「あまちゃん感想(17-3) 春子、東京に行く! 花巻さん、ジョージ・クルーニーを描く!」

  • 2013/07/27(土) 13:20:49


第17週「おら、悲しみがとまらねぇ」土曜日の感想。


姉さん、事件です。

アキが事務所をクビになりました。

そして春子は、忘れていた記憶を取り戻します。

春子の行動に、ビックリした!




<あらすじと感想>


(土曜)

事務所をクビになったことを、アキ(能年玲奈)は春子(小泉今日子)に告げた。「もう帰りたいと」と、泣きながら電話で訴えかけます。でも、春子の返事は、「駄目よ」でした。

この時、春子の脳裏には、平成元年(1989年)の記憶がよみがえっていました。それは欠けていた思い出。夢破れて東京を去る決心をし、上野駅に向かった時のこと。春子は電話ボックスに入った。ダイヤルしたのは、実家の電話番号です。

そろそろ帰ろうかと思うと告げた若き日の春子(有村架純)に、夏(宮本信子)は言ったのです。「なすて?」と。何を言っても、「なすて?」で返す。まるで どちて坊やだ。

それを思い出した現在の春子は、アキに言った。「駄目よ! まだ頑張りなさい」。するとアキが、「なすて?」と返した。ここで帰ってきたら後悔すると、春子は言います。アキがしなくても私がすると。

「今帰ってきたら、ママと一緒だよ」と、春子は話した。今帰って来ても、腫れ物扱いされる。雑に慰められて、陰で噂されて、ジロジロ見られて、やがてブティック今野の服に身を包み、弥生(渡辺えり)さんグループ入りだ。

「消したい過去を引きずって生きるって、しんどいんだよ! あんたそれでもいいの?」「アイドルになるんじゃなかったの?」

春子にきつくそう言われ、アキは電話を切り、部屋へ戻りました。


現在と過去が交錯します。春子はやっと、あの時の記憶をとり戻した。

あの時、夏さんはこう言ったんだ。

「アイドルさなるっでいうから、親子の縁、切ったんだぞ。娘でもねえ、アイドルでもねえ。おめえ、どこの誰だ?」「たかが5年で気が済むなら、最初から行ぐな」「一人じゃさみしいって? のぼせんな、バカこの!」「おめえなんぞ、とっくに、親でもなければ、子でもねえ」

そんなことを思い出してたら、梨明日でいつの間にか、琥珀を磨いていました。吉田(荒川良々)くんに「琥珀の春子さんですね」と言われ、大爆笑された。


アキにきついこと言った春子ですが、内心は心配で心配で仕方ありません。お風呂はどうしてるんだろう? ちゃんと食べているんだろうか?

いざとなったら帰ってくればいいと、大吉(杉本哲太)たちは言います。潮騒のメモリーズを復活して、海女カフェでバイトして、夏は海女として海に潜る。何の心配もない。

でも、「駄目よ、そんなの!」と、春子は言う。「あの子にそんなしみったれたこと、させたくないの」。あの子が帰ってくる時には、駅前には黒山の人だかりで、サイン会して、握手会して、コンサートは市民ホールで、ド~ンとやる。ド~~~~ン! だ。

ユイ(橋本愛)に店を任せ、春子は店を出た。何と、東京に行くつもりです。

夏にも挨拶をすませ、スッキリとして、東京へ旅立ちます。アキのサポートをして、自分が見れなかった景色を見せてあげたい。

スッキリできないのは、大吉です。まだ、プロポーズの返事をもらってない。両手を広げて、春子を遮った。電車を運休させてでも、行かせないつもりです。これに かつ枝(木野花)さんや美寿々(美保純)さんも加わり、もう大騒ぎ。

で、夏さんはといえば、いつの間にか、また海に出てた。モヤモヤがあると、海に出るのかな?


また、東京。アキは水口(松田龍平)と共に、無頼寿司へ。鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)に、付き人を辞めることを告げます。

と、そこに、春子が現れた。

じぇじぇじぇじぇじぇ!

影武者と本人が、遭遇?




来週、GMT5がデビュー?

アキは残れるのか?

春子と太巻の対決は?


第18週「おら、地元に帰ろう!?」に続く…




春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編



潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)







<今週の宮藤官九郎 節>


メガネ会計ババアこと かつ枝さんは、海女カフェでラテアートをやってる。本気でバリスタになるつもりか?

イルカのラテアートが、かわいかった。

花巻(伊勢志摩)さんは、ジョージ・クルーニーを描くつもり?


あまちゃん ラテアート

あまちゃん ジョージ・クルーニー










スポンサーサイト



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(17-2) 太巻の潰す発言 アキはクビ? 生霊が出た!」

  • 2013/07/26(金) 11:40:01

第17週「おら、悲しみがとまらねぇ」木曜と金曜の感想。


姉さん、事件です。

ついに太巻の口から、真相が明かされました。

そしてアキは、クビを宣告された。

かばいたい水口ですが、呪いのカセットに戦慄します。

静御前と生霊まで出て、もう、わややです。



呪いのカセット




<あらすじと感想>


(木曜)

太巻(古田新太)と鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)は、昔 付き合っていた。そして、そのせいで、春子(有村架純)はデビューできず、正宗(森岡龍)と結婚することになり、自分が生まれた。そんな自分が今、太巻の事務所に所属し、鈴鹿の付き人をしている。

アキ(能年玲奈)は、何が何だか分からなくなりました。これでいいのか? とりあえず、うに丼を頬張ります。

4月、GMTは上野で、岩手物産展の手伝いをした。新曲は間に合わなかったけど、楽しかった。絣半纏(かすりはんてん)に身を包んだからでしょうか、アキは何だか懐かしい感じがしました。

物産展の合間に、アキはストーブさん(小池徹平)と、原宿に出かけました。目当ては、純喫茶アイドル。店は確かにありました。アキは、マスターの甲斐(松尾スズキ)に言ってみた。「あの、私、ここでバイトしていた天野春子の娘です」。

でも、反応がありません。忘れてしまったのかしら。それとも、帽子と一緒に、記憶まで取れてしまったのか。

注文を待つ間、アキとヒロシは話をした。

ヒロシはGMTの寮を、まるで漁協のようだと言った。実は、アキもそう思っていました。みんなが勝手にしゃべって、勝手に笑って、まるで海女クラブみたい。水口(松田龍平)さんは勉(塩見三省)さんみたいだし、いつの間にか、安部(片桐はいり)ちゃんも出入りするようになってる。

