか?」
・「何が気に入らないんだよ」
・「何で、こんなことするんですか!」


・仁は単身、幕府側の陣へ。
・そこで治療を手伝わせてほしいと、申し出ました。

・治療後、幕府の船で、仁は長崎へ戻った。
・そして、考える。
・保険については告げることができたのに、暗殺のことは無理だった。
・これは、未来の様子を語ることはゆるされても、目の前の歴史に直接介入するようなことは、ゆるされないということなのだろうか?
・決まっていることは、その通りになるのか?

・岡田老人が、仁に挨拶しに来ました。
・明日で国に帰るという。
・そして老人は、本名を明かします。
・岡田は偽名で、本当の名前は、田中久重(たなか ひさしげ)。

・田中久重といえば、幕末から明治にかけての発明家、技術者。
・からくり儀右衛門とも呼ばれ、万年時計や日本最初の機関車模型を作ったりもした。
・東芝の基礎を築いた人です。
・仁が手術に使った無尽灯も、彼が作ったもの。

・田中久重は、息子と孫を失っていました。
・「時代の渦に呑まれたのだと、今では思っております」
・そう語る、久重。
・今日の味方が、明日には敵になる。
・その逆もしかり。
・その中で、グルグル回されていると、自分の立っている場所が分からなくなってしまう。
・どこを目指していたのかも、分からなくなる。

・わたしの友人も今、その渦の中にいます。
・そう話す、仁。
・でも、そこから彼を引っ張り出すことができなかったと。

・久重は言いました。
・共に渦に呑まれては、意味がない。
・友として先生がなすべきことは、その方の道しるべになることではないでしょうか。
・暗い渦の中からでも、目的地を見失わぬよう、明るく輝く道しるべになるのです。
・先生ご自身が、無尽灯のように。
・尽きることの無い、灯りに。


・別れ際、仁は久重に、豆電球を手渡しました。
・未来の可能性を、託した。

・灯りがあれば、渦の中からでも、道が見える。
・そして、暗い中でも、見えるだろう。
・相手の笑った顔が…





日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック



アイデア連発!大江戸のハイテク王 からくり儀右衛門 (マンガ 大江戸パワフル人物伝)





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  JIN-仁-


「タモリ倶楽部/世界のインスタントラーメン博覧会」

  • 2011/05/20(金) 07:48:25

□ タモリ倶楽部


今日のメンバーは、タモリさんに加え、ガタルカナル・タカさん、升毅さん、山崎樹範さん。

ん? このメンバーは、「帰ってきた“どこでも酒場シリーズ”乾物屋で飲む」の時のメンバー?

と一瞬思ったのですが、あの時は山崎さんではなくて、オリラジ藤森さんでしたね。


それはともかく、日本発で世界的に大ヒットした物といえば、インスタントラーメン。

何でも、世界では1年間で、約9百億食以上、食べられているらしい。

また、今では各国で作られています。

そこで今回は、各国のインスタントラーメンを試食してみることに。

タモリさん、固まってるけど、大丈夫?



“独特の味付けが日本人の口には合わない、と思われがちな、海外のインスタントラーメン。今回は、そのイメージを覆す、その国ならではの定番アレンジ法を、教わります”


「オール・インスタント ワールド・ラーメン博覧会」


世界のインスタントラーメン博覧会




[ラーメン1 インドネシア代表]

インドネシアでの一番人気は、“インドミー”ブランドのソトミー味(チキン味)。

インドネシアでは、1袋25円らしい。

でも、それはスーパーでの値段で、露店だと、15円ほど。

安い!


さっそく、素ラーメンを試食します。

書いてある通りに調理しただけのもの。

見かけは、塩ラーメンに近いかな?


タモリさんの感想は、以前に食べた物よりうまい、と。

チキンベースで、いいおダシが出ているそうです。

さて、これをよりおいしくするアレンジとは?



<インドネシア風アレンジ1>

・先に卵を、ゆでます。
・お湯の中に割り入れて、ボイル。
・麺と付属のパウダーを鍋に入れる。
・この時、卵を割らないように注意。
・インドネシアの野菜に似た、小松菜を投入。
・ゆで上がったら、丼へ。
・最後に、チリソースを加えます。
・トッピングは、油でカリカリに揚げた木の実のせんべい“ウンピン”を。


世界のインスタントラーメン博覧会


タモリさんの第一声は、全然別モノになった。

麺はちょっと固めのようです。

ちょっと、スパイシーすぎた?



<インドネシア風アレンジ2>

・ジャカルタの若者に人気だという、一杯。
・コーンビーフと卵を麺と一緒に煮込んだ、ガッツリ系のラーメン。
・地元の屋台でも食べられる、人気メニュー。


世界のインスタントラーメン博覧会


感想は、コーンビーフの味がよく出てると。

山崎さんは、ジャンクな感じで好きだと、高評価。



インドミー・バリ風チキン風味(スペシャルチキン味)のラーメン5袋お試しセット





[ラーメン2 マレーシア代表]

マレーシアの人気ラーメンは、“コカ”のラクサ味(ココナッツカレー味)


素ラーメンは、けっこう辛いようです。

タモリさんは、はじめての味だとの感想。

タカさんによると、口に入れた瞬間にパクチーの味が広がって、一瞬気を失うと。(冗談気味に)



<マレーシア風アレンジ>

・キモは、トッピング。
・鶏のささみ、エビ、錦糸玉子、もやし、
 青ネギ、パクチー、フライドオニオン、
 色とりどりなものを、トッピング。
・仕上げに、ライムの汁を絞り入れます。
・また、サンバルソースを加える。

サンバルとは、インドネシア料理やマレー料理に使われる、辛味調味料。チリソースの一種らしい。

トウガラシやニンニク、トマト、コリアンダー、食塩、こしょう、小エビの塩辛、酢などを、石うすで挽いて、ペースト状にしたもの。


世界のインスタントラーメン博覧会


タモリさんは満足げに、ライムがいいと絶賛。

ライムが疑問を消すそうです。

山崎さんは、南国のラーメンという感じがすると。

ただ、パクチーは強力なようです。




[ラーメン3 タイ代表]

タイの国民食“ママ―”より、トムヤム味と、ムーサップ味(ポーク)を。

タイでは、ラーメンといえば、ママ―?


見かけは、醤油ラーメンみたい。

値段は1袋15円ほどらしいです。


素ラーメンの感想は、1袋15円なら十分でしょう、というもの。



<タイ流アレンジ>

・ポーク味を使います。
・豚ひき肉、イカ、エビ、もやし、
 小松菜、青ネギ、パクチーを、
 麺と一緒に煮る。
・付属の調味料も入れ、一気に仕上げへ。
・丼に移し替えたところに、まずは砂糖を1杯。
・レモン汁を少し。
・唐辛子パウダーを、たっぷり目に。

周囲からは悲鳴が上がりましたが、味はどうか?


世界のインスタントラーメン博覧会


タモリさんからは、砂糖はありかもね、という意見が。

升さんも、大ありですね、と高評価。

タイでは、屋台のラーメン屋でも、砂糖が入るそうです。



ママ トムヤムクン味ラーメン 10袋お試しセット





[ラーメン4 インド代表]

インドの一番人気は、“マギー”のマサラ味。

パッケージの写真は、一般の方の感想やエピソード。

例えば、足をけがして入院したけど、その間、病院の食事はちょっと飽きた。でも、マギーを食べてすごく元気が出た、とか。


ちなみに、インドではスープなしタイプが主流らしい。



<インド流アレンジ>

・フライパンで、タマネギ、青唐辛子、
 ピーマン、ニンジン、グリーンピースを、
 バターで、炒める。
・そこに、麺と付属のマサラパウダーを入れ、
 スライスチーズを入れて、煮る。
・水を加えて、スープタイプにアレンジしました。
・最後に、インド料理に欠かせない香辛料で調節します。


世界のインスタントラーメン博覧会


山崎さんは、お店で出しても申し分ないと、大いに評価。

升さんは、野菜の旨味も出ていると。




[ラーメン5 ブラジル代表]

ブラジルの人気ラーメンは、“パンコ”のビーフ味。

ブラジルではインスタントラーメンを、どのメーカーの物でも、「ミョージョー(明星)」と呼ぶらしい。



<ブラジル流アレンジ>

・通常どおり、麺を3分間ゆでる。
・そこで、ザルで、麺を湯切り。
・丼に移して、スープパウダーを、直接かける。
・そのまま、和えます。
・ツナマヨで、さらに濃厚に。


世界のインスタントラーメン博覧会


タモリさんの評価は、これ焼きそばですね! と。

青のりと紅ショウガが、合うよう。

学生には、たまらないであろうと。




[日本人向けアレンジに、挑戦!]


ここで、タモリさんと升さんが、日本人向けのラーメンに挑戦します。


まずは、袋麺のチョイスから。

使うのは、マレーシアのラーメン。“コカ”のラクサ味(ココナッツカレー味)。

ただし、タモリさんは、麺のみの使用。

「これだけあれば、ホントにその辺のラーメン屋よりもうまいという、スープのインスタントの取り方を」と、意欲的です。



<タモリさんのアレンジ>

・中華スープ、鶏がらスープ、いりこだし、
 かつおだし、昆布だしを、お湯に投入。
・ネギとタマネギからもダシをとり、スープが完成。
・ダシにこだわった、タモリ風インスタントラーメンになりました。
・付属のスープは、使っていません。


世界のインスタントラーメン博覧会


山崎さんの評価は、これにチャーシューとかのせたら750円は出せる、と。

それに対してタモリさんは、ビミョーな誉め方だな、と。



<升さんのアレンジ>

・いきなり、牛乳を鍋に。
・かつおだし、こんぶだし、
 醤油、酒を加えます。
・そこに具材の、ウインナー、タマネギ、
 麺、スープパウダーを入れて、煮込む。
・具材には、青梗菜(ちんげんさい)を選びました。
・仕上げは、柚子こしょうで。



さて、お味は?





