なでしこの先駆者、人見絹枝、稲田悦子/ビーバップ!ハイヒール

  • 2012/07/27(金) 16:07:38

初の日本女子メダリスト、人見絹枝。戦争に翻弄された妖精、稲田悦子。なでしこジャパンのルーツは、神戸にあった? 福住女子サッカースポーツ少年団。

なでしこにバトンを渡した先駆者たちのドラマ。



ABC朝日放送 ビーバップ!ハイヒールより。

2012年7月26日放送、「ロンドン五輪開幕直前! 知られざる涙の“なでしこ” 物語」


ゲストブレーン:小松成美さん。(ノンフィクション作家)



なぜあの時あきらめなかったのか (PHP新書)




□ ロンドン五輪と なでしこたち


7月27日、ついにロンドンオリンピックが開催されます。参加する日本人選手は、男子が137名、女子が156名の計293名。同行する役員数が221人といいますから、514名の大所帯です。

その中でもひときわ注目を浴びているのが、昨年女子ワールドカップで優勝した「なでしこジャパン」。開会式を前に行われた予選リーグでは、世界ランク7位で対戦成績も3勝3敗3分という強敵、カナダを 2-1 で見事下して、好発進。

さらに、男子日本代表 関塚ジャパンも、これに続きました。優勝候補の一角スペインに、1-0 で勝利。好発進を見せた。一部ではこれを、グラスゴーの歓喜と呼ぶほどです。

これに続きたい、日本人選手、日本チーム。中でも今回は、女子選手に注目します。

女子バレー火の鳥NIPPON、女子レスリングの絶対王者 吉田沙保里 選手、体操の田中理恵 選手、神戸が生んだ全日本王者 ウエイトリフティングの八木かなえ 選手、卓球の福原愛 選手、石川佳純 選手、平野早矢香 選手など、活躍が期待されます。


世界を舞台に輝く、なでしこたち。夏季に冬季にと、女子選手の活躍が目覚ましいですね。2000年のシドニー五輪では、高橋尚子 選手が金メダルを獲得。これは日本陸上界初の金メダルでした。同じく2000年のシドニー五輪、柔道で田村亮子(当時)選手が3度目のオリンピックで悲願の金メダルを獲得。また、2006年のトリノ五輪では、荒川静香 選手が華麗なるイナバウアーで観客を魅了し、オリンピックフィギュア史上、日本人初の金メダルを手にしました。

このように世界で輝く、日本の女子選手たち。しかし、今のように花開くまでは、我々の知らない壮絶なドラマがあったといいます。




□ 時代を切り開いた人見絹枝


現在、活躍が目覚ましい、日本女子選手。では、日本の女子選手で初めて五輪メダリストなったのは、誰でしょう?

1928年といいますから、今から84年前。アムステルダム五輪で、人見絹枝 選手が女子800メートル走で銀メダルに輝いています。

ところがところが、この人見絹枝 選手は100メートル走1本に絞っていたのだという。100メートル走と800メートル走では、まったく違う競技といってもいいぐらいです。そこにはどんなドラマが隠されていたのでしょうか。


1992年のバルセロナ五輪。有森裕子 選手は女子マラソンで、銀メダルを獲得した。日本中が歓喜に沸きましたね。その有森選手がバルセロナから帰国し、真っ先に向かったのはお墓でした。彼女の胸には、秘めたる想いがあったのです。

そのお墓に眠るのは、日本人女子で初めてオリンピックメダリストとなった人見絹枝。1928年のアムステルダム五輪、女子の参加が初めて認められたこの大会で、日本人女子で出場したのは彼女ひとりだけでした。


女学校時代、テニス選手として活躍していた人見絹枝。1923年の岡山女子体育大会で、走り幅跳びに出場。非公認ではあったものの、日本記録で優勝します。翌年から、二階堂トクヨの指導を受けるようになり、これも非公認ながら、3段跳びで当時の世界記録を出したという。

体操教師となった絹枝は、陸上競技会に参加し、数々の記録を残す。1926年には、大阪毎日新聞社に入社。砲丸投げ、走り幅跳びなどで、日本記録を叩きだした。また、8月には、第2回万国女子陸上競技大会に出場。この時、走り幅跳びでは世界記録で優勝。立ち幅跳びも優勝。円盤投げで2位。100ヤード走で3位になるなどし、個人得点で15点を獲得。会長特別賞を受けました。

1927年5月、200メートル走と立ち幅跳びで、非公認ながら世界最高を記録。6月には100メートル走で、当時の世界タイを記録しました。10月にも同じタイムを叩き出している。


こうして迎えた1928年、第9回オリンピック・アムステルダム大会。エントリーしたのは女子個人種目の全て、100メートル走、800メートル走、円盤投げ、走り高跳びだった。ただし事実上は、100メートル走1本に絞っていたといいます。

その100メートル走の予選。人見絹枝 選手は、見事、1着で突破。しかし、続く準決勝、なんと4着で敗退してしまいます。こうした経緯があって、彼女は翌日の800メートル走に出場することを決めた。とはいえ、競技会で800メートルを走ったことは、一度もありません。まさに、未知へのチャレンジだった。

8月1日に、予選を通過。そして迎える、8月2日の800メートル走決勝。短距離走者の人見絹枝 選手は、スタートと同時にトップに躍り出た。しかし、そんなペースが持つはずがありません、200メートルを過ぎたあたりで、順位を落としていった。それでも歯を食いしばる、人見選手。残り200メートルで限界を超える中、気力の限りを尽くして、猛然とスパートをかける。

結果は、2着だった。この瞬間、日本人女性初のメダリストが誕生しました。

この時、人見絹枝 選手は、残り15メートルで意識を失い、そのままゴールしたのだという。また、1着となったドイツのラトケ選手も、ゴール後失神。壮絶な勝負となりました。


このように立派な成績を残した人見絹枝 選手ですが、世間からの風当たりは強かったのだという。「人前で太ももをさらすなんて、みっともない」「男勝りな振る舞いは日本女性の個性を破壊する行為だ」などと、実家にまで抗議の書簡が届けられたという。当時はスポーツをする女性、特に女子陸上には、今では考えられないほどの偏見があったようです。