それをヒロシは、「アキちゃんがいるからだよ」と言う。「アキちゃんがいる場所は、他の場所と違って、ちょっと温度が高くて、明るいんだよ」。

アキは照れました。「おいおい、よせやい。まるで人を、ストーブみでえに」。

(「よせやい」を現実に使う人がいるとは驚いた。いや、まあ、ドラマだけど)

「場所じゃなくて人なんだよ、結局」と、ヒロシは思う。でもこれ、前に、春子(小泉今日子)に言われた言葉だ。田舎が嫌で飛び出したやつって、東京に行ってもダメだよね。逆に、田舎が好きな人って、東京に行ったら行ったで、案外、うまくやっていける。結局、場所じゃなくて、人なんじゃないかなって思う。そう春子は以前、話してくれたのです。

アキも、そう思った。「確かに、場所じゃねえ。自分をしっかり持ってれば、どこさいても、大丈夫なんだ。奈落だろうが、アメ女だろうが」。

そのアメ女という言葉に、甲斐が反応しました。甲斐はアイドルオタク歴40年。アメ女も、GMTのことも、知っています。甲斐は、アキの「じぇじぇ!」を聞いて、春子のことを想い出した。そしてあらためて、アキが春子の娘であることを知ります。

アキがGMTであることを知り、甲斐は感慨深げに言った。「春ちゃん、娘に夢を託したんだな~」。


ヒロシが北三陸に帰る日が来ました。アキが見送り、ヒロシは感謝の握手を。

帰ろうとするアキの背中に、ヒロシは言った。「みんな、応援してるから! しんどくなったら、帰ってこいよ!」「大吉さんが春子さんを待っていたように、オレもアキちゃん、待っでるから」。

アキはたまらなくなって、叫んでしまいました。「ストーブさん! おら、お母さんに会ったど!」「男の人と、一緒だった!」「ごめんな、黙ってて! ユイちゃん傷つけたくなかったんだ! だけど、もう限界だ!」「ごめん、ホントごめん! でも、たぶん、帰ってこねえぞ!」。

ヒロシは小さく微笑んで、言いました。「ありがとう! でも、聞かなかったことにするわ!」。


GMTのデモが届いた。


【地元に帰ろう】

地元に帰ろう 地元で会おう
あなたの故郷 私の地元
地元 地元 地元に帰ろう

好きです 先輩 覚えてますか
朝礼で倒れた私



最終的に、ミディアムテンポの素敵な曲に仕上がっています。

でも、アキがデビューすることはなかった。


有馬めぐ(足立梨花)がまた、写真週刊誌にすっぱ抜かれたのです。これで熱愛報道は、3度目になる。もう、がばい――いや、かばいきれません。太巻は、有馬を卒業させるつもりだ。

これで、GMTのレコーディングは中止。納得のいかない水口は、食い下がりました。有馬がGMTを脱退すれば済む話じゃないですか。とばっちりでチャンス潰されて、また奈落でレッスンですか? そう太巻に詰め寄ります。

そしてそこに、アキがやって来た。河島(マギー)が止めるのも聞かず、太巻に迫ります。「そうやって先延ばしにして、オラがママみたいにあきらめるの待ってんですか? 母のせいですか? 天野春子の娘だからですか? 私が」。

「あ?」と、めずらしく太巻も感情をあらわにします。そして、「そうだよ」と、返した。みんなが見ている前で。



(金曜)

太巻は、アキに言った。「そうだよ。うちにいる限り、君はデビューできない」。人払いをさせ、アキと水口と3人で、話し合いの場を持ちます。(ガラス越しに、GMTと河島が見てたけど)

まず、太巻は、真相をすべて話した。鈴鹿ひろ美のデビュー曲「潮騒のメモリー」を歌ったのは、天野春子。そしてこのことは、鈴鹿も知らない。その上で、「絶対に口外するなよ」と、釘を刺します。

「しゃべったら…」、そう言って太巻は、ごそごそ やりはじめました。身の危険を感じた水口は、ハンガーを手に、臨戦態勢。河島は、「何だ? 武田鉄矢か?」と。刑事物語ですね。

でも、太巻が取り出したのは、カセットテープでした。流れてきたメロディーは、潮騒のメロディー。それも、鈴鹿ひろ美のオリジナル・バージョン。

黒板に爪を立てたような呪いの歌声に、水口は悶絶寸前。水口は、絶対音感の持ち主なのです。音程が外れたものを聞くと、苦しくなる。それを逆手に取り、ウハハハハ! と笑いながら、太巻は魔王のように、水口を苦しめるのでした。もし、しゃべったら、またこれを聞かせるぞという意味か?

それにしても、太巻は今なら機械でどうにでもなると言ってたけど、さすがにこりゃ、無理だべ。

ガラス越しにそんな様子を見つめるGMTのメンバーは、あわてました。音が聞こえないので事情は分かりませんが、大変なことが起こってる。真奈(大野いと)は、「がばい! がばいよ~!」と大混乱。がばいの使い方を間違ってますが、ともかく、大変だ。

(「がばい」とは佐賀弁で、「非常に」という意味。例えば、「がばいすごか」で、「非常にすごい」となる)

潮騒のメモリーは、60万枚の大ヒット。現在の自分があるのは半分は天野春子のおかげだと、太巻は話します。もう半分は、鈴鹿ひろ美。そして、鈴鹿ひろ美伝説に傷をつけることはできないと言った。どんなに小さく、古い傷でも。

太巻はどうも、春子が娘を送り込んで来たと、勘違いしたようです。アキはすぐにそれを、否定した。ここには自分の意志で来たので、ママは無関係だと。

すると、太巻は言いました。「じゃあ、他所に行っても、できるよね?」「うちは無理だよ。うちにいる限り、俺が潰すから」「何度 這い上がって来ても、奈落におとすから」「ごめんね」。


アキがクビだということが、水口から、GMTのメンバーにも伝えられた。これからしばらくは、GMT4。随時メンバーを補充する予定です。でも、理由も教えてもらえないままそんなこと言われても、しおり(松岡茉優)たちは納得できません。喜屋武(蔵下穂波)ちゃんは、アキが辞めるなら自分も辞めるとまで言う。