ササッとうまい! いえめん。 インスタントラーメン魔法の132杯



サンバルソース 3本セット
サンバルソース 3本セット





まことに、すみません。

関西では放送時間が変更になったため、空耳アワーのところで、録画が切れていました。



その代わりといっては何ですが、タモリさんの特製スープの詳細を。

前に、いいともで実演してくれたものです。


・ネギを輪切りにする。
・鍋を火にかけながら、鶏がらスープ、昆布だしの素、
 ほんだし、中華スープの素(ウェイユー)を入れる。
・その間に、チャーシューを輪切りに。
・丼に、ネギ油、しょう油、輪切りネギを入れておく。
・麺は別の鍋で、茹でます。
・湯切りした麺を器に入れ、味を調えたスープを入れる。
・メンマ、チャーシューを入れて、完成。


うっ、食べて~~~~。




【Amazon.co.jp限定】ラーメンバラエティアソートセット(海鮮中華そば・とりがら醤油・みそ・北海道みそ・北海道味噌・北海道塩 各2個)





そういえば、昔日本でも、ビーフ味のインスタントラーメンがありました。

今何時? ビーフ味! とかいうCMのやつ。

懐かしいなあ。

若い人だと、ケンちゃんラーメンとか?(「あの花」の めんまも欲しがってた)


インスタントラーメンは最近はあまり食べなくなったけど、時々、欲しくなります。

そのために、スーパーで安い時に、買っておく。

一時期は特売で69円とかもあったけど、最近は安くても100円近くかな。

カップタイプの物で。


ディスカウントショップで、アジアの麺を売ってたりしますね。

ずいぶん前にタイの物を食べたけど、スパイシーでそれなりの味でした。





今週の、空耳アワー。


・「ジンジ/ウェイン・ショーター」

 → いや~朝5時ですよ 早ぇよ
 ( E ESSA VOZ DESSE RIO )

 (言い方に哀愁が → 手ぬぐい)



・「ヒット・ミュージック/ペットショップ・ボーイズ」

 → お前は落ちるよテストで
 ( ALL NIGHT LONG TO YOUR DESPERATE )

 (「しんきいってん → 新規一店」「相模 → すもう」 → 手ぬぐい)

正解は、心機一転、さがみ。



・「悪の経典#9/ポール・ギルバート」

 → オナラ オナラ 我慢しましょう 我慢しましょう 我慢しましょう
 ( ALL OUR OWN ×2 COME AND SEE THE SHOW×3 )

 (括約筋 vs オナラ の戦い → くだらないけど、面白い、耳かきゲット!)



空耳 オナラ 我慢しましょう





[タモリ倶楽部 関連記事]

 → 「King of Hop マイケル・ジャクソン追悼 ビールのフルコース」
 → 「台所で呑む 新野菜で新つまみ」

 → 「タモリ倶楽部 アーカイブ 2011年度 前半」




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  タモリ倶楽部  食べ物


「放送変更あれこれ」

  • 2011/05/18(水) 22:57:37

関西では、5月15日(日曜)深夜の“キングコングのあるコトないコト”“さまぁーず×さまぁーず”は、放送休止でした。


休止のお知らせ




タモリ倶楽部は放送されたのですが、ゲッ、放送時間がずれて、5分ほど録画されてない。

ガ~~~~~~ン。

確か、天気予報分を余計に録画してたのに、まだ足りなかったのか。

ショック。




そしてもうひとつ、明日5月19日放送の「ビーバップ!ハイヒール」ですが、2010年1月14日に放送された、「時空を超える名歌!百人一首の真実 現代版ドラマ訳」の再放送になるようです。

こちらは、確か、放送予定の回に上原さんが出演されてたと聞きます。

その対応なんでしょうね。

何があったか詳細は分かりませんが、ご冥福をお祈りいたします。 





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ未指定]


「立つための道具│JIN -仁- 第5話」

  • 2011/05/16(月) 18:52:10

<感想>

することを決めることがあるけど、実は、決めていない時もある。

何となくそうするものだと思っているけど、実は、そうではなかったりする。

誰も、決めてない。

誰も、望んでない。

ただ何となく、そうするものだと思い込んでいる。


そんなある日、すべきことに気づく。

すべきことを決めるというよりは、気づく。


することが決まれば、やり様はあるもの。

目標が明確な分、進みやすい。

何となくではないから、明確。

困難かどうかは別にして、ルートは決まる。


仁は、坂東吉十郎に、立つための道具を作った。

立つための道具。

立つことが目標だと分かれば、そのための道具を使えばいい。

やることが決まれば、その道具は、たくさんあったりする。

無ければ作ればいいし、合うように改良すればいい。


まずは何となく決めていることを疑って、すべきことに気づくことから。

常識の埒外に、望むことが…




JIN-仁- DVD-BOX



ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』





<あらすじ>


・お初(畠山彩奈)の治療中に、南方仁(大沢たかお)は激しい頭痛に襲われた。
・そして、手が消えてゆく。
・手だけではない。
・やがて、体が全部、消えてしまいました。

・橘咲(綾瀬はるか)が呼ぶ中、仁は不思議な光景を見ていました。
・どこかで、祝言が挙げられている。
・白無垢(しろむく)を着ているのは、成長したお初?
・嫁ぐ先は、南方という名前?
・隣の男は、仁の先祖なのか?

・やがて現代に、映像は移る。
・ここは、仁が生まれた家?
・小学生が、出てきた。
・でも、仁じゃない。
・仁じゃないのに、「南方仁」の名札をつけている。

・どういうことなんだろう?
・お初が成長すると、別の仁が生まれるのだろうか?


・必死に仁の名を呼ぶ、咲。
・やがて、お初の患部から出血が。

・と同時に、仁の姿が浮かび上がってきました。
・急変に気づいた仁は、懸命に止血を開始します。

・体が消える前、病状は安定していた。
・手術は成功し、助かるはずだった。
・それが今、急変している。
・そして、急変した途端、体が戻った。

・何で? 何で?
・そう叫びながら、仁は懸命に治療します。
・戻ってこい! 戻ってこい!


・治療の甲斐なく、お初は亡くなってしまいました。

・帰路、仁は咲に、あの時見たビジョンを話しました。
・お初が大きくなると、仁の先祖に嫁ぐ。
・すると、仁の先祖は、本来出会うはずの人と出会わなくなり、結果、仁は今の仁としては、生まれなくなる。

・仁は咲に、言いました。
・「わたしは、お初ちゃんの命と引き換えに、生まれてくる人間なんじゃないでしょうか」
・「だから、あんなあり得ないようなDIC(播種性血管内凝固症候群)が起こって、お初ちゃんは助からなくなって、その代わりに、わたしが戻ってこれて…」

・これが、お初の運命だったのだろうか?
・でも、ここに来なければ、もう少し長く生きられたのかもしれない。

・仁は言いました。
・「前から感じていたことですけど、わたしは本当は誰ひとり、助けていないのかもしれません」
・仁が助けた人たちは、仁が来たから、病気になった。
・逆に、死ぬ運命の人は、ほどなく、亡くなってしまう。
・「わたしは何かを変えることなんてできないし、そんなことを望まれても、いない」
・「神はそれを、あらためて知らしめたんじゃないでしょうか」
・「一番分かりやすい形で」


・一方、龍馬(内野聖陽)は、寺田屋で、伏見奉行所の襲撃を受けていました。
・多勢に無勢の中、拳銃で応戦するも、手に深手を負った。
・そんな龍馬を助けたのは、東修介(佐藤隆太)。

・その顛末を聞かされた仁は、勝海舟(小日向文世)に、こう言われました。
・「こっから先、龍馬と関わる時にゃあ、十分、用心してくんな」

・また仁は、恭太郎(小出恵介)から、咲のことをどう考えているのか、聞かれた。
・「わたしにできることは、咲さんを一人前の医者にすることだけです」
・「咲さんも、それを望んでいると思います」
・そう答える仁に、恭太郎は、本当にそうでしょうか? と言いました。

・仁は思う。
・俺という異物を抱え込みながらも、歴史はおそらく、史実通りに進んで行っているんだろう。
・龍馬さんの暗殺に向けて。
・(坂本龍馬を助ける)そんなことは、できないんじゃないだろうか?
・もし、俺が襲われた龍馬さんを助けられたとしても、それはやはり束の間の延命で、すべては無に帰していくのではないだろうか。
・歴史の修正力とでもいうものによって。
・だとしたら、俺は、何のためにここに送られて来たのだろう?