でも、絹枝は負けなかった。「いくらでも罵れ。私はそれを、甘んじて受け入れる。しかし、私の後から生まれてくる若い選手には、指一本触れさせない」。記事にそう書くほど、決意は固かった。


以後も、人見絹枝 選手は、日本女子オリンピックや国際女子競技大会などに参加。選手として試合に出る一方で、新聞記者として、女子選手に取材を行った。また、後進の育成、講演会なども こなしたという。

しかし、その生活は、あまりにも過酷でした。1930年、9月6日から9月21日の間に、国際女子競技大会を含む5つの競技会に参加(いずれも海外)。その後も仕事や募金のお礼に忙殺され、1931年3月に、吐血します。肋膜炎だった。入院するも、肺炎を併発。

1931年8月2日、人見絹枝、肺結核で死去。24歳という、あまりにも早い死だった。

そしてこの8月2日という日は、アムステルダムで銀メダルを獲得したのと同じ日だったのです。



しかし、人見絹枝の想いは、次の世代の女子選手たちに、つながれていきました。有森裕子 選手もまた、そのうちのひとりだったのです。

有森選手は、人見絹枝と同じ、岡山県出身。彼女の祖母は、女学校で人見絹枝の1年後輩でした。有森は祖母から何度も、人見の情熱を聞かされていた。そのため、常に人見の写真を持ち、心の支えにしていたのだという。

1992年、バルセロナ五輪。有森裕子は女子マラソンで、銀メダルを獲得。人見絹枝 以来、日本女子選手2つ目の銀メダルでした。そしてその日は、人見絹枝が銀メダルを獲得した日、また彼女の命日でもあった。(ただし、現地バルセロナでは8月1日)




□ 女子フィギュアの先駆者 稲田悦子


2006年、荒川静香が日本女子フィギュアに、念願の金メダルをもたらした。しかし、その栄光までに日本女子フィギュアは70年もの時を費やしていたのです。


荒川静香 選手の快挙から、70年前。たったひとりで戦い続けた「なでしこ」がいました。彼女の名は、稲田悦子

1936年、ガルミッシュ五輪(ドイツ)。若干12歳での出場でした。順位は26人中の10位でしたが、その演技は観客を魅了。優勝したソニア・ヘニーも、稲田の時代が必ず来るとコメントしたという。しかも、次回の五輪は札幌での開催。メダルの可能性が高まります。また、ヒトラーと握手するというエピソードまであった。

しかし、1937年、日中戦争が勃発。その影響で、札幌五輪は中止に追い込まれました。2度目のオリンピック出場、そしてメダル獲得は、夢と消えてしまった。それでも次回のオリンピックにとあきらめない彼女でしたが、1941年には太平洋戦争がはじまりと、戦争が泥沼化。スケートリンクも閉鎖に追い込まれました。

この時、稲田は、六甲山頂に張った氷の上で練習したという。いつか世界の舞台で踊れる日が、きっと来る。そう信じて疑いませんでした。


1945年、ついに終戦を迎える。1951年には全日本選手権女子シングルで優勝を果たし、いざ世界の舞台へ。世界フィギュアスケート選手権、イタリア大会。この時、稲田悦子は28歳になっていた。そして、とても環境が整っているとはいえない状況でした。

戦後でまだ物資が乏しい、日本。まず、ステージ衣装が揃えられません。そこで彼女と両親は、布団カバーを染め直し、衣装を作りました。タイツもないので、男用のモモヒキで代用した。シューズも、バレーボールシューズを改良。

でも、稲田悦子は下なんか向いてなかった。これでまたようやく、世界のひのき舞台に立つことができる。15年もの間待ちわびた、念願の瞬間です。

結果は、23人中、21位でした。代用の衣装とモモヒキを見て、観客席からは笑いが漏れたという。全盛期を戦争によって奪われ、世界の潮流からも取り残され、よい結果が残せぬまま、彼女の選手生活は終わったのです。


そして現在、日本女子フィギュア選手の活躍は目覚ましい。世界を相手に、勝ち続けます。その陰には、引退後にコーチとなり、指導してきた稲田悦子の姿がありました。彼女は選手たちに、「日本人だからこそ表現できる、おしとやかで華麗な滑り」を求め続けたという。

そして、2006年。荒川静香 選手は、あでやかで華麗な滑りで、世界を魅了した。まるで、稲田悦子の想いを受け継ぐように。

若干12歳の少女が観客を虜にしてから、70年後のことでした。また、彼女が亡くなってから、3年が経っていた。


指導者となった稲田は、教え子たちにこう言っていたという。「オリンピックに出場することに意義があるというのはウソ。1回きりのチャンスに全力で戦って、金メダルをとりなさい」




□ 元祖 神戸のなでしこたち


1964年、東京五輪。サッカー日本男子が、強豪アルゼンチンを 3-2 で撃破した。その活躍により、日本国民がサッカーに注目しだしたという。

そんな時代に、サッカーに心を奪われた少女たちがいました。神戸市灘区、福住小学校6年生の女の子たち。彼女たちの想いは、サッカーを観戦することではなく、サッカーをプレイすることでした。

さっそく男子に混ぜてもらおうとしますが、門前払い。そこで女子生徒たちは、校長室へと向かった。この直談判をきっかけにして、1966年、「福住女子サッカースポーツ少年団」が誕生しました。日本女子初のサッカーチームだったという。

またこの年、神戸でもうひとつの女子チームが生まれた。「神戸女学院中学部女子サッカーチーム」。1967年、王子陸上競技場で、この2チームが対戦。これが、日本初の女子サッカーの試合となりました。(ちなみに試合結果は、1-0で福住小チームの勝ち)


この試合に感銘を受けた男がいた。名前を、蔵力(くら つとむ)という。少女たちの情熱の中に、女子サッカーの可能性を見ました。

1968年、メキシコ五輪で日本は、釜本邦茂 選手を擁するサッカーチームが銅メダルを獲得。日本におけるサッカー人気は過熱したという。蔵はこの時、日本女子サッカーリーグの設立に動いた。目標は、世界です。