どうして、こんなことになったんだろう? アキは眠れなくなって、水口の部屋のドアを叩いた。アキは眠れなくなると、水口の部屋のドアを叩くのです。アキは訴えかけた。「水口さん、おら、やっぱり、辞めたくねえです。もっと、みんなといたいです」。

でも、水口は出てこなかった。

居間でアキは、声を失いました。なんと、春子がいるのです。それも、若き日の、聖子ちゃんカットの春子が。

これは夢か、幻か。いや、生霊? 天魔さん、呼ばなくちゃ! でも、あの人、頼りないしな~。すぐに気絶するし。気絶して、あの世でお父さんと会って、アドリブ合戦するし。

オバケじゃないと、若き春子は言った。そして、自分のせいでデビューが流れたことを、謝りました。「私のせいで太巻にイジワルされて、かわいそう! あいつ、ちっさいよね、器が。ぜんぜん太くないの。細巻?」とか言って、笑ってる。

と、そこに今度は、鈴鹿ひろ美の静御前まで現れちゃった。これはもう、鈴鹿御前? 春子と御前が追いかけっこして、もうハチャメチャです。


と、それは夢だった。そりゃそうだ。

アキが目を覚ますと、ちょうど春子から着信がありました。アキは春子に、「もう帰りたい」と訴えかけます。「もう、帰っていい? いいよね?」と、涙ながらに聞いた。

でも、春子は、「ダメよ」と言うのでした。




土曜日に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)







このままアキはクビになるのだろうか?

春子は動くか?

いっそ、海女クラブで、太巻を締め上げろ!









 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(17-1) 地元に帰ろう 春子がデビューできなかった理由」

  • 2013/07/24(水) 10:52:49


第17週「おら、悲しみがとまらねぇ」前半部の感想。


姉さん、事件です。

春子がデビューできなかった理由が、ついに判明しました。

正宗と春子が結婚したきっかけも、明らかになります。


現代では、あの残念な人が東京に来る。

黙っていれば、カッコいいのに…。



イラッとしたサムシング 黒川正宗




<あらすじと感想>


(月曜)

アキ(能年玲奈)が大好きな「潮騒のメモリー」。それを歌っていたのは、若き日の春子(有村架純)でした。春子は、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の影武者だったのです。しかも、黒幕は、太巻(古田新太)だった。

冒頭、ナレーションでアキが言います。「え~、という、今週はわりとヘビーな幕開きですが、徐々に、いつものバカみでえな感じに戻ると思います」。

やがて、デビューのチャンスがないまま2年がたち、春子は北三陸に帰る決心をした。しかし、偶然というのは、重なる時には重なるものです。その際、春子が乗ったタクシーというのが、若き日の正宗(森岡龍)のタクシーだったんですね。

正宗の方は気づいていましたが、春子は気づいてなかった。そして正宗も、話しかけるわけにはいきませんでした。なぜかといえば、太巻にアホンダラ連発で、恫喝されていたからです。うかつにしゃべって、東京湾に沈められてはたまりません。

その頃の話を、アキは現在の正宗(尾美としのり)に聞いてみた。久しぶりの父との会話に、アキは懐かしいと微笑む。正宗の話し方は理屈っぽくて、学級委員っぽくて、近所のおばちゃんっぽい。イラッと来る感じが、懐かしくてたまりません。

話の中で、正宗は言った。選挙で最下位になったのは、太巻の差し金じゃないのか? 天野春子の娘だから、つらくあたられてるんじゃないか?

さて、また過去話(かこばな)です。いろいろ話しかけた若き日の正宗でしたが、春子は気づいてくれなかった。で、彼女を上野駅で降ろし、ロータリーで車を回して引き返そうとしたところ、なんと、また春子に車を停められた。世田谷に戻るのだという。

二度あることは、三度ある。運命を感じた正宗は、もう東京湾に沈められてもいいという心持になりました。しかもさらに、奇跡が起こります。カーラジオから、「潮騒のメモリー」が流れたのです。正宗は、思い切って言ってみた。「これ歌ってんの、お客さんですよね?」。

ふたりは、喫茶アイドルで話をした。抱えていた秘密を話すことができた春子は、何だから楽になった気がしました。これでもう、思い残すことはない。正宗は、あの日以来、ずっと春子を応援していたのだという。自分はあなたのファン第1号なのだと告げました。

春子への想いを、正宗はぶちまけます。止まらなくなって、マスターの甲斐(松尾スズキ)に、「警察呼ぼうか?」と言われるぐらいです。

正宗は、ここであきらめるなんてもったいないと、訴えた。ここまで自分が頑張ってこれたのも、春子の歌に励まされたから。全国のドライバーが、あなたの歌を聴き、癒されている。ドライバーが安全運転を心がけるのも、事故が減るのも、全部あなたの歌声のおかげだ。

(言いすぎだろう、おい!)

その日から、正宗は、喫茶アイドルの常連客になりました。そして春子は歌手にはなれなかったけど、正宗のお嫁さんになり、やがて、アキが生まれたのでした。

アキは初めて、目の前の白髪まじりの童顔野郎を、かっけえ! と思いました。そして、ひとつ、疑問にも思った。どうして、ママは、上野から電車に乗らずに、世田谷に戻ろうとしたのだろう?

スナック梨明日に電話したアキは、春子(小泉今日子)に言った。「ママ、かっけえ~~!」。そして、新しい目標ができたと、話しました。「おら、ママみでえな歌手になりでえ!」。人の心に響く歌をうたえるような、そんな歌手になりたい。



(火曜)

マメりんこと 有馬めぐ(足立梨花)が、外泊するという。行き先は、彼氏宅です。アキが心配しても、「バレなきゃいいんでしょ?」なんて言っちゃう。アキは思った。「すげえ。この子、オラのこと、敵ともライバルとも思ってねえんだな」。

大吉(杉本哲太)は、天野家で朝食をとるようになってます。実家の母に悪いので 家でも食べるため、朝朝昼晩晩の5食。おかげで太ってきた。

さて、アキの疑問。どうして、春子は上野から電車に乗らず、世田谷に引き返したのだろう? その理由を、春子も覚えてなかった。電話ボックスに入ったまでは覚えているのですが、そこから先が記憶にない。夏(宮本信子)さんに、何か言われたのだろうか?