・仁を、歌舞伎の女形 澤村田之助(吉沢悠)が訪ねてきました。
・診てほしい人がいるという。
・それは、坂東吉十郎(吹越満)。
・田之助の兄弟子にあたる人です。

・吉十郎は、鉛中毒のようでした。
・舞台で使う白粉(おしろい)の影響が疑われます。
・この時代には、鉛を体外に出す薬はない。
・手足を切って延命を図ることしか、方法はありませんでした。

・せめてもう一度、舞台に立たせることはできないか。
・田之助は、そう願った。
・しかし、仁は無理だと即答する。

・田之助は、啖呵(たんか)を切りました。
・「無理無理って、それでも医者なのかい?!」
・「無理無理言うだけなら、誰だって できらあ!」
・「無理ひとつ通せねえで、何が医者先生様だ!」
・「そんなんだったら、やめちまえ!」

・意を決した仁は、吉十郎を仁友堂に運びます。
・何とかできないか、全力を尽くしてみる。


・仲間たちを巻き込んで、治療が検討された。
・何とか、治療する方法はないか、みんなで模索します。

・塩化カルシウムが有効だったのか、病状が安定しだしました。
・なのに、吉十郎の息子、与吉(大八木凱斗)の表情はさえない。

・仁は福田玄孝(佐藤二朗)に協力してもらい、生薬も試してみます。
・効果があるか、ネズミを使って実験する。

・治療の効果が現れてきました。
・食餌療法と塩化カルシウムで、立てるようにまでなった。
・なのに、与吉は浮かない顔。
・そして、仁の様子も、おかしい。
・仁の脳裏には、お初の急変が。

・少し のめり込み過ぎではないかと、咲は言いました。
・仁は、負けたくないのだという。
・歴史の修正力に負けたくない。
・今回は、完璧に治したい。
・ここで負けたら、認めるしかなくなる。
・自分にできることはほんの少しの延命だけで、結局は何も変えることはできないのだと。

・延命だけではいけないのですか?
・咲は、そう聞きました。
・すべての医術はしょせん、延命にしか過ぎないのではないですか。
・未来でも、人はやがて死ぬのでございましょう?

・仁は、問い返します。
・じゃあ、わたしは何のために、ここに送られて来たんでしょうか?


・そんな中、騒ぎが。
・次の舞台で使う台本が、紛失したらしい。
・吉十郎は与吉を疑い、殴りつけます。
・が、与吉は何も言わない。
・止めに入った佐分利祐輔(桐谷健太)と揉めて、吉十郎は仁友堂を出て行ってしまった。

・次の舞台に立てることを証明しようとする、吉十郎。
・関係者の前で、演じてみせます。
・痛みを堪える吉十郎ですが、思うように動かない。
・みなが不安を口にしますが、そこに助け舟が。
・佐分利が現れて、痛み止めを打ち忘れたからだと、機転を利かせました。

・あらためて、仁は田之助に提案します。
・舞台に立つことは、考え直した方がいい。
・このままでは、舞台に立つ前に亡くなってしまうこともある。

・黙っていた真相を話し出す、田之助。

・吉十郎は役者馬鹿で、私生活は荒れていた。
・ついには、妻と赤ん坊の与吉を、追い出していました。
・だけどその母親に男ができ、行く場所をなくした与吉が転がり込んで来た。
・既に体を悪くして死期を悟っていた吉十郎は、道をつけてやろうと、躍起になって与吉に稽古をつけました。
・けれど、与吉は、まったく覚えようとしなかった。
・そこから関係がこじれ、口もきかない関係に。
・田之助によれば、芸のために捨てられた与吉にとって、役者稼業は恨みでしかないのではないかと。
・吉十郎は、息子に自分の芝居を見せることを願いました。
・自分が与吉に残してやれるものは、もうそれしかない。
・自分は人間のクズで今さら ゆるしてもらおうとも思わない。
・けど、すべてを注いだ芸だけは、見せてやりたい。
・今のままでは、クズの親父から生まれたんだと思って生きていくしかなくなる。
・でも、そのクズにも、たった一つだけでも芸があったと思えれば、ちょっとは生きていく足しになる。

・吉十郎にとって、生き延びるのは大して値打ちがない。
・田之助は、仁に言いました。
・「先生、命の値打ちっていうのは、長さだけなのかい?」

・同じころ、佐分利は吉十郎に話していました。
・わたしは、医術を極めたい。
・だから、あなたが最後まで芸を極めたいという気持ちも、分かる。


・その夜、仁は咲に、己の愚かさについて口にします。
・「自分の気持ちに振り回されて、患者をちゃんと診れていなかったです」
・「長生きさせることばかりに囚われて…」

・それを聞いて、咲も返す。
・「先生がここに送られて来た目的は、一人ひとりの命を救うこととは、違うものなのではないでしょうか?」
・「もっと、大きな、一人ひとりの、世の営みを超えたもののため、といいますか…」

・世の営みを超えるもの。
・仁の中で、ぼんやりしたものが、だんだんと形になってくる。


・福田玄孝が、新しい生薬を処方しました。
・吉十郎の落ち込んでいる体に、働きを元に戻すことを考えて、調合した。
・福田は、自身のやれることをやった。
・ふりしぼった。

・吉十郎も、自身の中にあるものを、ふりしぼる。
・動かぬ手足を動かして、稽古に励みます。
・が、そこに、与吉の姿はない。

・仁は装具を考えていました。
・少しでも動きやすくなるように。


・そして、舞台当日。
・吉十郎は、廊下で転倒してしまった。
・何とか平静を装おうとしますが、足が思うように動きません。
・座長は、あきらめるように諭しました。

・そこでまた、田之助が啖呵を切ります。
・「いいじゃねえか、動けなくなったって」
・「血へど吐いて倒れたって、それが最高に歌舞いた芝居に見せれりゃいいだけの話だろう!」

・座長と田之助が口論する中、吉十郎が苦しみだしました。
・すぐに仁たちは、奥に運んで治療する。

・が、それこそが、吉十郎の一世一代の芝居だった。
・芝居は自分だけのものではない。
・そう思った吉十郎は、歌舞いたのです。

・咲に連れられ、与吉が来ました。
・悲しそうな顔をする、与吉。

・遠くでは、舞台のはじまる音が聞こえる。
・吉十郎のいない舞台。

・仁は吉十郎に、装具を装着させました。
・すると、何とか立つことができた。

・居たたまれなくなったのか、部屋を出ようとする、与吉。
・それを咲が、止めました。

・部屋で吉十郎が、歌舞伎を演じる。
・声を力を、魂をふりしぼり、残そうとする。

・下を向いて見ようとしない与吉に、咲は言いました。
・「本当は、吉十郎さんが芝居のことばかり考えいるのがくやしくて、だからこんなことしたんでしょ?」
・咲は偶然、与吉が台本を隠すのを見ていた。
・「死にそうになっていても、与吉さんには一言もなしに、お芝居のことばかりで、ひどい父つぁんよね」
・「だけど、本当は言いたかったことはたくさんあって、でも、素直に言えなくなってただけじゃないかな?」
・「与吉ちゃんと同じように」
・「父つぁんは、今、与吉ちゃんに、話しかけようとしてるんじゃないかな?」

・うつむいていた与吉ですが、咲の顔を見、そして、吉十郎の方を見ました。
・動けぬ体で、命をすり減らして、演じている。
・見せようと、残そうとしている。
・他の誰でもない、自分に。

・やがて絶叫と共に、吉十郎は倒れた。
・顔をくしゃくしゃにしながら、与吉は言いました。
・「やっ、大和屋」
・泣きながら、叫ぶ。
・「大和屋!」

・吉十郎の目にも、涙が。
・そして、立ち上がり、返す。
・「あいすま~ぬ! 与吉~ぃ!」

・「よっ、日本一!」
・与吉の声を聞いて、吉十郎の顔がほころぶ。
・すべては、伝わった。
・すべて、やりきった。

・仁は思いました。
・束の間の、延命。
・もしかしたら、延命にすら、なっていないのかもしれない。
・こうしたことで、命を縮めた可能性すらある。
・だけど、この瞬間には、長さでは語れない、命の意味がある。
・残された時間を輝かせるという、医療の意味がある。



・輝いて、輝ききって、吉十郎は逝った。
・その顔は、どこか誇らしげでした。
・すべてを受け取った与吉は、父の亡骸の前で、後を継ぐことを告げました。


・世代を超え、受け継がれてゆく芸のように、世の営みを超えていくもの。
・歴史の修正力に抗えるものを、オレも残したい。

・夕日を前にそう誓う、仁。


・思わぬことが、仁友堂で起こりました。
・偶然、咲がペニシリンを結晶化させたのです。
・消毒用のアルコールを作ろうと、高濃度のアルコールに蒸留水を加えたのですが、それは蒸留水ではなく、ペニシリンだった。
・100%近いアルコールの脱水作用で、ペニシリンが結晶化したのです。
・偶然が、奇跡を生んだ。
・あるいは、道が決まったことによる、必然か。
・ともかく、これでペニシリンの粉末化に、道が開けた。

・そんな仁に、龍馬から手紙が届きました。
・亀山社中で、ペニシリンを扱えないかという。
・不安があった仁ですが、咲に背中を押され、決意します。
・「ここで行かずにして、どこで行くのでごさいますか?」
・「これは、仁友堂の使命でございます」

・こうして仁は、長崎へ…





日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック



JIN-仁-総集編 参 命の選択 2011年 05月号 [雑誌]




あの包帯の男は、誰なのか?

ふたつの声が、重なる?