しかし、道のりは平たんではありませんでした。知名度の低い女子サッカーに、公共のグランドを貸してもらえない。そのため学校を1軒1軒まわり、グランドを借りられるようにと頭を下げました。

ただ、こうした地道な努力の甲斐あって、1974年、関西女子サッカーリーグが設立された。その数なんと、24チーム。さらに躍進は続く。1975年、兵庫県尼崎で、日本初の女子東西対抗戦が。1979年には大阪長居で、第1回全日本女子サッカー選手権が開催。

そして迎えた1981年。初の女子日本代表チームが選抜された。さらに、国際試合が神戸で行われました。相手はサッカーの母国、強豪イングランド。結果は 0-4 と完敗でしたが、女子サッカー熱は関西から全国へと広がっていったという。

1989年には、念願の日本女子リーグが設立。1993年、Jリーグが開幕した年には、澤穂希 選手が代表入り。当時、まだ15歳。もうすぐ世界に手が届く。夢が現実に近づこうとしている。そう思えた頃だった。


しかし、ここから苦難がはじまる。1998年、バブル崩壊。この影響で、スポンサーが次々に撤退。女子サッカーは、リーグ存続の危機を迎えた。ついには、撤退論まで出るほどに。

ここで蔵たちは、思い切った行動に出ました。まずは経費削減のため、運営費や遠征費用の一部を、選手たちに負担してもらった。さらには体調管理を行うチームドクターを撤廃し、選手同士で体のケアをすることにしました。驚いたのが、試合観戦料の無料化。有料開催しないことで、会場使用費がほぼタダになるのです。

このようにして、スタッフと選手は一丸となって、努力した。血がにじむほどの改革に取り組みました。すべては、女子サッカーの灯を消さないために。


2005年、日本サッカー協会も力を入れます。川淵チェアマン(当時)は、女子ワールドカップの日本開催、さらにはそれまでに世界一にすると宣言。女性監督の育成、プレイヤーの強化育成にも力を入れ始めた。


そしてついにあの日がやってくる。2011年、第6回FIFA女子ワールドカップ、ドイツ大会。日本のなでしこたちは、舞い落ちる黄金の紙ふぶきの中で、ワールドカップを掲げていた。

神戸で無邪気な女の子たちが結成した、サッカーチーム。すべては、あの日から始りました。

番組では、1966年 福住小のメンバーが再集結。運動場で、サッカーボールを蹴ってくれました。彼女たちこそが、なでしこジャパンのルーツ。そして現役選手のロンドンでの活躍を、熱く願うのでした。





KINUEは走る―忘れられた孤独のメダリスト





□ その他


人見絹枝は初めての800メートルに際し、レース直前、マッサージしながらコーチとある作戦を立てた。それは、「800メートルを700メートル走だと思って走ろう」というもの。700メートルを全力で走り、あとの100メートルは体が覚えているだろうと。




<関西のちびっこ なでしこジャパン>


テニス少女 坂田季美佳 選手(13歳 和歌山)。
2011年、12歳以下の全国大会で優勝。日本テニス協会が定めるナショナルメンバーにも入っている逸材。


フィギュアスケート 本田真凛 選手(10歳 京都)。
2012年、13歳以下の国際大会で優勝。1日の練習時間は、5~6時間。


卓球少女 木原美悠 選手(7歳 兵庫)。
2011年、全日本選手権 バンビの部(小2以下)で優勝。卓球メーカーのジュウイックが、衣装や道具などをバックアップしているという有望な選手。


将来のメダリストかも!




 → 「ニッポン天才列伝、二宮忠八、杉浦睦夫」
 → 「ラセターとジョブスと宮崎駿」





スポンサーサイト



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール


「ラセターとジョブスと宮崎駿/ビーバップ!ハイヒール」

  • 2012/07/16(月) 21:19:28

全編CGが当たり前になってきている、ディズニーアニメーション。

そこには、ドラマがありました。

カギを握るのは、ジョン・ラセターという人物。

そして彼には、誰もが知るふたりの男が深い関わりを持っていた。



ABC朝日放送 ビーバップ!ハイヒールより。

2012年07月14日放送、「夢と魔法の世界に秘められた もうひとつの物語」


ゲストブレーン:浮田久子さん。(映画ライター)



ヤマハムックシリーズ ディズニーミュージック大全集 (ヤマハムックシリーズ 49)






□ ディズニーアニメ


誰もが知る、ディズニーアニメ。初の長編アニメ作品は「白雪姫」です。公開されたのは、1937年。太平洋戦争の4年前というのですから、驚きです。

その後も、1940年には「ピノキオ」が、1941年には「ダンボ」が、1950年には「シンデレラ」が、公開されている。さらには、1951年の「ふしぎの国のアリス」、1953年の「ピーター・パン」、1959年の「眠れる森の美女」、1961年の「101匹わんちゃん」など、ヒット作を連発。

ビデオやDVDで、あるいは絵本で、みなさんにも なじみがあることでしょう。

しかし、1966年、ウォルト・ディズニーが死去。以後、世界的なヒット作を生み出せない時期が続いたという。また、70年代から80年代には、長年支えてきたアニメーターたちが、高齢を理由に引退していった。これでディズニーは、アニメ制作から撤退という話が出るほど、窮地に陥ったという。

そして1989年、ディズニー復活の命運を託され、世に出た作品がありました。


「リトル・マーメイド(The Little Mermaid)」

リトル・マーメイド プラチナ・エディション [DVD]



この作品では、ブロードウェイで活躍していた演出家や作曲家を呼び寄せ、ミュージカルの演出を積極的に取り入れた。結果、大人も十分に楽しめる作品になりました。アンデルセンの人魚姫を原作とするこの作品は、世界興行収入 2億1134万ドルを記録し、ディズニーアニメの第二期黄金期の礎となったのです。

実はこの作品、ウォルト・ディズニーが、生前からアニメ化の構想を練っていたものでした。大切にあたためていたその作品が、会社としてのディズニーを救うことになるとは。


こうして息を吹き返した、ディズニーアニメ。1991年発表の「美女と野獣」は、翌1992年、アニメーションとしては史上初のアカデミー賞の作品賞にノミネートされた。また、1994年の「ライオン・キング」は、当時アニメーション史上最高の興行記録を樹立(9億5千万ドル)。