アキの付き人生活は続きます。鈴鹿ひろ美の今日の仕事は、映画の番宣。中田有紀(本人)司会の番組で、「猫に育てられた犬」のPRをする。「演技じゃなくて、泣いちゃいました。ネコの気持ちも、イヌの気持ちも、分かるんです」なんて言ってましたが、大ウソ。猫アレルギーだし、気持ちなんて分かるわけないというのが、本音です。

本番終了後は、無頼寿司で反省会。そこで鈴鹿は、アキの母親について訪ねた。じぇ! とする、アキ。まさか、あなたの影武者をやってましたとは言えません。言葉に詰まったアキですが、歌がうまいこと、今は地元でスナックをやっていること、昔 歌手を目指していたことなどを、話した。

すると、鈴鹿は言った。「じゃあ、お母さんに夢を託されて来たのね」。

アキは、えっ? と思った。考えもしなかったけど、確かにそうかもしれない。でも、そうすると、なぜあんなに反対したのだろう? 強烈なビンタまでして(水木しげる先生の絵だったら、ビビビビ! ってなってるところだ)。芸能界でやっていく難しさを、誰よりも知っているからだろうか?

無頼寿司から帰れば、寮でミーティングです。相変わらず、入間しおり(松岡茉優)はアツく頑張ってる。

安部(片桐はいり)ちゃんも、寮に出入りしているようです。アキに、まめぶを振る舞う。「じゃあ、ストップって言ってください」と、七味をフリフリ。その「ストップ!」という掛け声に話の腰を折られ、しおりはイライラしてます。

アメ女の元センターがいることを、しおりはチャンスだと考えていました。今イベントをやれば、ファンが確実に集まるに違いない。マスコミだって、取材に来るかも。

ちょうど、いいチャンスがありました。4月に上野のデパートで、岩手物産展が開かれる。観光協会からの要請で、安部ちゃんも参加するとのこと。

提案のアキちゃんは思いつきました。物産展を手伝う代わりに、1曲歌わせてもらうのはどうか? でも、GMTには持ち歌がないぞ。

と、そこに、水口琢磨(松田龍平)が飛び込んできた。重大発表があると、興奮しています。

何と太巻が、GMTのデビュー曲を作っているかもしれないのです。

ゴミ箱に、太巻の字で、こんな歌詞が書かれた紙が落ちていた。


地元に帰ろう 地元で会おう
あなたの故郷 私の地元

地元地元地元 地元に帰ろう



地元ということは、やっぱ、GMT?



(水曜)

水口から朗報がもたらされました。太巻が、GMTのデビュー曲を作っているかもしれないのです。

太巻といえば、詩先でも曲先でもなく、振り先。奈落で振り付けを考えながら、曲を作っています。「地元に帰ろう」はバラードではなく、デスメタルで、サビはテクノだという。

(よく分からん!)

「あいつらのこと気にかけてくれ、ありがとうございます」。そう水口が頭を下げると、太巻は言った。「勘違いしないで。GMTのためじゃないから。これ、マメりんの曲」。奈落におちた有馬めぐを使って、商売するつもりです。

GMTはマメりんのバックダンサー。でも、水口は乗り気だ。これはGMTを売り出す、絶好のチャンス。乗らない手はありません。

有馬めぐの外泊ですが、あれはウソらしい。事務所が借りているマンションに移ったのです。そして奈落に居残り、特訓していた。また一つ、芸能界の厳しさを知る、アキでした。

デビューが内定してから、太巻は頻繁に、奈落に来るようになりました。稽古をつける太巻は まるで別人で、鬼のよう。「インスパイア待ち」とは、何なのだろう? 詩も曲もない状態で、アキたちは太巻の指導のもと、踊り続けました。

そんなことをしているうちに、アキ、しおり、真奈(大野いと)、喜屋武(蔵下穂波)らは、高校を卒業した。

と、そんなある日、アキはめずらしい人と再会しました。ストーブさん(小池徹平)が、東京に出てきたのです。例の上野でやる物産展の担当になったらしい。

ヒロシは種市(福士蒼汰)が劇場の近くで働いていると知り、驚愕。近い、これはあまりにも近い。若い男女が、こんなにも近くに。いかん、いかんですよと、一人でうろたえた。

連日の厳しいレッスンに加え、アキには鈴鹿ひろ美の付き人という仕事があります。その鈴鹿から、アキはえらいことを聞かされます。太巻が恋愛御法度にこだわる理由は、鈴鹿のせいだというのです。

太巻と鈴鹿は昔、付き合っていたのです。交際を申し込んだのは、鈴鹿の方。ヘンな虫がつくよりマシだということで、事務所も公認していた。そして女優転向を目指していた鈴鹿は、太巻に独立を持ちかけたのでした。

太巻はずいぶん、迷ったのだという。目をかけていたアイドル志望の女の子がいたから。

アキは「!!!」と、なった。それは、ママのことだ。太巻はママのことを、真剣に考えていてくれたんだ。

鈴鹿によれば、太巻は今も、ずっとそれを気にしているのだという。恋愛なんて個人的な感情に流されて、有望なアイドルの卵をひとつ潰してしまった。それが太巻が恋愛御法度にこだわる理由じゃないかと、鈴鹿は推測しました。

しかし、何という運命のイタズラか。鈴鹿ひろ美と太巻が昔 付き合っていて、そのせいで春子はデビューできなかった。春子はアイドルの道をあきらめ、正宗と結婚。それでアキが生まれた。そのアキが今、鈴鹿の付き人をしている。


はたして、これでいいのだろうか?

何もかもが分からなくなる、アキでした。

とりあえず、うに丼をおかわり。



木曜からの後半に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)







<今週の宮藤官九郎 節>


「おい、天野! 無視すんなよ!」、そう言う種市にアキは、「無視じゃねえ。聞こえたけど、聞こえねえフリしただけだ」と返した。

いや、それが無視だって。



梨明日で働く、ユイ。だんだんと笑顔が出るようになってきています。

そんな中、吉田くんと磯野先生は、ガールズバーの話を。吉田くんが言うに、ガールズバーとは、カウンターの向こうにガールズがいて、一緒にお酒飲んだり、しゃべったり、お酒飲んだりするらしい。