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  JIN-仁-


「タモリ倶楽部/郷土かるた大会 ワケシンノスとは?」

  • 2011/05/13(金) 12:37:11

□ タモリ倶楽部


港区南青山で はじまった、オープニング。

話題は百人一首から、カルタに。

でも、普通のカルタではありません。もちろん、ダグラム カルタでもない。

普通なら、「い」は、「犬も歩けば、棒に当たる」。

でも、今回のテーマだと「い」は、「石鎚山(いしづちやま)は、西日本一の神の山」。

このような、日本各地のカルタを紹介します。



“その地方の伝統や名所、名物などを読み込んだ、郷土かるた。今回は、一般的には知られてなくても地元の人にとっては外すことのできない札を集めて、かるた会を開催します”


「(い)で犬は歩かない 誰も知らない かるた会」


郷土かるた大会




“かるた”というのは、ポルトガル語のカルタ“carta”が語源らしい。ただし、中国から伝わった博打遊びである“樗蒲(かりうち)(かりた・ちょぼ)”から来たという説もある。


小さい頃は、正月によく遊びました。

子供用のカルタが売られていて、サザエさんカルタとか、そういうのが多かった。



さて、今回は、郷土かるたです。

進行役の渡辺祐さんの郷土は、神奈川県相模原市。

相模原のカルタは、「い」で、

「磯部城、影春勢は、総崩れ」


文明8年、上杉顕定(うえすぎ あきさだ)の家来 長尾景春(ながお かげはる)が、主君に背いて兵を起こし、磯部城に立てこもるも、文明10年に、太田道灌(おおた どうかん)の軍勢に滅ぼされた。

“上杉影春の乱”が、カルタに詠まれています。


ビビる大木さんの郷土、春日部市だと、こんなものが。

同じく「い」です。

「憩いの場、釣り人たくさん、薬師沼」

春日部市には、薬師沼憩いの家というのがあります。




というわけで、各地のご当地カルタから選ばれた札が、勢ぞろい。

郷土かるた会、開催です。


郷土かるた大会




[かるた1]


「さあ取るぞ、運転免許、試験場」


この札は、鴻上尚史さんが取りました。


これは、佐賀県佐賀市久保泉町の、ふるさとカルタ。

久保泉町では これが自慢らしく、同じカルタの中に、2首詠まれている。

もうひとつは、「す」で、

「杉ひのき、苗圃(びょうほ)跡地に、免許センター」


運転免許試験場と免許センターは、同じ敷地で、隣り合わせ。

同じ場所を、ふたつ歌っています。

佐賀県唯一の免許センターが久保泉町にあるのが、自慢らしい。

県民にとって、久保泉町=免許、というわけ。

この町には、白鬚神社もある。


タモリさんが地図で食いついたのは、“遊膳亭たか美”。

これはお食事処で、鮮魚卸会社の直営店。

ランチや御膳が、楽しめます。




[かるた2]


「ニシン、サケ、ホッケ、タラ、カニ、イカ、サンマ」


これは、北海道の北加伊道カルタ。

北海道でとれる魚の中から、北海道カルタを作る会のメンバーが好きな魚を出し合い、五七調になるまで議論を重ねた。


札をとったのは、ビビる大木さん。

ビビるさんから、「北海道かるたの『く』は、倉本聰で はじまるんですか?」との質問が出されましたが、盛り上がりませんでした。

(今日のビビるさんは、このポジション)




郷土かるた大会




[かるた3]


「メカジャ、アゲマキ、ワケシンノス、ガネ、ジャッパ」


何のこと? と思いましたが、タモリさんは有明の名産だとすぐに指摘。

札は、鴻上さんがとりました。

でも、違う「め」の札をとったので、お手付き。

でしたが、すぐに鴻上さんが目当ての札を見つけました。


これは、福岡県大牟田市の、大牟田郷土カルタ。

有明海で獲れる魚介を、方言で盛り込みました。


メカジャとは、ミドリシャミセンガイのこと。

これは生きる化石といわれ、海産資源としては有明海にしかない。

何だかモヤシみたいな形ですが、上の部分は貝で、開くらしい。

アゲマキは、アゲマキガイのこと。

ガネは、ワタリガニ。

シャッパは、シャコのこと。

ワケシンノスは、イシワケイソギンチャクというのですが、その言葉の意味は、「若い人の尻の穴」。

ワケ → わけえ → わかい?

シンノス → しりのす? (穴を「す」と呼ぶらしい)


郷土かるた大会




[かるた4]


「希望のせ、大凧(おおだこ)高く、大空へ」


ビビるさんがとった この札は、埼玉県春日部市の かすかべ郷土かるた。

春日部出身のビビるさん、面目躍如です。

毎年、5月3日と5日には、旧 庄和町で、春日部の大凧祭りが開催される。


 → 春日部の大凧あげ祭り


庄和町は2005年、春日部に合併して、今では新しい春日部市の一部に。

前は、北葛飾郡でした。




[かるた5]


「空を舞う、雄大な姿、合戦の時」


札をとったのは、なぜか、カメラマン中島さん。

急に手が伸びたので、ビックリした。


これは、新潟県新潟市の新潟郷土かるた。

同じく、凧(タコ)がテーマになっています。

白根大凧合戦というのがある。

南区白根地区と味方地区で行われる祭で、中ノ口川の両岸から大凧を揚げて絡ませ、相手の綱を切った方が勝ちになります。


 → 白根大凧合戦


カメラマンの中島さんは、白根の白根高校出身。

中ノ口川で、トラック野郎の撮影で愛川欽也さんが来ているのを見た。

これが生まれて初めて見た芸能人なのだそう。





郷土かるた大会





[かるた6]


「こどもも大人もはしゃいでる、梅津寺(ばいしんじ)には、夢がある」


これは、愛媛県松山市の まつやまカルタ。

2009年に閉園されましたが、梅津寺パークというのがあったそうです。

昭和38年にオープンした、松山市唯一のテーマパーク。

今は、梅津寺公園に。




[カルタ7]


「トンネルが、入口出口、黒木町」


福岡県八女市黒木町の、黒木かるた。

女優の黒木瞳さんの出身地です。


黒木町を横断する国道442号の東西は、トンネルになっている。

その犬山隧道(ずいどう:トンネルのこと)を入り口に、黒岩隧道を出口に、それぞれなぞらえました。


八女市は八女茶が有名で、高いものだと 10gで5万円の品も。(タモリさん談)

ビビるさんが「それだけに、やめ(八女)られない」とボケましたが、スルーされました。

タモリさんは黙っていましたが、しばらくして、「ごめん、気絶してた」と。




郷土かるた大会




[カルタ8]


「梅香る、荏柄(えがら)天神、筆供養」


神奈川県藤沢市と鎌倉市の、江ノ電沿線かるた。

荏柄天神は、鎌倉にある学問の神様 菅原道真を祀った神社。

湘南の人々は、福岡の大宰府天満宮、京都の北野天満宮と並んで、日本三大天神であると信じているらしい。

山元D は、藤沢市の出身。

(けっして、沖縄出身ではありません)




[カルタ9]


「東京の、暑さ押し寄せ、町酷暑」


埼玉県熊谷市の、あついぞ! カルタ

日本一暑い町として有名な、熊谷市。2007年には、40.9℃を記録しました。

熊谷市が高温になる理由としては、(1) 東京都心のヒートアイランド現象により暖められた暖気が、海風に乗り北上してくる。(2) フェーン現象によって暖められた秩父山地からの熱風が、上から下りてくる。これが熊谷市の上でぶつかって、高温になるのではないかといわれる。


なお、熊谷市には、“あつべえ”というシンボルキャラクターまでいます。


 → 「あつべえ」シンボルキャラクターです




郷土かるた大会





[カルタ10]


「メーンは物流、トラック団地」


群馬県前橋市の、下川淵カルタ。

トラック団地とは、昭和47年~50年に造成された前橋力丸工業団地のこと。

東京ドーム5個分の広さを有します。




[カルタ11]


「ちょっと休憩、おしゃれな街の、おしゃれなカフェで」


兵庫県芦屋市の、芦屋かるた。

これは、芦屋のマダ~ムが考えた札だそう。

おしゃれを2回重ねることで、よりおしゃれさを表現。

(でも、スタジオは爆笑。自分で言うか? と)




郷土かるた大会




さて、勝負の行方は?





都道府県かるた



名古屋弁かるた 読み手CD付き





[カルタ12]


最後の一首です。


「ローム層、赤土吹き上げ、風に舞う」


埼玉県の、彩の国21世紀郷土かるた より。

当地の博物館に連絡し、地質学者さんに聞いたところ、特にローム層を誇りに思っているわけではない、と返事をもらったそうです。



郷土かるた大会




結果は、ビビる大木さん 3枚、鴻上尚史さん 4枚、タモリさん 5枚で、タモリさんの優勝。

賞品は、なし。



最後に鴻上さんが選んだベスト・オブ・かるたが、こちら。


「メカジャ、アゲマキ、ワケシンノス、ガネ、シャッパ」

福岡県大牟田市の、大牟田郷土かるたの1枚。



次回は、タモリ倶楽部のカルタを、

という話は、無いようですね。




ツンデレカルタ



ことわざで遊ぶいろはかるた (ほたるの本)





同じイロハカルタでも、関東(江戸)、関西(上方)、名古屋(尾張)で、違うようです。


「い」なら、

江戸:犬も歩けば、棒に当たる
上方:一寸先は、闇
尾張:一を聞いて、十を知る


「に」なら、

江戸:憎まれっ子、世にはばかる
上方:二階から、目薬
尾張:憎まれっ子、頭かたし


「ほ」は、

江戸:骨折り損の、くたびれ儲け
上方:仏の顔も、三度まで
尾張:惚れたが、因果


「を」だと、

江戸:老いては、子に従え
上方:鬼も、十八
尾張:鬼の女房に、鬼神



カルタは自由度が高いから、いろいろやりやすいのかもしれません。

昔は、子供番組のカルタが、よく発売されていた。

ウェブで有名なのはダグラムかるたですが、他のカルタも、だいたいこんな感じでしたね。


 → ダグラムかるた - Google画像検索


いや、これは、抜き出ているかも。





今週の、空耳アワー。


・「ライズ・ユア・グラス/ピンク」

 → 餅を噛まない噛まない
 ( WON'T YOU COME ON AND COME ON AND )

 (執拗に餅を噛もうとする犬が、かわいい → いきなりのTシャツゲット!)

  端を噛もうとしているところから、餅の裏に何か隠しているのではないかという疑惑も。



・「ヴィヴェンテ/スーコ103」

 → 紙ねえ 紙ねえ ちょっと待って
 ( CAMINHEI CAMINHEI JA PLANTEI )

 (ツレションならぬ、ツレ便 → 手ぬぐい)



・「罪業人/ジューダス・ブリースト」

 → そこに 無いってば
 ( SOULS CALLING OUT IN THEIR PAIN )

 (この役には、この人? → 手ぬぐい)

  魂たちは、彼らの痛みで叫んでいる?