□ その男、ジョン・ラセター


「リトルマーメイド」からはじまった、第2期黄金期。「ライオン・キング」のヒットもありましたが、それをピークに下降線をたどるようになります。しかしこの後、、天才ふたりが運命的な出会いをすることになるとは。

1983年、ディズニーにある男が入社しました。ジョン・ラセター。幼いころからディズニーに憧れていた、アニメーター。カリフォルニア芸術大学の映像学部でアニメ課程を修了。在学中から、ディズニー作品に関わっていたという。

その前年の1982年、なかなかヒットに恵まれないディズニーでしたが、その実写部門が新しい挑戦を試みた。その映画の名は、「トロン(Tron)」。コンピューターグラフィックスを世界で初めて全面的に導入した、画期的な映画でした。

が、世間は、それほど注目しなかったという。

そんな中、画面を食い入るように見る男がいました。若きジョン・ラセターは、「これだ!」と思った。さっそく、フルCGアニメーションによる長編映画を企画しました。手書きではできないCGならではの立体的な描写に、アニメの未来を賭けたのです。

しかし、経営陣の反応は芳しいものではなかった。CGアニメーションには、今までの手書きとは比べ物にならないほどの莫大な予算が必要だったのです。また、一説によると、CGが成功すれば手書きからコンピューターに仕事を取られるのではないかという、社内の反発もあったという。

ラセターのプロジェクトは終了を余儀なくされた。それどころか、彼は契約を切られ、解雇されてしまったのです。1984年、ジョン・ラセターは1本の作品も残せないまま、ディズニーを去ることになってしまいました。


でも、彼は情熱を失わなかった。インダストリアル・ライト&マジック(ILM社)に入社し、CGアニメ制作に携わりました。そしてそこに、運命的な出会いが待っていたのです。

CGアニメーション、それはテクノロジーとアートとの融合。男はCGアニメに魅了された。これぞ最先端だと褒め称えます。彼の名は、スティーブ・ジョブス。誰もが知るAppleの創始者であり、iPadやiPhoneを世に送り出した天才。

実はこの頃、ジョブスは社内で孤立し、アップルから追放されていました。そのジョブズはラセターの技術に驚き、その夢に投資することを決めました。こうしてジョブズはこの会社を買収。名前を「ピクサー(PIXAR)」とし、世界初のフルCGアニメーションによる長編映画作りを目指すことになった。

ディズニーを解雇された、ジョン・ラセター。Appleを追放された、スティーブ・ジョブズ。そんなふたりが、手を取り合ったのです。

しかし、CGアニメは、思ったよりも金食い虫でした。年間に1億円以上の赤字を出した。そして迎えた1988年、ある短編CGアニメが誕生しました。「ティン・トイ」。この作品は3DCGアニメーションとして初めて、アカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞します。

その少し前、ディズニーはより効率的なコンピューターアニメに切り替えるプロジェクトに取り組んでいました。それに協力していたのが、ピクサー。当時のピクサーは、CG製作用のコンピュータやソフトを中核とした会社だったのです。しかし、コンピューターや専用ソフトの売り上げは思ったほど伸びず、ラセターを中心にアニメ製作に力を入れるようになっていた。

このような経緯の中、1991年、ピクサーとディズニーは、フルCGアニメーションの企画制作について契約を提携した。CGプロジェクトを推してディズニーを解雇された、ジョン・ラセター。そんな彼がまさか、再びディズニーと契約することになろうとは。

こうして作られたのが、「トイ・ストーリー」でした。かわいくて味のある登場人物たち。躍動感ある動き。泣ける物語。これは劇場公開された長編映画として、世界初のフルCGアニメ作品。監督は、ジョン・ラセターだ。この映画は世界的にヒットし、興行収入3億5800万ドルを記録した。また、ラセター自身、アカデミー特別業績賞を受賞することになります。

その後も、ピクサーは作品を発表し続ける。1999年には「トイ・ストーリー2」。2001年には「モンスターズ・インク」。2003年には「ファインディング・ニモ」。2004年には「Mr.インクレディブル」。2006年には「カーズ」。立て続けに、ヒット作を飛ばした。


2006年、ビックリするような話が飛び込んできた。ディズニーがピクサーを買収しようとしているというのです。買収額は、74億ドルだったという。しかしそれは、単なる買収ではなかった。ジョブズの持つピクサーの株式は、自然とディズニーの株式に変わる。これでジョブズは、ディズニーの最大株主となったのです。さらにピクサーの製作部門は、ディズニーのアニメーション部門とは独立。その両方のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを、ラセターが兼務することになった。

たとえ買収されても、ピクサーはピクサーであり続けたのだ。



そして今年、「メリダとおそろしの森」が公開される。その最後にラセターは、今は亡きジョブズにメッセージを残しているという。

Dedicated with love and gratitude to
   STEVE JOBS
Our partner,mentor and friend


「愛と感謝を込めて
  よき仲間、師、そして友であった、
    スティーブ・ジョブズに捧ぐ」




□ ラセターの初仕事


今や世界的なヒットメーカーであり、ハズレなしと言われる、ジョン・ラセター。でも、ディズニーでの初仕事は、意外なものでした。何だと思います?