すると、弥生さんが言った。「それ、スナックだべ?」。美寿々さんも、「んだ」と言う。春子は聞きました。「スナックと何が違うわけ?」。

そんなスナック梨明日のカウンターの中には、現役ガールズのユイと、ブティック今野の服を着た昔ガールズだった3人が立ってましたとさ。



しおりらに自己紹介する、ヒロシ。「ミドルネームだ。足立・ストーブ・ヒロシです」。

すると、しおりが言った。「何か、残念なんだけど」。

真奈も言います。「黙っちょったら、かっこよかとに…」。


あと、種市も、大将のマネ(ヘンな微笑み)をするようになってた。




春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編








 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(16-3) 口パクとアホンダラとベストテン」

  • 2013/07/20(土) 10:05:14


第16週「おらのママに歴史あり2」金曜日と土曜日の感想。


姉さん、事件です。

天野春子は、鈴鹿ひろ美の影武者でした。

そして鈴鹿は、ジャイアンだったのです。

呪いの歌声を持つ人でした。


ザベストテンのなんちゃっても、おもしろかったな~。

糸井重里さんも、清水ミチコさんも、ピッタリ合ってます。

ゲストが来ない時の表現も、懐かしい。



春子のレコーディング




<あらすじと感想>


(金曜)

春子(小泉今日子)は、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の影武者だった。アキ(能年玲奈)の じぇじぇじぇ! が止まりません。

若き日の春子(有村架純)は、鈴鹿に代わり、レコーディングに臨みました。春子の歌声は、好評だった(まるで、キョンキョンのような歌だった)。アキの好きな「潮騒のメモリー」は、ママの歌だったのです。アキの感じたリアルは、ウソではありませんでした。

気になるのが、あの荒巻太一(古田新太)の反応です。あの日から接し方が変わったのも、冷たいことを言い出したのも、このためだろうか? 春子は太巻にとって、消したい過去なのか? 太巻にとって、天野春子は、過去に犯した不正を知る数少ない人物のひとり。その娘だもんなあ…。

東京に帰って来た、アキ。復帰したアキを、仲間たちは あたたかく迎えてくれた。でも、奈落組には、あの人が加わっていました。

「帰ってこなくてよかったのに」、そう言い放ったのは、ノブりんこと、原田伸郎。いや、マメりんこと、有馬めぐ(足立梨花)。「まあ、いいや、私すぐ、上行くし。そしたらまた、シャドーやってもらうからさ。私のダンス、よく見てて」。こんな調子です。

でも、センターから奈落組に落ちても辞めないのは、さすが。ハングリー精神があります。ダークイーターズに推薦したいくらいだ。ハングリー、アングリー!(そういえば、こんな感じも、そっくり。「イジイジ、イジワル、大好きさ!」。って、歌ってるの、磯野(皆川猿時)先生じゃん!)

さて、過去話(かこばな)ですが、映画「潮騒のメモリー」は大ヒット。主題歌も、ヒットチャートをにぎわせました。あの有名な歌番組「夜のベストヒットテン」(司会は、糸井重里と清水ミチコ)でも、1位になった。

けれど、鈴鹿ひろみは、出演を頑なに拒否しました。それもそのはず、彼女の歌声は、怨念や呪怨のレベル。放送にのせれば、日本中が混乱してしまいます。

鈴鹿は、本業の女優に専念することに理由に、歌番組への出演を断り続けた。そしてそれが彼女を、一層、ミステリアスで神秘的な存在に仕立て上げたのでした。

春子は正直、悪い気がしなかった。全国に、自分の歌声が流れているのです。鈴鹿が褒められると、自分が褒められているような気がしました。ちょっと恥ずかしくて、ちょっと誇らしい。秘密を知るのは、春子と、太巻と、数人のスタッフ。そしてあの、イラッとしたサムシングを持つ、ヘンな写真を運転席に掲示しているタクシーの運転手、黒川正宗(森岡龍)だけです。

アキは、鈴鹿の付き人に戻りました。その理由は、鈴鹿を尊敬しているというだけではありません。鈴鹿ひろ美、天野春子、荒巻太一、この3人の過去を、もっと深く知りたいからです。その必要があるように思えた。

アキは鈴鹿に、聞いてみました。「鈴鹿さんの夢って何?」。すると、鈴鹿は答えた。「世界征服と結婚」。どこまで本気なのだろう? どちらも困難だという意味だろうか?

また、過去話。ある日、太巻が、浮かない顔で喫茶店に現れた。何と、鈴鹿がテレビで歌いたいと言い出したのです。しかも、口パクは嫌だと言っているらしい。

これは、ジャイアンリサイタルの再現か?



(土曜)

夢を聞かれた鈴鹿は、「世界征服と結婚――は無理だから、上野に銅像でも建てようかしら」と、笑った。

現在と過去が、交錯します。過去では、太巻が頭を抱えていました。若き日の鈴鹿が、テレビで歌いたいと言い出したのです。

そしてついに、その日が来た。夜のベストヒットテンに、鈴鹿が登場。生放送で、歌声を披露する。

冒頭、獣が絞殺されるような声が一瞬だけ聞こえましたが、あとは大丈夫だった。きれいな歌声が、お茶の間に流れました。それもそのはず、別のブースで、春子が鈴鹿の口に合わせ、歌っていたのです。

こうして春子は、鈴鹿の代わりにいくつかの歌番組に出ることになった。姿は現しませんが、人目に付かないようにスタジオ入りし、代わりに歌う。まさに影武者だ。1回歌うと、3万円もらえた。もちろん、口止め料も含まれています。

昭和61年夏には、鈴鹿のセカンドシングル「縦笛の天使」が発売された。これが、3週連続1位を獲得。サードシングル「DON感ガール」は1位を逃したものの、B面の「私を湖畔に連れてって」が甲子園の入場行進曲に選ばれるなど、歌手としての鈴鹿も存在感を示した。

それを歌うのは、もちろん、春子。そしてやがて、ファーストアルバムの話まで出てきました。

春子は太巻に、「やりたくない」と言った。このまま影武者を続けていたら永遠にデビューできないと、分かったからです。

太巻は春子のデビューを後押しすると約束。実際、社長にデモテープを聞かせるなどしていた。でも、社長から出た言葉は、鈴鹿ひろ美の声に似ているな、でした。

やりきれない思いの春子を、太巻は説得します。今デビューしても、うちの事務所に圧力をかけられ、潰される。いつかちゃんとデビューできるようにするから。僕に任せて。

騙されてると思う春子ですが、他に頼る人もいない。太巻を信じるしかありませんでした。

こんな話を手紙で知ったアキは、不安になりました。眠れなくなって、深夜、水口(松田龍平)の部屋のドアを叩きます。「私、本当にデビューできるんでしょうか?」。オラがいる限り、GMTは永遠にデビューできないんじゃないか?