空耳 餅を噛まない





[タモリ倶楽部 関連記事]

 → 「風景印神経衰弱」
 → 「湧水(ゆうすい)」

 → 「タモリ倶楽部 アーカイブ 2011年度 前半」




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  タモリ倶楽部


「Dororonえん魔くんが、自由だ!」

  • 2011/05/11(水) 11:36:30

独特のノリで突っ走る、“ドロロンえん魔くん”のリメイク、“Dororonえん魔くん メ~ラめら”。


魂メラめら一兆℃!


オープニングも熱いけど、アイキャッチも見逃せません。

科学特捜隊の基地でスペシュウム光線の格好をする、えん魔くん。

カパエルは、ピグモン風。


また、アメリカのヒーロー風の時も。

この時、カパエルはスパイダーマン風。


またある時は、ウルトラセブンに。

この時、カパエルはカプセル怪獣ミクラスで、シャッポじいはアイスラッガーに。

雪子姫のウルトラ警備隊の服も、かわいい。

OPのパロディーで、影絵にも。



Dororonえん魔くん メ~ラめら



ゴジラのパロディーも、ありました。

えん魔くんがゴジラで、カパエルがモスラ。

雪子姫はラドンで、何と、キングギドラはハルミちゃん。


マジンガーZのパロディーもあった。

しかも、本編で、たっぷりと。

シャッポじいが、ホバーパイルダーになってた。


今後も、永井豪キャラの登場に、期待。



Dororonえん魔くん メ~ラめら



つーか、ハルミが妖鳥シレーヌに改造されたりもしたな。

うん、自由です。

この調子で、やってほしい。


Dororonえん魔くん メ~ラめら







Dororonえん魔くんメ~ラめら 1(期間限定版) [Blu-ray]



Dororonえん魔くんメ~ラめら オリジナルサウンドトラック(仮)





ちなみに、関西では明日深夜に2話放送。

26時10分から、第5話「女だらけの大ハチの巣大会!シャッポじいもおるかも?」。

26時40分から、第6話「あっと驚くゴロゴロ~」を予定。

楽しみです。



Dororonえん魔くんには、熱いパッションが、命がある!




 → 「Dororonえん魔くん メ~ラめら は昭和チック」






 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  マンガアニメ


「面子(めんつ)│JIN -仁- 第4話」

  • 2011/05/09(月) 15:06:51

<感想>

誰もが張ってしまう、意地。

頑なに守ろうとする、面子。

人は大事な何かを、守ろうとする。


長州や薩摩には、誇りがあった。

自尊心やプライド。

そこに遺恨が加わって、なお硬くなる。


恵姫は傷つき、頑なになった。

折れそうになる自尊心を守るためには、意地を張らねばならなかった。


咲は、人の道を守ろうとした。

自分だけ幸せになるわけにはいかない。

その一心で、大事な選択肢を封印した。


が、ここに、変わった男がひとり。

その人は、手術させてくれと、頭を下げた。

命を救わせてほしいと、土下座した。


この男が頓着なく折れたので、相手も折れることができた。

それがやがて薩長にも影響を与え、恵姫にも、間接的に影響を与える。


大事なことが明確になると、他は折れやすい?

命を守るために、仁は土下座をする。

日本をひとつにするために、龍馬は奮闘する。


すべきことを見つけた人は、面子にこだわらない。

本当にしたいことは、メンツを超えるから…




JIN-仁- DVD-BOX



ビッグコミック創刊物語―ナマズの意地





<あらすじ>


・1865年、冬。
・南方仁(大沢たかお)に坂本龍馬(内野聖陽)から、手紙が届きました。
・薩摩で頑張っているらしい。
・同じ土佐出身の中岡慎太郎(市川亀治郎)とも意気投合し、薩摩と長州の和解に尽力しているとのこと。
・また、亀山社中を結成し、夢に向かっていた。

・仁と橘咲(綾瀬はるか)は、先の一件で、上様と和宮様より、お礼の品を受け取っていました。
・おかげで恭太郎(小出恵介)の差し控えも解かれ、ホッとひと安心。
・仁友堂では遠心分離機が完成し、血液型が判定できるように。
・輸血への道も開けてきました。
・ペニシリンの粉末化に向け、実験もしています。

・順風満帆な仁の周辺ですが、ひとつ気になることも。
・咲は前にもましてニコニコと接してくれるのだが、時折、その笑顔が妙に遠く感じる。


・明けて、1866年。
・仁は江戸で、4度目の正月を迎えることとなりました。


・薩長の同盟を試みる龍馬は、今や幕府に追われる身。
・そこで、長州藩から護衛がつくことに。
・三吉慎蔵(DonDokoDon 平畠啓史)と東修介(佐藤隆太)。
・東は京で、龍馬と仁に命を救われていました。

・恩があるはずの東ですが、どうも様子がおかしい。
・むしろ龍馬を、恨んでいるように見えます。


・仁は多紀元琰(相島一之)から、コブ治療の依頼を受けました。
・その相手とは、川越藩主の妻 恵姫(緒川たまき)。
・徳川家の血筋です。

・仁は思った。
・この世界のどこかには、確実に、俺の先祖がいる。
・もし、俺が自分の祖先と関わってしまったら、どうなるんだろう?
・別段、何も起こらないんだろうか?
・それとも、そのことで、未来の何かが大きく変わったりするんだろうか?
・ひょっとして、俺自身の手で、俺の存在しない未来を作り出すことだって、あるんじゃないだろうか?
・だけど、それこそがもし、このタイムスリップの目的だとしたら…



・多紀と仁が近づいたことで、医学所(蘭学医)と医学館(漢方医)の距離も近くなった。
・けれどそれは上同士の話で、下の方はそうでもないらしい。
・だからこそ、ペニシリンの粉末化が期待される。
・ペニシリンが扱いやすくなれば本道(漢方)でも処方されるようになり、流派が同じだとして、蘭学と漢方は溶けあうはず。
・そう言ったのは、咲。
・咲は粉末化の実験を山田純庵(田口浩正)らに任せ、川越に治療に向かう仁のお供をすることを申し出ました。
・が、江戸時代のこと、夫婦でもない男女が共に旅をすることに、山田は驚きを隠せません。


・龍馬は、薩摩と長州を結び付けたい。
・ところが、両藩は心の底から嫌い合っている。
・そんなふたつを結びつけるのが「利」だと、龍馬は言いました。
・この場合の利とは、討幕。

・それは商人の考えだと軽蔑する東に、龍馬は違うと首を振った。
・これは、医者の考えだ。南方仁の考え。
・ペニシリンが扱いやすくなれば医学の垣根は無くなるかもしれないと、仁は言っていた。


・仁と咲は川越道中を通り、大井宿へ。
・そこで、お初(畠山彩奈)という少女に迎えられた。
・お初の手に触れた時、仁は奇妙な感覚に襲われます。
・仁とお初には、何か関係が?

・宿の手違いで同じ部屋に泊まることになった、仁と咲。
・その夜、屏風をはさんで語り合った。
・咲は言いました。
・「わたくしは先生の、おばば様のおばば様くらいでしょうか?」
・仁も返す。
・「わたしは咲さんの、孫の孫くらいですか」
・屏風をはさんで、百数十年がつながっている。


・川越藩には、込み入った事情がありました。
・現在の殿様は婿養子で、家の血筋を継ぐのは奥方様になる。
・ところが、コブが大きくなったため、ふたりの仲がうまくいかなくなった。
・奥方は尼寺に入ると言って、実家に戻ってしまったらしい。
・しかも、側室が妊娠中だという。
・このままでは、代々続いている川越藩直系の血筋が絶えてしまうかもしれない。
・そこでこの度の依頼となりました。
・コブと共に、夫婦仲もなおさねばならない。


・到着してみると、恵姫は治療を拒否。
・そこで咲は、お話させてほしいと申し出ます。

・恵姫の心を動かすきっかけになったのは、皇室と徳川家の御紋が入った櫛(くし)。
・咲は仁を、和宮様から礼を受けるほどの名医だと紹介。
・信頼を得ました。

・咲の働きもあって、診察が開始されます。
・そこで、コブが良性の治療だと判明。
・これなら手術で取り除ける。
・しかし同時に、スプーンネイルであることから、貧血も疑われた。
・もし手術中に出血すれば、失血死の可能性もある。

・仁は、輸血を提案しました。
・しかし、当時、輸血の概念はありません。
・戸惑う、恵姫。
・何とか受け入れたものの、ひとつだけ条件を。


・咲は恵姫の前で、血液型の判定を実演。
・その的確さに、仁は感心し、微笑みました。


・恵姫と血縁のある者たちを集めた仁は、事情を説明し、血液の提供を願います。
・しかし、理解されず、拒否されてしまった。

・そこに恵姫本人が現れ、心情を吐露します。
・コブをとった暁には、殿とやり直し、子をもうけたいと思っている。
・その子に受け継がれる血は、一滴残らず我が一族の血であってほしいと願った。
・それだけに(拒否されるとは)無念だ。
・幸い、この者(咲)の血をまぜてもいいらしい。
・この者は、女子ながらに才が長けて、肝も太い。
・みなの血をまぜるよりは、我が子には幸いかもしれない。

・恵姫が去ろうとしたその時、おばば様(浅芽陽子)が血の提供を申し出ました。
・この老骨でお役に立つなら、血でも骨でも、お取りください。
・どうか助太刀させてくださいませ。
・おばば様の言葉がみなを動かし、全員が血の提供を約束しました。