正解は、ディズニーランドの清掃係。

最初は、カストーディアルと呼ばれる清掃係。その後は、ジャングル・クルーズのスキッパーと呼ばれる船長さん。それが今や、ディズニーのテーマパークの製作アドバイザーも務めている。

何というサクセスストーリー。そのうち、ラセターを描いた映画ができそうです。




□ 日本のあの人との関係


今や世界を代表する天才アニメーターである、ジョン・ラセター。そんな彼が1983年当時、運命を変える1本の映画に出会った。

その誰もが知る作品とは、「ルパン3世 カリオストロの城」。ラセターが見たのは日本語版だったのですが、彼はこの作品に魅了されたという。特に冒頭の、ルパンと次元のカーアクションシーンに強い衝撃を受けた。

ラセターは思った。アニメは子どもだけのものじゃないんだ。洗練された大人のユーモアがあり、アクションもすごい。これはラセターが持ち続けていたアニメーションの理想像とも合致するものでした。「大人も楽しめるアニメーション」。この作品には、それがあったのです。

この作品の監督は、もちろん宮崎駿。日本では知らない人がいないほどの名監督。子どもにも大人にも、ファンは多い。

1987年、ラセターは日本を訪問しています。それは、ジョブズと出会い短編CGアニメーションを発表していた時期。ただし、フルCGによる長編アニメは、まだできていなかった。

ラセターが向かったのは、スタジオジブリ。突然の訪問にもかかわらず、宮崎は快く対応してくれたという。それは、製作中の新作映画を紹介してくれるほどでした。それを見てラセターは、またしても心奪われてしまった。

その作品とは、「となりのトトロ」。

帰国したラセターは、その刺激をエネルギーに変え、製作に没頭した。そしてついに、あの作品が完成する。フルCGアニメーション映画「トイ・ストーリー」。世代を超えて愛される、宮崎アニメ。その刺激を受け、ラセターもまた、世代を超えて愛される作品を作り上げました。

宮崎駿とジョン・ラセター、ふたりの信頼は今も厚い。

ある時、宮崎の新作を観終わったラセターは、その作品に感銘を受け、ぜひアメリカの人々にも知ってもらいたいと強く思った。

その作品は、「千と千尋の神隠し」。

ラセターは自ら、この作品の北米公開の総指揮を引き受けました。次回作の製作中だったにもかかわらず、英語の話せない宮崎に代わって、精力的に宣伝活動を行った。

そして2003年、千と千尋の神隠しは、アカデミー賞の長編アニメーション賞を受賞。「MIYAZAKI」の名は、全米に知れ渡ることとなりました。

インタビューに対し、宮崎は笑顔で何度もこう答えた。「ひたすら彼のおかげですね。彼の友情に本当に感謝しています」。さらに宮崎の帰国後、ラセターに宮崎から、ひとつの荷物が送られて来たという。中身は、ビデオレター。そこには、アメリカ滞在中に撮影された、ふたりの思い出がつづられていたという。ワインを味わい、別の日にはクラシックカーに同乗する。森の中で、ふたりは何を語らっているのだろう。

ふたりの友情は、アニメ作品の中にも。

2010年公開の「トイ・ストーリー3」。そこでは、ウッディとトトロが共演しています。




□ CG技術の進化


「トイ・ストーリー」(1995年)に出てくる少年は、坊主頭だった。
  ↓
「Mr.インクレディブル」(2004年)に出てくる女性はショートヘアーで、動きはあるものの少しごわついた印象。
  ↓
「レミーのおいしいレストラン」(2007年)に出てくる女性の髪は、きめ細やかさが増しています。


そして今年公開される、「メリダとおそろしの森」。主人公のメリダは、オシャレなカーリーヘアーが魅力。1本1本の毛先が自由に遊んでいます。躍動感ある動きに、髪の毛もついてきている。

このようなポイントを押さえつつDVDや映画を見るのも、楽しそうですね。





ラセターさん、ありがとう [DVD]






□ その他


戦時中、わざわざ上海か香港にまで行って、「白雪姫」を見に行った日本人がいるという。それを聞いた筒井先生は、こりゃ戦争に敗けるわと思ったという。


バズ・ライトイヤーは、ジョン・ラセターの顔を元に作られている。アゴのあたりなど、そっくり。




 → 「泣けるアンデルセンの人生」
 → 「登録商標にドラマあり! iPhoneとアイホン」





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール


虚構の梅ちゃん先生 第15週 改造先生

  • 2012/07/14(土) 17:56:43

ドラマを見ながら妄想で遊ぶ。

そんなNHK総合「梅ちゃん先生」の第85話~第90話。

<ちいさな嘘の、おおきな本当>

スーパー戦隊チームとライダーチームの戦争が勃発か?



<前ふり>


下村医院が開業しました。でも、患者さんは一向に来ない。あまりヒマなので、近所のご婦人のおしゃべりの場になってしまった。

患者さんの第一号は、三上康子(岩崎ひろみ)の娘、千恵子(宮武美桜)。でも、これ、仮病でした。裁縫の授業に出たくないため、気分が悪いと帰ってきたのです。話を合わせ、梅ちゃんは仮病であることを隠し、風邪のひきはじめということにした。

そんな中、安岡製作所の工員、木下(竹財輝之助)がケガをしました。偶然居合わせた梅ちゃん(堀北真希)が、治療することに。梅ちゃんの診たてでは、全治2週間でした。

でも、ここから話がややこしくなります。千恵子から仮病の話を聞いた木下は、ニヤリと笑った。腕が痛いと言い出し、1ヵ月は働けないことにしてくれと梅ちゃんに迫ります。



<第4のライダー>

このままではいけない! そう思った梅ちゃんは、木下に麻酔を打ち、寝かせました。そして木下が再び目覚めた時、彼の右腕にはピーターパンに出てくるフック船長のようなカギ爪が付いていた。

そう、これはライダーマンのカセットアーム。梅ちゃんは木下の右腕を、人造アームに改造したのです。



ソフビ魂 VOL.26 ライダーマン


驚いた木下は叫んだ。「何でよりによって、ライダーマンなんすか? 何でV3じゃないんっすか? つながり考えたらブレードでしょ?」

そんな木下を、更なる追い討ちが待っていました。「うちはな、ライダーマンなんて雇えないんだよ!」、スーパー戦隊出身の信郎(松坂桃李)は木下を解雇してしまったのです。これには、ひょうきん族出身の幸吉(片岡鶴太郎)も何も言えなかった。さらに和子(大島蓉子)は海賊戦隊ゴーカイジャーで、ジェラシットという宇宙人と結ばれている。安岡製作所に、ライダーの居場所はないのです。

そんな中、幸吉が工員を見つけてきた。渡り職工の井上(ダンカン)。幸吉と同じ、ひょうきん族グループです。これではますます、ライダーマンの居場所がありません。

行くあてを失くした木下は、同じライダー仲間の陽造(鶴見辰吾)を梅ちゃんに紹介してもらった。陽造は今、天ノ川高校の理事長ではなく、芸能関係の仕事をしている。あの黒杉圭子――名前を聞いた人が「あの黒杉圭子?」と驚くほどの有名人――の次点でオーディションに落ちた神崎珠代を擁しています。

一方、ボウケンジャー出身の松岡(高橋光臣)は、建造が自分に話したのは結婚の話だとやっと気づいた。自分のプレシャスは梅子さんなのでは? 結婚、それは人生最大の冒険か?