睡魔に負けそうな水口でしたが、目をしょぼつかせながらも、アキを励まします。「絶対デビューできるから、夢は叶うから」。だから、寝かせてくれ。おやすみ。

また、過去話。あれから2年がたって、年号は平成になった。オバタリアンとかセクハラという言葉が生まれた時代。太巻は、チーフマネージャーに昇格していました。老け顔でしたが、まだ29歳。髪が短くなったせいか、前よりも若く見えます。

春子は太巻に、田舎に帰ると告げた。「もうちょっと、やってみないか」と、太巻は説得しようとします。「君には恩がある。君のおかげで、出世ができた。もちろん、才能も認めている。このまま埋もれさせてしまうのは、おしい。せめて、あと1年」。

だったらお願いがありますと、春子は切り出しました。潮騒のメモリーを歌いたい。今度は自分の名前で、歌わせてほしい。

それは、鈴鹿ひろ美の知名度を頼ることを意味します。春子もそれは分かっていましたが、それほど追い込まれていました。とっくに二十歳は過ぎたし、いつまでたってもデビューできそうにない。追い込まれて、追い込まれて、それで出た結論。せめてそれを、太巻には分かって欲しかった。

でも、太巻には、理解されませんでした。ガッカリした、プライドがないのか、とまで言われた。

それが決定的だったのかもしれない。春子はテーブルを叩いて、立ち上がりました。「プライドなんて、あるに決まってるじゃない! なかったら、とっくに あきらめてます! プライドあるから、このままじゃ終れないから、今日まであんたの言うこと、聞いてきたんです! バカにしないでよ!」。

その日以来、春子と太巻は会っていない。

春子は荷物をまとめて、家を出ました。そして、その時 乗ったタクシーが、正宗の車だった。



重大発表とは何だ?

アキはデビューできるのか?


第17週「おら、悲しみがとまらねぇ」に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



暦の上ではディセンバー 初回限定盤
暦の上ではディセンバー 初回限定盤







<今週の宮藤官九郎 節>


タクシーを降りる際、太巻は「アホンダラ!」を連発。秘密を知ることになった若き日の正宗を、恫喝します。

「ワレ、アホンダラ、今 車の中で話してたこと、アホンダラ、誰にも言うなよ、アホンダラ!」

帯谷孝史 状態。でも、ちょっと京都弁かな。

「もし、アホンダラ、どっかに漏れたら、アホンダラ、己の仕業やからな、アホンダラ!」

しゃべったら、耳から手ぇつっこんで奥歯ガタガタいわせて、口からお尻までロープをつっこんで吊るして、その状態でドラム缶に入れて、コンクリート流し込んで、東京湾に沈めてしまうど、アホンダラ!

と、ここまでは言わなかったけど。



アキが落とした手紙を読もうとした河島耕作(マギー)は、こっぴどく叱られた。

「落ちてたからって、読むか? フツー」

「アホンダラ、アホンダラ!」

アホンダラが うつっています。



喫茶店「アイドル」で声を荒げる春子を黙らせようとした太巻は、「落ち着け、うるさいよ! もう、おっぱい触るぞ!」と。



春子の次のウエイトレス(秋月三佳)。どこかで見たと思ったら、フォーゼに出てた子か。










 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(16-2) アキとユイの友情&春子は影武者?」

  • 2013/07/18(木) 09:40:10


第16週「おらのママに歴史あり2」木曜日の感想。


種市のことで揉めたあの小屋で、再び、アキとユイが語り合う。

そこで出た結論とは?

春子からの手紙、第2章。

そこで語られた衝撃の事実。

鈴鹿ひろ美は、ジャイアンだったのか?



春子は影武者?




<あらすじと感想>


(木曜)

水口(松田龍平)による感動の説得があったのですが、アキ(能年玲奈)は小屋に立てこもってしまった。ユイ(橋本愛)がやって来たからです。ユイの消えた眉毛に、水口は驚いた。

思えば、前にもこんな状況があった。アキの初恋の相手、種市(福士蒼汰)先輩のことで揉めた時だ。あの時も、本気でぶつかり合ったっけ。

アキはやがて、かんぬきを外し、ユイを中に入れました。

ユイは謝った。「アキちゃんにあたるしかなかったの。やってらんなかったの」。そしてアキは、お互い様だと返す。「アイドルも、奈落も、ワガママ女優の付き人も、ユイちゃんのためと思わねえど、我慢できねえっていうか。ユイちゃんのせいにしねえと、やってられねえっていうか」。

ユイに否定されたアキは、モチ…、モチ…、もちもちの木。そう、小学生の頃に、国語で習った。これとか、赤いスポーツカーとか、チックとタックとか、懐かしいなあ。


モチモチの木 (創作絵本6)


いや、そういうことじゃない!

ユイに否定されたアキは、モチベーションが保てなくなったのです。自分が何のためにやってたのか、分からなくなった。

ユイのことを、春子(小泉今日子)は こう解釈していました。要するに、今の自分を正当化するために、過去の自分を否定するしかなかったのだと。芸能界に憧れていた過去の自分を否定しないと、過酷な現状を乗り越えられなかった。

春子の場合、それが夏(宮本信子)でした。どんなにつらいことも親のせいにして 乗り越えてきたと、振り返ります。でも、夏さんはシンプルだ。海のそばに生まれたから、潜る。それだけだと笑う。

「海女さんは?」と、ユイは聞いた。誰のために潜っていたのかと、アキにたずねます。「オラのためだ」と、アキは答える。すると、ユイは、こう聞いた。「じゃあ、自分のために、歌ったり踊ったりできない?」。

「私のためじゃなくて、自分のためにやってみなよ」と、ユイは言います。「私、見てるから」と。

それは、和解と別れの瞬間だった。

「冷めたんじゃなくて、あきらめた」と、ユイは話します。「その代わり、ちゃんと見てるから」「やってダメなら、また帰ってきなよ」。

ユイはアキに、色紙にサインしてもらいました。それを大事そうに、胸に抱えます。

水口は、夏と春子に話しました。二人ともブレイクするのは無理だって、最初から思っていた。正直、ブレイクするのはユイちゃんだと思ってた。「でも、今回、あらためて自分の中でアキちゃんが、アキちゃんの存在がこう、クローズアップされていることに気が付きました」「何だろう、こう、かわいいですよね」。東京に帰ったら、ちゃんと戦略を練って、売り出すつもりです。