・そして、手術がはじまった。
・左耳下腺腫の摘出。
・診断通り腫瘍は良性でした。
・手術は、滞りなくすすむ。

・無事、腫瘍が摘出。
・そう思った瞬間、出血が。

・一瞬ひやりとしましたが、手術は問題なく終了。
・姫は無事で、輸血の必要もなかった。


・その頃、龍馬は京に。
・薩長の話し合いが、大詰めを迎えていました。

・しかし、互いに譲らず、話は物別れ寸前。
・桂小五郎(山口馬木也)は長州に帰ろうとします。
・薩摩から手を差し伸べてくれるなら、ぼくは全てを捨ててすがろう。
・だが、ぼくから薩摩に助けてくれとすがることは、できない。
・そう言って聞きません。

・一方、薩摩も折れない。
・大久保一蔵(眞島秀和)は、長州から切り出すのを待っている。
・こちらから頭を下げて盟約を結んでもらう義理は無いと、動こうとしません。

・龍馬は、西郷吉之助(藤本隆宏)に訴えかけました。
・「この腹には、南方仁に助けられた傷があるろ?」
・「死にそうになっちょった時、みんなあが腹を切るしゅじゅちゅ(手術)に反対し、おんしは一遍は、手術はいらん言うて、跳ねつけんとならんかった。ほうじゃろう?」
・「そん時に、南方仁は何をした? ん?」
・「お願いだから、おまんを助けさせてくれち、土下座をしたがじゃろう」
・「ほうじゃき、みんなあの前で、その手ぇにすがることができたち、そう言うたでないがやないかえ?」
・「そのおんしが、どういて長州の気持ちを、くんでやれんがじゃ!」


・滞在の間、仁は川越の藩医たちに、医術を教えた。
・藩医は、川越藩でもペニシリンを作りたいと願い出ました。
・恵姫は、殿に製薬所を作るように口添えすることを約束。
・また一歩、道が開けました。
・日本の医療が進もうとしている。

・恵姫は、咲にも言いました。
・「咲殿、意地を張ると、ろくなことはない」
・「のぅ?」


・説得の際、咲は皇室と幕府のご威光を借りた。
・と同時に、自分のことも話しました。
・「実は、わたくしにも、お慕いしているお方がございました」
・「もう、決して、いっしょになることはできませぬが」
・「わたくしが、意地を張ってしまったからでございます」
・「人として、張らねばならぬ意地でございました」
・「悔いはございませぬ」
・「けれど、時折ふと、思い浮かべてしまうのでございます」
・「その方と、その方によく似た子と、一緒に暮らす姿を」
・「奥方様、意地を張っては、ろくなことがございませぬ」


・仕事を終え、帰路に就いたふたり。
・子供好きな咲を見て、仁は言った。
・わたしに気兼ねしないでくださいね。
・医者になることと女性としての幸せは、両立できないものではないし、これという縁があれば、わたしのことは気にせず、結婚を。

・これを聞いて、咲の表情が変わりました。
・「わたくしの幸せは、仁友堂を未来に残すことと申し上げたはずです」
・「わたくしの幸せを、勝手にお決めにならないでくださいませ!」
・そう、めずらしく声を荒げます。
・咲は、言いました。
・「先生にだけは、おっしゃってほしくないのでございます」


・大井宿で、思わぬ事態が待っていました。
・遊んでいて転んだお初の腹に、枝が深く刺さってしまった。
・腹腔内出血を起こしており、危ない状態です。

・この時も、仁の手に電気のようなものが走った。
・なぜ、お初に触れると、このようになるのだろう?

・緊急オペがはじまります。
・輸血をし、傷をふさぐ。
・これなら助かる、そう思われた時、信じられないことが。

・激しい頭痛に襲われる、仁。
・目の前が、かすんできます。
・そして、手が消えてゆく。
・手だけでなく、体中が消えていった。

・お初を助けると、仁が消えるのか?
・仁とお初には、どんな関係が?





日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック



JIN-仁-総集編 四 奇跡の結晶 2011年 06月号 [雑誌]




今日も、内野龍馬の演技爆発。

立ちしょんはするは、東に抱きつくは(頬すりすり)、ふんどしになるは、しまいには肥溜めに全身を沈めた。

西郷の着物をむいて、下腹部を出したりもした。


面白い♪


お?

お龍役の東風万智子さんて、真中瞳さんだったのか。

カツラなんで、分からなかった。





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  JIN-仁-


「タモリ倶楽部/空耳アワード2011 後編」

  • 2011/05/05(木) 21:26:58

□ タモリ倶楽部


前回に続き、空耳アワード2011の後編です。



“この1年間で放送された空耳作品の中から、今夜ついにグランプリが決定”


「空耳アワード2011 後編」


タモリ倶楽部 空耳アワード2011 後編



まずは、マーティさんお待たせ、メタル&ラウド部門から。

部門選出に懐疑的になってしまったマーティですが、どうなるか?




[メタル&ラウド部門]


・「ノマド/セバルトゥラ」

 → あっ 腰 痛っ
 ( ECHOES IN THE )

 (そっ、そりゃそうだ)
 (秘密倶楽部「材木屋」)



・「サッカーパンチ/ザ・ワイルドハーツ」

 → うるさかばい
 ( WITH A SUCKER PUNCH )

 (騒ぐ博多っ子に、怒る博多っ子。キレよし)
 (文字だけ見たら、「うるさいばか」かと思った)



・「ヌーキー/リンプ・ビズキット」

 → オレのこと すぐ忘れる
 ( HEART IN A BLENDER AND STILL I SURRENDER )

 (この顔っ)
 (「も~っ、また忘れたぁ」)



タモリ倶楽部 空耳アワード2011



松たか子さんは、「オレのこと すぐ忘れる」を気に入りました。

役者さんのガッカリした顔がいいと。


マーティは、マキシマムのふたりに、「リンプ(ビズキット)はメタルだと思いますか?」と質問。

ナヲさんが「メタル&ラウド部門ということで…」とフォローすると、ラウド部門に入りますねと、何とか納得してくれた。

今回はクレームキャラの、マーティ・フリードマンさん。




[メガデス部門]


そのマーティも在籍した、スラッシュメタル四天王(Big 4)のひとつ、メガデス。



・「狂乱のシンフォニー/メガデス」

 → ブッ ほら屁 出ちまう
 ( BEFORE THE HEAD EXPLODES )

 (胸のボタンを押すと、屁が。誰が何の目的で、改造した?)



・「オールモスト・オネスト/メガデス」

 → もう狭い 狭すぎる 3人もいる
 ( YOU WERE SEMI SINCERE YOU SAID I'D BLEED FOR YOU )

 (この絶望感)
 (後ろの3人に、よける気なし!)



タモリ倶楽部 空耳アワード2011



作品を見て、マーティも感激。

最高! と、声を上げます。

“オールモスト・オネスト”は、マーティが弾いている曲。

作曲もしています。

しかもこの時すでに、空耳のファンだったそう。

まさか今、ノミネートされるとは!




[ワールドミュージック部門]


・「ザット・ガール/マキシ・プリースト」

 → 段差から老婆
 ( JUST THE KIND OF LOVER )

 (はっきり聞こえる!)
 (老婆に段差からスタートさせる暴挙)

 (段差の隙間から老婆が出てきたら、怖いよね)



・「カヌート・ファンダンゴ/ジプシー・キングス」

 → あら ポッケの中から千円
 ( A LA PUERATA D'UNA CARCERA )

 (なぜか、旧札。でも、うれしい)



・「あなたなしで/トニューニョ・オルタ」

 → 買っちゃおうぜチヂミ
 ( NUNCA TE AUSENTES DE MIM )

 (えらくしっとりとハミング)



タモリ倶楽部 空耳アワード2011



なぜか旧千円札に食いつく、マーティ。

もう、島根生まれのくせに。





[特別企画(3)]


ここで特別企画が。

“投稿ニュースター誕生 六車昌史”


ここ1年で急成長した常連投稿者です。

昨年まで常連のトップだった高橋力さんが今年の採用数 4なのに、六車さんは今年 17。

ものすごい勢いだ!


ここで、情熱大陸のBGM が。


“投稿ニュースター、六車昌史。
 かなりのオタクが予想されるが、
 その人物像を確かめるべく、
 スタッフはおよそ東京から600㎞離れた
 兵庫県は加古川市まで向かった”


(予算のないタモリ倶楽部が、加古川まで!)


駅前や商店街を訪れた、スタッフさん。

おっ、ヤマトヤシキが映ってる。

かつめしも紹介します。

つーか、髭の山元豊洋さんだった。

山元D、かつめしを完食。


そしてついに、六車さん宅へ。

なかなかきれいな家です。

瀟洒(しょうしゃ)な一軒家。


呼び鈴を押すと、男性が出てきました。

六車昌史さん、38歳。

胸元には、クロムハーツのアクセサリー。

鼻にはピアスが。

(あれ? オタクじゃない)


室内は掃除が行き届いています。

てっきり独身だと思ってましたが、既婚者でした。

奥さんはケーキ職人。パティシエです。


六車さんが空耳にはまったきっかけは、たまたま見つけて送ったら採用された、ということらしい。

ちなみに初採用作品は、こちら。


・「ユー・ドント・ノウ・マイ・ネーム/アリシア・キース」

 → あっ 後からすぐにドーナッツもらう
  ( UH I FEEL KINDA SILLY DOIN' THIS BUT UH )



六車さんは音楽ライブラリーを、すべてパソコンでデータ化している。

現在、7千にも及ぶ楽曲を、どこでも聴けるようにしているらしい。

そんな六車さんのモットーは、“一日一空耳”。

自宅の額には、ゲットした手ぬぐいに耳かき、Tシャツが飾られていました。

そして今年中にジャンパーをゲットするのが目標です。


タモリ倶楽部 空耳アワード2011

(1) 六車さんの想像図(左上)
(2) 加古川名物 かつめし(右上)
(3) ゲットした賞品(左下)
(4) あっ 後からすぐにドーナッツもらう(右下)



そんな六車さんの名作空耳が、こちら。



・「ダークネス/エアロスミス」

 →聴いてない
 ( KEEP TONIGHT )

 (エア ノリノリ)



・「アイム・ザ・マン/アンスラックス」

 →みりん? ぽいな ぽいな
  MEANING POINT NOT POINT NOT

 (ここまで共感を呼ぶ みりんに脱帽!)
 (秘密クラブの、調味料当て?)