食事処みかみで出会った、松岡と信郎。同じスーパー戦隊出身でレッドを務めたこともあり、「お互い頑張りましょう」と握手した。

と思ったら、急に信郎の彼女である咲江(佐津川愛美)がキレだした。私だって伝説のドラマ「ギャルサー」の出身。負けてられない! ギャルサーには、新垣結衣、戸田恵梨香、矢口真里、岩佐真悠子と、そうそうたるメンバーが出てたんですからね!

スーパー戦隊とライダーチームがもめている間に、悪の組織が動いていました。世界侵略の第一歩として、幼稚園のバスを襲うのではなく、蒲田の工場に届ける弁当が保存されている冷蔵庫のドアをちょっと開けておいたのです。これで集団食中毒が発生。蒲田の町にピンチが訪れました。

そこに颯爽と登場したのは、梅ちゃん先生。患者さんを下村医院に運ばせ、次から次へと改造しました。蒲田の町を混乱に陥れようとした悪の組織ですが、まさか、改造人間が続々誕生させられようとは。




<本当のあらすじ>

裁縫から逃げていた千恵子ですが、あきらめないことの尊さを梅ちゃんに説かれ、心を入れ替えた。正枝(倍賞美津子)に頼んで、裁縫を教えてもらえます。さらに頑張る千恵子の姿が、木下の心を動かします。

戻ろうとした木下ですが、工場ではすでに井上が働いていた。これでもう戻る場所がなくなったかと思いましたが、井上が工場を辞めることになってしまいます。また、その理由が、和子にホレてしまったからだというからビックリ。

守らなければならない納期があるため、信郎と幸吉は徹夜で働く。その頃、下村医院には、病人が次々と運ばれていた。近所の工場で、食中毒が発生したのです。

木下は、工場に戻ることにした。やっぱり工場の仕事が好きだし、恩返しもしたい。何だかんだいって、職人になれたのは二人のおかげだ。

安岡製作所は、信郎、幸吉、木下の3人で夜を徹して、見事仕事をこなしました。そして梅ちゃんも、食中毒の患者さんたちを的確に処置し、病院へと搬送した。

こうして本格的に始動した、下村医院。梅子は蒲田の町の人々に、梅ちゃん先生と呼ばれ親しまれます。




また、最終回みたいな終わり方して。



<追加妄想>

「やっぱり、ライダーチームとスーパー戦隊がいがみ合うなんて、おかしい! 同じ正義の味方じゃないか! だいたい、サジタリウス・ゾディアーツは敵だろう」

木下は改心し、工場へ戻ることにした。

が、そこで気づきました。右腕がカギ爪になっている。このままでは旋盤をあつかえない。その時です。

「だいじょうぶよ!」

振り返るとそこに、梅子がいました。

「梅ちゃん先生?」

「ここは私に任せなさい」。そう言って梅子が取り出したのは、旋盤アーム。このアタッチメントで、木下は無事に働けるようになった。いや、前以上に、仕事をこなせるようになりました。

「ありがとう、梅ちゃん先生!」

そう言われて、梅ちゃんは思った。戦災孤児だったヒロシ君は元気にしてるかな? 今だったら、何にでも改造してあげるのに。そうだ、まずはお父さんね。あの左手、何をつけてあげようかしら。

梅ちゃんの夢は続く…





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  梅ちゃん先生


「原鉄道模型博物館オープン/おはよう日本」

  • 2012/07/10(火) 15:50:09

7月10日 NHK総合の「おはよう日本」で、「鉄道模型博物館」が紹介されていました。

室内では、世界最大級とのこと。



横浜市西区にオープンしたのは、「原鉄道模型博物館」

横浜といえば、日本で初めて鉄道が開通した場所ですよね。


おっと、いきなり模型が走って来ました。

これは、スイスの貨物列車。

カーブを曲がる様が、何とも言えず迫力がある。

高架の石の一つひとつまで、リアルです。


原鉄道模型博物館



見よ、このジオラマ。

奥行きがなんと、30メートル。幅が10メートル。

線路の総延長450メートルです。


原鉄道模型博物館


イメージしたのは、ヨーロッパの街並。

駅舎のモデルは、フランスのリヨン駅だという。




模型の大きさは、実物の約30分の1。

車両の長さが80センチと、一般的な鉄道模型と比べて大きいそうです。

 一番ゲージ :縮尺1/32~1/30.5(レール幅45ミリ)
 HOゲージ :縮尺1/87.1 (レール幅16.5ミリ)
 Nゲージ :縮尺1/148~1/160(レール幅9ミリ)


大きいだけあって、迫力があり、ディテールにもこだわることができる。

模型ですけど、ちゃんと架線から電気をとっているそうです。

線路も鉄製で、そのため列車が通過する際の音がよりリアルになっている。


原鉄道模型博物館





一定のリズムで、ガタンガタン、ガタンゴトンと音がします。

(ぬるい音表現でスミマセン。素人です)


駅前の街並も、リアル。

車が停まっていたり、人が行き来する姿も。


線路にはちゃんと、バラストが敷いてあります。

(タモリ倶楽部で、線路敷いてましたね)