アキとユイはあの日のように、自転車で走った。そしてアキは決心する。おら、東京さ戻る。


1月10日、アキはたくさんのお土産と共に、東京へ。

ユイからは、自作の数珠が渡されました。(若い人には、別の呼び方があるのかもしれないけど)

アキは土産の中に、手紙があることに気づいた。それは、春子からの手紙でした。

「こないだの続きです」と、いきなり始まっている。

そこに書かれていたのは、荒巻太一(古田新太)との過去。若き日の春子(有村架純)の秘密。


アイドルを夢見て上京した春子でしたが、あてにしていた番組が打ち切られ、途方にくれます。そんな時、親身になってくれたのが、喫茶店マスターで疑惑の頭頂部を持つ甲斐(松尾スズキ)と、とても26歳には見えない老け顔の新人スカウトマン 太巻だった。

当時は、80年代半ば。いわば、アイドルが試行錯誤していた時代。セイントフォーがアクロバチックに飛び跳ねていたり、会員番号制の女の子たちがセーラー服を脱ぐとか脱がないとか歌っていたり、クラッシュギャルズが蹴りまくっていた時代だった。

この頃になると、春子も聖子ちゃんカットをやめています。パーマがだいぶ、とれている。

ある日、春子は、荒巻に呼び出されました。荒巻の事務所では、社運を賭けてある新人を売りだそうとしていた。それが、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)。

でも、鈴鹿には、欠点があったのです。歌がその…独創的というか、何というか。ピカソの絵みたいというか、ちょっと変わっているというか。うん、ぶっちゃけ、オンチだったのです。

それは、呪いのような歌声だった。子どもは夜泣きし、ドライバーは事故るレベル。カセットテープから大量の黒髪があふれ出ても、驚きません。

鈴鹿は映画デビューをひかえていて、その主題歌を歌うことが決まっています。しかし、その破壊的な歌唱力に、みんな困ってしまった。

そこで春子に、白羽の矢が立てられたのでした。鈴鹿が歌ったことにして、春子が歌う。そう、春子は鈴鹿ひろみの、落ち武者――いや、影武者だったのです。



あと、その時 乗ったのが、黒川正宗(森岡龍)のタクシーだった。



金曜日に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



暦の上ではディセンバー 初回限定盤
暦の上ではディセンバー 初回限定盤







<感想>


ユイは、アイドルの道をあきらめちゃったか。

GMT入りは、なさそうですね。

でも、家のことが片付いたら、もう1回、挑戦してほしいな。

アキとは別の道で、アイドルになった姿が見たい。

どんな形でもいいから。


ああ、小太りの男、抜きでね。










 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(16-1) アキ vs ユイ ケンカと友情 もなみとは?」

  • 2013/07/17(水) 14:08:05

第16週「おらのママに歴史あり2」前半部の感想。


祝日の月曜から、重い展開。

種市先輩のこと以来、二度目のケンカか。

あれも結構なものだったけど、今回のも重いぞ。

ついでに、なもみとバングラデシュ人が対決してたぞ。


そしてまた、水口の熱い一面が見れた。

アキの心を動かす言葉とは?



若き日の太巻と春子


(追記)

バイクのCM人、あゆの元彼だったらしい。


 → 「浜崎あゆみの元カレ、「あまちゃん」に出演していた│ネタりか」




<あらすじと感想>


(月曜)

アキ(能年玲奈)は、北三陸に帰って来ました。初めてのドラマ撮影では、NGを40回も出した。おかげで、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)から、俳優は無理だと見放されてしまいます。国民投票でも、GMT中最下位。繰り上げで何とか解雇は免れたものの、太巻(古田新太)から、次なんかないと言われた。

そんな傷心のアキでしたが、地元のみんなは、温かく、暑苦しく、迎えてくれました。ただ一人を除いて…。

夜、アキは、ユイ(橋本愛)に、海女カフェに呼び出されます。そこで、ユイが変わったのは外面だけではないことを知るのでした。海女ソニックなんて全然楽しくなかったと、ユイは言った。あんなのは消したい過去だと。

東京には行かないと、ユイは告げた。アイドルにも、なりたくない。あきらめたんじゃなくて、完全に冷めた。だって、ダサいから。

ユイの口から信じられない言葉が、次から次へと出てきます。ダサいアメ女のダサい妹分がGMTなわけでしょ? ウケる。今となっては、あんなものに夢中になってた自分が恥ずかしいというか、汚点だよね。ミス北鉄とか、ホント無理。勘弁してほしい。

「そりゃねえべよ、ユイちゃん! あんまりだ!」と、アキは声を荒げました。ユイちゃんが来ると言ったから、頑張ってきた。あの言葉を、ずっと信じてきたのに。ダサいのも、最初から知ってた。でも、ユイちゃんと一緒だと、ダサくても楽しいから、やってきたのに。

アキは声を張り上げました。「ダサいぐらいなんだよ、我慢しろよ!」。

東京でアキは、いきなり思い知らされた。みんなが待ってたのは、ユイちゃんだと。行く先々で、かわいい方? と聞かれた。これじゃあ、いくらなんでも、傷つく。逆だったらよかったのにと思った。ユイちゃんが東京に来ればよかったのに。

そうアキが話した時、ユイの頬を涙が伝いました。「そんなこと、軽々しく言わないでよ!」「母さん蒸発して、病気の父さん置いて、行けるわけないでしょ!」。

ユイの中でも、未だ葛藤があるようです。

その頃、功(平泉成)は、スナック梨明日にいた。そこで、爆弾発言をします。奥さんからまだ連絡ないんですか? と聞く磯野(皆川猿時)先生に、「ダメダメ、先生! それ、私、まだ知らないことになってるんだから!」と言ったのです。

じぇじぇ!