タモリ倶楽部 空耳アワード2011



想像していた人物像と違うと、タモリさんたちも漏らしました。

また、投稿が名作ばかりだと、NIGOさんも絶賛。




[特別企画(4)]


次の特別企画は、空耳ロケ地紀行。


空耳でよく使うロケ地があるそうなのですが、その中でも名作が生まれる場所がある。

そんなロケ地を紹介していったら、観光地になるかもしれない。

そういった趣旨で、ロケ地を巡ります。




ロケ地 (1)


・「夢で逢いましょう/ロス・デル・リオ」

 → ハダカで 頼んだ
 ( PALA CARRETA ADORNA )

 (一応、注文 受けるのか)



肝心のロケ地は、都道415号線沿いにあるラーメン屋さん、“盛雲亭”(せいうんてい)。

今年で創業28年目を迎える、知る人ぞ知る人気店だとか。

一番人気のメニューは、チャーシューメン 850円。

ご主人はヤクルトスワローズの大ファンで、店内にはサインボールも。


そんな盛雲亭を舞台にした名作が、こちらにも。



・「我が心のジョージア/マイケル・ボルトン」

 → 餃子 水餃子 のりたま
 ( GEORGIA SWEET GEORGIA NO PEACE I FIND )

 (歌い上げたね~~)



盛雲亭は本当に有名らしく、タモリさん、近田春夫さんも知ってました。

チャーハンに瀬戸内海のふりかけをかけると、おいしいらしい。

(のりたま ではないのか…)


そして収録現場に、ご主人の姿が。

何と、チャーシューを持って来てくれた。

みなさんで舌鼓を打ちます。



タモリ倶楽部 空耳アワード2011




ロケ地 (2)


・「メイルボックス・アーサン/アレクシスオンファイアー」

 → 嫁 ブサイクでした 嫁 ブサイクでした
 ( YOUR MAIL'S NOT SAFE IN THIS TOWN ×2 )

 (子供のはしゃぎようと、大人の狼狽ぶり)



この作品のロケ地は、麻布十番の“東京さぬき倶楽部”。

もともとは香川県の県民会館としてオープンしたが、2004年の民営化で、誰でも宿泊や宴会に使用できるようになった。

高級感あふれる館内には様々な施設があって、中でも、併設されているレストラン“讃岐うどん”、そこの本格的な釜揚げうどん(700円)が評判を呼んでいるそうです。

讃岐の製麺所から毎日、生麺を空輸してもらっているそう。

冬場の一番人気は、カレーうどん(900円)。




こちらの名作は他に――


・「ライヴ・ワイヤー/ AC/DC」

 → あだ名がラーメンライス
 ( HOTTER THAN THE ROLLIN DICE )

 (忘れるようなキャラしてないぜ)



タモリ倶楽部 空耳アワード2011



実は、マキシマム ザ ホルモンのダイスケはんは、香川県出身。

だから、東京さぬき倶楽部も知っていた。




ロケ地 (3)


・「ストレンジャー/ビリー・ジョエル」
 → 3人粘ってる
 ( SOME WE NEVER TELL )

 (こっ、これは、何プレイ?)



ロケ地は、曙橋から徒歩5分の“田中スタジオ”。

便利な立地にあるという。

ここはテレビ番組の再現VTR や Vシネマ、AV撮影などに利用される、名門スタジオ。

そんな中、タモリ倶楽部のスタッフが目をつけたのが、殺風景な倉庫。

もともとはスタジオとして貸し出してない空間なのだそうです。



そんな田中スタジオの倉庫で撮影された名作が、こちら。



・「ラヴドライヴ/スコーピオンズ」

 → ジャージとカツラ 盗み忘れた 戻れ
 ( A GIRL TO DRIVE A CAR TO LOVE. THE MUSIC ROCKS ME DOWN THE MOTORWAY )

 (倉庫が、アジト風に使われている)


・「ゲット・ファンキー・ワン・モア・タイム(パート1)/J.B'S」

 → うわー 何か すっぱい
 ( BOY I LIKE THAT SPANK )

 (こちらはアジトで、拷問)



タモリ倶楽部 空耳アワード2011



マーティによると、スコーピオンズの「ジャージとカツラ 盗み忘れた 戻れ」の発音はすごくドイツ人っぽい、そう。

あまりに発音が面白すぎて、アメリカでウケたのだそうです。

アメリカ人的には、すごくヘンな発音らしい。




[ディーヴァ部門]


歌姫たちの空耳を聴け!

ディーヴァとは、イタリア語で歌姫のこと。



・「トゥルー・カラーズ/シンディ―・ローパー」

 → 通過列車が来る
 ( TRUE COLORS SHINING THROUGH )

 (えらく、しっとりと歌った)



・「メモリー・レーン/ミニー・リパートン」

 → 飛んだんです
 ( DON'T LET THIS )

 (女性の緊迫感が、声に)
 (つーか、よく軽傷ですんだ)



・「グラム/クリスティーナ・アギレラ」

 → 吉田 吉田 弓子
 ( NOW SNAP NOW SNAP HERE WE GO )

 (吉田のフィーバーだと、何が出るのだろう?)



タモリ倶楽部 空耳アワード2011





[アンダー部門]


アンダーって、何だ?



・「雨/ジリオラ・チンクェッティ」

 → チンポコ 出てるね
 ( C'È UN FUOCO DENTRO ME )

 (そのアンダーかっ!)



・「トンデレヨ/ビョーク&トリオ・グズムンダル」

 → でっけえ男性器 飛んでるよ! 飛んでるよ!
 ( DRUKKIO DANSAO OG KYSST TONDELEYO TONDEREYO )

 (確か、パイプカットの回に放送された空耳だ)



タモリ倶楽部 空耳アワード2011



みなさん脱力の、アンダー部門。

VTRが終わると、ひどい! との声が。






さて、30作品が紹介されましたが、空耳アワード2011 グランプリに輝くのは、どの作品だ?





い~じゃん!J-POP -だから僕は日本にやって来た- マーティ・フリードマン



初音ミク/Blu-ray 「ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。〜」





そうそうたるメンバーが審査した結果ですが、それが書かれているのが、使い古しの紙。

ここらへんも、タモリ倶楽部らしい。


2011空耳アワード、最優秀作品は、こちら。



・「旧友/サイモン&ガーファンクル」

 → 坊さんの乱闘
 ( FALLS ON THE ROUND TOES )


タモリ倶楽部 空耳アワード2011



最優秀作品には、A BATHING APE 特製 空耳ジャンパーが送られます。


全体のレベルの高さに、ジャケットを作ったNIGOさんも大満足。

松たか子さんからは、教育テレビに持っていこうという意見も。





ぶっ生き返す



電撃的東京





みなさんおっしゃっていたように、今年はレベル高いですね。

ハズレなしだ。


ということは、六車さんが貢献してるってこと?

しかも、同じ関西とは。

高橋力さんの活躍も期待しつつ、両者の戦いも見たい。


さて、ジャンパーを先に勝ち取るのは、誰だ?



 → 「空耳アワード2011 前編」





[タモリ倶楽部 関連記事]

 → 「空耳アワード2010」
 → 「空耳アワード2012」

 → 目次 アーカイブ 2011 後半




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  タモリ倶楽部


「行く道│JIN -仁- 第3話」

  • 2011/05/02(月) 13:31:17

<感想>

未来は人間には見通せないので、これが困る。

神は乗り越えられる試練しか与えないにしても、ぎりぎりのように思える。

耐えられるのが確定していれば堪えようもあるけれど、未来は見えないので、不安にもなるし、あきらめたくもなる。

つまるところ、絶望しかける。


そんなぎりぎりで、神は試すのだろうか?

その先に、神は、何を求めるのだろう?


ひょっとするとそれは、特別なことではないかもしれない。

運命でも、奇跡的なことでもなく、自分の道を決めること。


○○したいや、○○するを、明確にする。

仁は自分の考えを、龍馬に話しました。

具体的に、こうしたいと。


また、その近くで、野風の道や、咲の道も、生まれようとしている。

仁を中心として、彼女らの道も、明確になる。


道を歩けと、神は言っているのだろうか?