信号にはLEDライトが灯り、石段もこってます。

光を受けた石段に、美しい陰影が浮かぶ。

標識なども、細部まで表現。


原鉄道模型博物館




でも、これらの模型は、ほとんど一人の方が作ったのだそう。

それは、博物館の名前にもなっている“原信太郎”(はら のぶたろう)さん。

兵庫県にお住まいで、現在93歳。

模型歴80年と言いますから、筋金入りですね。


番組では、原さんが作った、大正時代に走っていたという阪神電車の車両も紹介されていました。


原鉄道模型博物館


一から全部作ったというのですから、驚きです。

台車のバネも、再現されていますよ。

押すとちゃんと、クッションになってる。

模型なのに、乗り心地も追及されているのです。

ネジの1本1本に、感動。

塗料が一部はがれかけてるところなんかも、いい感じです。



最後に、模型にカメラを積んで走らせてくれました。

線路を中心にして、風景が流れていく。

通過するホームには、人の姿が見えます。

電車同士、すれ違ったりなんかして。


原鉄道模型博物館


カメラを通してこれなら、直に見たら、もっとすごそう。



博物館には、展示室があります。

そこでは数々の模型が紹介されると共に、原さんにまつわるエピソードも展示されているそうです。

小学生の時に最初に作った列車。

世界の車両もあります。

鉄道の文化や歴史まで、教えてくれる。


これはもう、鉄道ファンじゃなくても、ワクワクしますね。

夏休みに、よさそうです。





原信太郎 鉄道模型のすべて―技術の極み、躍動美



シャングリ・ラの夢 原信太郎が描き続ける理想郷 [DVD]






 → 「タモリ倶楽部/京急タモリ線を敷こう」
 → 「ビーバップ!ハイヒール “関西鉄道ミステリー”」




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  鉄道  模型


「虚構の梅ちゃん先生 第14週 建造襲撃される」

  • 2012/07/07(土) 13:51:19

ドラマを見ながら妄想で遊ぶ。

そんなNHK総合「梅ちゃん先生」の第79話~第84話。



<犯人は誰だ?>

帝都大学医学部教授で同附属病院第二内科医局長を務める下村建造教授が倒れるという事件が起こった。第一発見者は第二内科に勤務する、松岡敏夫医師。

情報によると、下村教授が倒れる前、言い争う声を聞いた者が多数いるらしい。下村教授は激しく怒鳴っていたという。しかもその相手は、実子で第一内科に勤務する、下村梅子医師だというのだ。

さらには、松岡医師と梅子医師が付き合っていることは、同僚の医師や看護婦、患者までが知る事実であることが発覚した。

娘と言い争った直後に、下村教授は倒れた。その第一発見者は、娘の恋人である医師。彼以外に倒れる瞬間を見た者はいない。次に現場に駆け付けたのも、言い争っていた娘ときている。

現在、下村教授は昏睡状態にあるため、事情を聞くわけにもいかない。

なお、これは未確認情報であるが、第一内科の医局で「下村先生が倒れたおかげ…」という言葉を聞いたとか聞かなかったとか。



この件に関して、各界から意見が出ています。


T解説員

「私のプロファイリングによると、犯人は20代から30代、もしくは、40代、50代から60代、あるいは、70代の可能性もあります。犯人は、男性、あるいは、女性でしょう。ともかく、先入観を持たないことが大事です」


ジャーナリストO

「東京にはオタクの町として知られる秋葉原があります。オタク文化との関連性がないか精査する必要がありますね」


東星大学人文学部2年生M

「ゴルゴムの仕業だ」


事情通ゲーマー

「犯人はヤス」


大物ロックミュージシャン

「シェキナベイビ―」


ベテラン喜劇女優

「インガスンガスン」




<真相>

開業すると告白した梅ちゃんに対し、建造は猛反対。怒って退室したのですが、直後に意識を失い倒れてしまった。

ハインリッヒこと狭山助教授の診断によると、脳軟化症とのこと。脳軟化症とは、脳内の動脈が閉塞することによって起こる病気。建造には糖尿の気があって、それによって血管が詰まり、脳卒中を起こした。

どうも、甘いものを好むなど、生活習慣に問題があったらしい。





<澤田弥生、目を丸くする>

弥生と梅ちゃんは、医専での同級生。受験の際、消しゴムを失くして困っていた梅ちゃんに消しゴムを貸してあげたのが出会いです。卒業後は、梅ちゃんと共に帝大附属病院で研修。今は、第二内科に勤務している。

ちょっとひねくれたところがある、弥生。その原因の一部は、家族にありました。実家の医院を継がせたい父母と祖父母は、おまえは器量が悪いから勉強するしかないと、幼いころから吹き込んでいたのです。

そんな弥生が梅ちゃんから、坂田医院でのアルバイトを頼まれました。

恐る恐る訪ねたところ、坂田は歓迎してボディタッチ(肩を叩いた)。これに弥生は、目を丸くします。

さらには、「しかし、意外だな。こんな美人が来るとはね」と言われ、目はさらに見開かれた。「もっと若かったら、お付き合いしたいくらいだ」などと言い、最後には「今度デートしような」と言う始末。

男性に免疫のない弥生は、まいってしまったようです。




<真相>

上の通りで、そんなに間違ってない。

次の日の弥生はといえば、とろ~んとした状態。「坂田先生ってステキ」と、エコーまで効かせて言っちゃった。ダンディーさにやられてしまったようです。

これが面白くない、山倉。「困るな! 弥生さんを妙な人に会わせて!」と、梅ちゃんに意見します。


そしてその陰では、坂田医院の野島静子と竹夫が、ツンデレ vs マジメ という新たなる闘いをはじめようとしていた。


梅ちゃんと松岡 天然 vs 変人。
弥生と坂田 男性免疫なし vs ダンディーな遊び人。
静子と竹夫 ツンデレ vs マジメ。
信郎と咲江 殿 vs ギャルサー。





<建造、襲撃される>

建造が入院した。これはチャンス。今は弱っているはずだ。積年の恨みを晴らすぞ。

こうして家族が集結しました。

今まで我慢に我慢を重ねたけど、もう限界! 芳子も覚悟を決めたようです。

冗談の一つも言えないんだから、あの人は。ウイットがないのよ。正枝もやるつもりです。

いちいち面倒くさすぎ! と長女の松子も怒っています。

今まで散々否定されましたからね。今度はやってやりますよ。竹夫も本気です。


しかし、本当に襲撃したのは、坂田だった。

禁断症状が出ていた、建造。「甘いものをくれ、甘いものを~!」と建造が悶える前で、坂田は「ほれ、欲しいんだろ? 欲しいんだろ?」と饅頭を食って見せた。「欲しいのかい? 欲しいのかい? ほれ、欲しいと言ってごらん!」




<真相>

梅ちゃんの開業を反対したと知って、家族(正枝、芳子、松子、竹夫)が集結。建造の病室へと乗り込もうとします。

が、それは梅ちゃんに止められた。

お父さんはよく「勝手にしろ」と言う。でも今度ばかりは、認めてほしい。「そうか。分かった。やってみろ」と応援してほしい。やるなら、お父さんに認められてから開業医になりたい。

そんな梅ちゃんの気持ちを聞いて、家族は矛を収め、穏やかに見舞いすることになった。

が、これに建造は「死亡フラグか?」とビクビク。

ベッド上の建造をイジリつつ、楽しい面会になりました。


ややあって、坂田が建造を面会した。

そこで坂田は、開業を認めてやれと訴えます。

なかなか折れようとしない建造の前で、坂田はわざと饅頭を食った。






<その後>


坂田に続き、入院患者の並木涼子までが建造の病室へ。開業をゆるすようにと、座り込みをした。

建造はついに「やってみろ」と梅ちゃんの背中を押しました。

梅ちゃんはこうして、帝大附属病院を辞めることに。


が、実は、何の準備もしてませんでした。

見切り発車もいいところ。

場所は、みんなで住んでいたバラック。ただし器材を買うために、お金が要ります。

銀行から融資を受けることになりましたが、それには担保がいる。

家を担保にするのを建造は反対し、困ってしまいました。


が、すぐに建造は心変わり。

松岡を通じて、家を担保にすることをゆるした。

ベッドの上でいろいろと考え、ずいぶんやわらかくなったように見えます。


建造は松岡に「(梅子はまだ頼りない)君くらいしっかりとした男がずっとそばにいてくれるようになれば、私としても安心なんだが」と、水を向けました。

が、朴念仁の松岡は、それを医者としてのことだと勘違い。

これには建造も、え? となり、静かに首をかしげた。

おそるべし、松岡。


戦中戦後を過ごしたバラックが、「下村医院」に生まれ変わりました。

町医者としての梅ちゃん先生が、これからはじまる。





梅ちゃん(堀北真希)
建造(高橋克実)

松岡敏夫(高橋光臣)
澤田弥生(徳永えり)
山倉真一(満島真之介)

芳子(南果歩)
正枝(倍賞美津子)
竹夫(小出恵介)
松子(ミムラ)

坂田俊一郎(世良公則)
野島静子(木村文乃)

並木涼子(田崎アヤカ)




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  梅ちゃん先生


「カンニング竹山の ちょっといい話」

  • 2012/07/02(月) 20:31:42

ABC朝日放送「東西芸人いきなり! 2人旅」7月1日(日) 放送分より。


旅をするのは、東がカンニング竹山さん。

西がレイザーラモンRGさん。

まずはレンタカーを借り、伊勢神宮のすぐ横にある「おかげ横丁」へ。

射的などを楽しんだ後、昼食に牛鍋を食べる。

最後はちゃんと、伊勢神宮に参拝しました。

二見シーパラダイスでは、セイウチとの触れ合いも。


宿は、「斎王の宮」。

女性のためにプロデュースされた、オシャレなリゾートホテルです。

特選懐石料理をいただき、お花が浮いたお風呂に入浴。

就寝タイムになりましたが、そこでビールを飲みつつ、互いの話になりました。



(ここまで前振り)
(以下、敬称略)



芸人のいいところは「助け合うこと」だと竹山は言う。

みんな敵なんだけど、助け合う。

事務所が違っても何かあったら助け合うし、助け合わないとしょうがないところがあるように思うと。

(助け合わないと、番組が成立しない)


相方が入院した時、一人で働いていた。

そうするとピンでどんどん売れて行ったのだけれど、どっかで天狗になってる自分がいたような気がすると、竹山は振り返る。

(天狗という言葉は実際なく、鼻の前に両手拳を重ね、表現)

そして、相方が亡くなった。

いろいろあったけど、やがて人生だからしょうがないかと思えた頃、福岡に帰った。

その際、福岡で同期だった華丸大吉やケン坊田中と一緒に飲む機会が。

10年ぶりくらいのことだった。

その時、竹山は東京ですでに売れており、ちょっと天狗になっていた。

華丸大吉は今でこそ売れているけど、当時は地方タレント。

当時の竹山には、「福岡になんか絶対に帰るか」という思いがあった。

福岡の仲間を見下したところも、ひょっとしたらあったかもしれない。

話は少し前に戻り、コンビとしてのカンニングが「めちゃイケ」の笑わず嫌い王に出たことがる。

これはチャンスだということで、「福岡の野郎、見とけよ! 俺、全国に出てるぞ!」というくらいの気持ちで、本番を頑張った。

でもその時、華丸大吉やケン坊田中は、みんなテレビの前で正座していたのだと、竹山は知ることになる。

「竹山、出るぞ!」「頑張れ、竹!」と、声援を送っていた。

竹山と中島がウケた。それを見て、テレビの前でガッツポーズしたのだという。

飲み会でそれを聞かされ、竹山は泣かずにはおれなかった。

「なんて俺はみじめな弱い人間としてやってたんだ」「なんて、ちっぽけな人間なんだ」と、思った。


当時を振り返ると、粋がっていたように思える。

「博多なんて関係ねえよ」「いつまでも、福岡福岡って言ってんじぇねえよ」と思っていた。

そんな時にこんな経験をし、何とか引き戻してもらった。

もしあのままなら、調子こいて、今はもう働けてないかもしれない。




夜更けに、そんな話をRGさんとした、竹山さん。

竹山さんって、基本いい人だし、気遣いの人。






けど、お風呂での肛○ゲームがあるので、プラスマイナス・ゼロ!

お下劣といい話、引き分け!

カンカンカンカンカン!!




カンニング竹山単独ライブ「放送禁止 Vol.3」 [DVD]




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  芸人



ブログパーツ