自分の道をと…




JIN-仁- DVD-BOX



道【淀川長治解説映像付き】 [DVD]





<あらすじ>


・皇女和宮(黒川智花)毒殺の嫌疑をかけられ、南方仁(大沢たかお)と橘咲(綾瀬はるか)は、牢送りに。
・大牢に送られた仁は、賄賂を拒否したため、牢名主(宇梶剛士)たちから執拗に痛めつけられます。

・そんな中、牢名主が苦しみだした。
・耳に虫が入ったのだという。
・仁は耳に油を垂らして虫を殺し、牢名主を救いました。

・一方、仁友堂を出た野風(中谷美紀)は、横浜港崎町で、遊郭の門の前に立つ。
・仁を救うにはお金がいる。
・自分がいま稼ぐには、これしか。
・と、その時、野風の肩をつかむ者がありました。


・勝海舟(小日向文世)のもとを訪れた、橘恭太郎(小出恵介)。
・仁を救うため、京に上り、ある人物の協力を仰ぐことに。


・だんだんと牢内のことを理解していく、仁。
・牢内にはいろんな役割があって、階級が存在している。
・ここにも支配する者と、される者が。
・最下層は平囚人であり、1枚の畳に4人が寝起きする状態。
・これでは横になることもできず、24時間座ったままになる。

・その大牢に差し入れが届きました。
・しかも、仁の宿の者からだという。
・差し入れの皿には金が乗っていました。
・全部で、100両にもなる。
・こんな金を出せるのは、浜口儀兵衛(石丸謙二郎)か?
・でも、今は、分からない。

・ツル(賄賂)が入ったことで、牢名主は仁を役付きにすると言い出しました。
・が、これを仁は拒否する。
・役はいらないので、みんなの畳を敷きつめてほしいと。

・そんな願いは通るはずはなく、逆に窮地に。
・牢名主は、仁が死ねば新しい役に付ける者が出ると、平囚人たちを煽ります。

・しかし、囚人たちはもう我慢ならなかった。
・人を殺すのはもう嫌だと、牢内で反乱が起きます。
・そしてその際、胸をつかれた牢名主が気を失う。

・仁が心臓マッサージを行い、牢名主は命をとりとめました。
・その様を見て、穴の隠居(佐藤蛾次郎)ら囚人たちは言った。
・お前さまは、仏じゃ。

・こうして、大牢には新しい秩序が。
・畳を敷きつめ、平等に寝ることに。


・仁はそこで、自身に対する疑惑を耳にします。
・医者なら、本来、揚がり屋のはず。
・はめられたのではないかと。

・これは、陰謀?
・だとすれば、このまま、闇に葬り去られるのか?

・仁は、思う。
・現代に戻れる最後のチャンスを、オレはふいにしてしまったのかもしれない。
・だけど、何一つ動くこともできないなら、信じよう。
・今まで何度も自分を救ってくれた、江戸の人達の善意を。
・神は、乗り越えられる試練しか、与えないはずなのだから。



・坂本龍馬(内野聖陽)と恭太郎が京で会ったのは、新門辰五郎(中村敦夫)。
・彼は江戸火消しの大人物で、仁とも縁がある。
・そして、一橋慶喜とも、親交がありました。
・龍馬らは、辰五郎に口をきいてもらい、慶喜公の力を借りようとしたのです。


・大牢で囚人を診察する、仁。
・そこに呼び出しがかかりました。
・見ると、囚人たちが、みな頭を抱えている。
・仁は、どうなってしまうのか。

・そして驚愕の事実が、松本良順(奥田達士)から、佐分利祐輔(桐谷健太)に伝えられます。
・安道名津の一部から、ヒ素が見つかってしまった。
・毒殺で一つだけというのはおかしいのですが、このまま刑が確定してしまう可能性も。

・仁は、拷問を受けることになってしまいました。

・責任を感じた福田玄孝(佐藤二朗)は、多紀元琰(相島一之)のもとに駆けつける。
・そして公正な取り調べをと訴えました。
・が、憤慨した多紀に、追い返されます。


・厳しい拷問で消耗してゆく、仁。
・薄れゆく意識の中で、考えます。
・これは神の手によって、巧妙に仕組まれた罠で、抗う余地などない出来事なのだろうか?
・だとすれば、できることは、せめて、咲さんを道連れにしないこと。
・この身一つに、罪を背負うことじゃないだろうか?
・せめて、できることは…


・自白しかけた仁に、奉行所から呼び出しがかかりました。
・既に沙汰は決まっているという。
・死罪ということだろうか?
・仁は己の刑より、咲の身を案じました。


・仁が運ばれる中、龍馬と恭太郎が江戸に戻った。
・手には、慶喜公の一筆が。
・しかし、それは偽物だとして、取り合ってもらえなかった。

・龍馬は必死に訴えます。
・その先生は、江戸の街をコロリから救ってくれた。
・火事場では火に巻かれながら、江戸の民を救ってくれた。
・みんなの親兄弟の命を救ってくれたのは、先生だ。
・「こん国は、いつからそんな、恩知らずになったがじゃ!」
・しかし、そんな想いも、聞き入れられない。


・お白洲で告げられたのは、仁の無罪。
・その場で、放免されます。

・訳が分からない仁を、咲と仁友堂の仲間が迎えました。
・仁のために祈っていた咲もまた、やつれている。
・咲は仁の足元にすがり、泣きました。
・そして、懸命に笑顔を作って、聞く。
・「今宵は、何をお食べになりとうございますか?」

・仁は、揚げ出し豆腐を、たのみました。
・咲の、揚げ出し豆腐。

・みなが抱き合って、仁の無事を喜ぶ。
・仁も、声を上げて、泣きました。


・後日、仁は無罪になった経緯を知ります。
・宮様が使った茶碗から、ヒ素が出たのだという。
・ただ、容疑者の奥女中は、自害してしまった。
・黒幕は不明のままです。
・そして茶碗を探したのは、医学館の多紀だと聞かされた。

・多紀を訪ねる、仁。
・礼を述べるとともに、ペニシリンの製造法を提供しました。
・他に礼もできないし、本道の医師にもペニシリンを使えるようになってほしいからと。
・この国の医療のためにも。

・その代り、福田先生だけは返してほしいと告げて。


・黒幕は、三隅俊斉(深水三章)。
・野風のガンを見抜けず、仁に面目を潰されたことを恨んでいたのです。
・しかし、このことを、誰も知らない。


・ただ気になるのは、賄賂の出どころ。
・ツルを払ってくれたのは、誰なのか?

・山田純庵(田口浩正)は、野風ではないかと言いました。
・冷たくして去って行ったのは、止めさせないためではないかと。

・野風を探そうとした矢先、本人が現れました。
・西洋の服に身を包み、馬に乗っている。
・みなは、目を丸くします。

・仁の賄賂を工面するため、身売りしようと横浜の遊郭を訪ねた、野風。
・そこで、貿易商ジャン・ルロンの手の者に、声をかけられた。
・何でも、ずっと野風を探していたらしい。
・ルロンは身請けを申し出、やがて結婚したいとプロポーズ。
・流龍とは、龍馬ではなく、ルロンの当て字でした。

・面白くないのは、想いを寄せていた、龍馬。
・でも、野風はルロンを頼もしい人だと言い、
・一緒にいるといつの間にか笑っているのだと、微笑む。
・聞いてられない龍馬は、どこかに行ってしまいました。

・野風は、仁に言いました。
・「あちきはこれより、女子(おなご)の幸せはすべて、手に入れるつもりでおりんす」
・「ゆえに、これより先の心配は、ご無用でありんす」
・「先生も、我が身のお幸せだけを、お考えください」

・その言葉を、咲は複雑な面持ちで、聞いていました。


・旅立ちを見送る、仁と仲間たち。
・野風は咲に、こう言いました。
・「せっかくお助けできた、おふたりでありんす」
・「あちきのためにも、幸せになってくださんし」
・「先生と幸せになると、約束してくださんし」
・そう言って、咲の手を握った。


・こうして野風は、旅立っていきました。


・仁は咲を、外に連れ出します。
・そこでまず、殺されそうになった時に未来に戻れそうになったと、話した。

・でもその時、戻りたくないと思ったと、仁は言う。
・未来(みき)に会えなくなるより、咲に会えなくなる方がつらいと思ってしまったと。

・戻りたくないと思っても、いつか戻されるかもしれない。
・そんな人間が、こんなことを言っていいのか、分からない。
・そう前置きしてから、仁は言いました。
「咲さん、わたしと一緒になってもらえませんか」


・咲はその申し出を、断りました。
・「わたくしの幸せは、先生と一緒になることではございませぬ」
・そうはっきりと、言った。
・「わたくしの幸せは、後の世に、仁友堂を残すことでございます」
・咲は、仁がいつか戻る世のことを考えているのが、情けなく感じることがあったという。
・それはなぜかと自分に問うと、仁が戻る未来に、自分がいないからだと思った。
・ならば、残せばいいと思ったと、咲は話します。
・「わたくしたちが、束の間、先生と生きた日々を」と。
・先生はきっと戻るし、いつか消える人と人生を共にする勇気はありません。
・親不孝ばかりだから、せめてお相手は、母も兄も喜べるお相手と、と思っている。
・これからも先生の弟子としてできる限りのことをするので、これからもよろしくお願いします。
・そう言って、咲は去りました。

・が、もちろん、本心ではない。
・恭太郎を前に、咲は泣きだしてしまいます。
・「わたくしだけ、幸せになど、なれるわけがないではございませぬか」

・野風の気持ちを知る咲は、自分だけ幸せになることに、後ろめたさを感じた。
・そして仁は、そのことを知らない。


・ふられた仁ですが、みんなを幸せにしたいと思う気持ちは変わりません。
・だったら、やることは、ひとつだ。
・全力で今を生きる。
・自分自身の志をもって、この時代の明日を変えていくんだ。



・龍馬は、しばらく薩摩藩の世話になるという。
・これを足ががりに、ゆくゆくは薩摩と長州を結びつけるつもりだと、語りました。
・そうすれば、この国を変わらせることができる。

・龍馬を見送る際、仁は自分のこれからを語りました。
・それに、龍馬は驚く。
・先生が聞かれもしないのに自分の考えを話すのをはじめて聞いた、と…





日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック



JIN-仁-総集編 四 奇跡の結晶 2011年 06月号 [雑誌]





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  JIN-仁-



ブログパーツ