アキちゃんみたいに気楽な身分じゃないと、ユイは言います。代わってほしいのは、こっちだと。

すると、反射的に、アキは言ってしまった。「お母さん、帰ってこないよ…」。ユイはそれに反発します。「帰って来るよ、必ず」。

アキは言った。「ごめん。だけど、オラだって、必死に踏ん張って、這い上がろうとしてんだ。気楽な身分だなんて、言われだぐねえ!」。40位の繰り上げ当選でも? と言われても、食い下がります。「それがオラの現実だ!」「ダサいなんてそんなの、自分が一番、分がってる」。

「どんだけ不幸か知らねえが、ここで過ごした思い出まで否定されたら、オラ、やってらんねえ!」、アキは走って出て行きました。

功たちが帰った後、梨明日では、ユイのことが話題に。結局、オラたちは ユイちゃんをどうしたいんでしょうね? と磯野先生は漏らす。東京に行くとなったら切なくなるし、行けなくなったらなったで切なくなる。何とかしてあげたくても、切なくなることしかできない。

オラたちにとって、結局、ユイちゃんは何なんでしょうね? そんな磯野先生の問いに、大吉(杉本哲太)は明確な答えを出した。「アイドルだべ」。ユイちゃん、みんなのアイドルだべ。

駅でユイは、泣きながら、春子(小泉今日子)に抱きつきました。「アキちゃんを、傷つけちゃった…」。その言い様は、以前のユイでした。そして春子は、「どうした?」と、そんなユイの背中をポンポンと、何度も叩くのでした。



(火曜)

1月2日、喜屋武(蔵下穂波)ちゃんはやっぱり、沖縄に帰ることにした。乗り継ぎがややこしそうだけど、無事 行けるかな? 今日は、おめでた弁護士2の放送日です。天野家では、HDDとプラズマテレビを新調。でっかいテレビを薄いテレビにして、放送に備える。

春子はアキに、東京の話をするようにねだった。それも、ゲスい話を。芸能人の裏話なんて知らないアキは、太巻について聞いてみました。春子によれば、太巻はただの喫茶店の客だという。確かに26歳にはとても見えないけど、ただの常連客。

アキは言いました。「いや、ちょっと疑ってたんだ。ママと太巻社長の間に何かあって、それで、オラ、芽が出ねえんじゃねえかって」「ダメだダメだ。思うようにいがねえからって、人のせいにしちゃ、ダメだよね」「んだ、オラのせいだ。実力だ」。

北三陸地方の正月といえば、煮しめ と なもみ。「なもみ」とは、秋田でいう「なまはげ」。でっかい顔した鬼が、包丁を手に、子どもを脅したりする。でも、みんな慣れてるので、特に驚きません。花巻(伊勢志摩)さんの娘たちでさえ、スルーするぐらい。

(「なもみ」の元々の意味は、炉辺で火にばかりあたっているとできる火ダコのこと。なもみができるぐらい怠けていると鬼が来るよ、という戒めの意味を込めた行事らしい)

ただ、美寿々(美保純)さんの彼氏、バングラデシュ人のカマール(アベディン)だけは、取り乱していました。ハデにひっくり返った後、反撃しようとした。

天野家では、みんな集まって、宴会。盛り上がりながら、アキの出演を待ちます。島田さんが失踪したら、出番は近いぞ。

大吉はいつの間にか、上座に座るようになっていました。春子と呼ぶようになっているし、薄いカシスオレンジなら飲めるようになってる。プロポーズの返事はまだですが、大吉曰く、「ノーと言われない限り、イエスだと思ってる」。

さて、アキのドラマ出演ですが、1秒ほどだった。ドアを出るシーンだけで、セリフはカットされていました。すぐに、「いらないバイク~、買い取るぞう~」のCMになっちゃった。

40回もNGを出しながら頑張ったのに、放送されなかった。アキはじんわりと、落ち込みます。



(水曜)

黒ずくめにサングラスの女が、まごころ第2女子寮を訪れました。って、アメ女の元センター、マメりんこと、有馬めぐ(足立梨花)だ。奈落おちしたからか。勝手にアキの荷物を片付けてるけど、いいのかな?

やんわりと入間しおり(松岡茉優)が注意すると、「辞めたって聞いたけど?」と言う。え? アキは辞めたことになってるの?

正月早々、大変なことになりました。なんと、ストーブ(小池徹平)がストーブで、餅を焼いているのです! いや、そんなことは、どうでもいい。なんと、アキが海女カフェで働いている。

これは、潮騒のメモリーズ再結成も近い?

ヒロシによると ―― ん? ヒロシ? ええと…ああ、ユイちゃんのお兄さんね ―― ユイもしばらくは、前向きだったらしい。いつでも東京に行けるように準備していたし、功の回復を喜んで、観光協会に駆け込んできたりもしていた。

それが、よしえ(八木亜希子)の失踪をきっかけに、崩れてしまいました。これで完全に道が断たれたと思ったのかもしれません。

やっぱり待っていればよかったと、アキは後悔した。一緒に行けばよかった。「ふたりで行ってたら、百人力だったのに」。抜け駆けのようになってしまったからパッとしないんだ、とまで思ってしまいます。

水口(松田龍平)の電話に、アキは出ません。本当に、帰らないつもりだろうか?

アキは忠兵衛(蟹江敬三)に、今の気持ちを打ち明けました。海女カフェでバイトしているのは、現実逃避。「現実はつれえな~」と、しみじみと漏らします。そんな忠兵衛も、漁に関して同じ感じ。行けば行ったで何とかなるけど、行くまでがつらい。

と、そこに水口がやって来た。あれ? これは夢か幻か? なもみが化けたのか? でも、本物だった。

息を切らせながら新年の挨拶をした後、水口は聞いた。「いつまで、いるの?」「みんな待ってるよ」「GMTには、君の力が必要なんだよ」。

すると、アキは言い返しました。だったら、ユイちゃんを連れて帰ればいい。かわいい方を、かわいい感じで連れて帰って、かわいいプロデュースを、かわいいみんなとすればいい。

水口は、今すぐ留守電を聞くように言います。アキは16件のメッセージに驚きつつ、聞いてみた。その内容は、次のようなものでした。

君のいないGMTの未来を考えて、激しく落ち込んでる。俺はずっとユイちゃん派というか、ユイちゃんをセンターに抜擢しようとしてきた。でも <ピー 2件目 → >、そんな逆風の中で君は、4ヵ月かけて、自分の立ち位置を獲得した。もう君は、ユイちゃんの相方じゃないよ。GMTの天野アキだ。なまってるけど、40位だけど、最下位だけど、それが<ピー 3件目 → >、どうした! 誰が何といおうと、君の代わりは、君しかいないんだよ。そんな君を売り出すことが、マネージャーとしてボクの<ピー 4件目 → > 。

GMTのメンバーたちも、留守電に吹き込んでいます。

リーダー 入間しおりは、「一緒に天下取るって約束したじゃん!」と、相変わらず熱い。

遠藤真奈(大野いと)は、アキがいないと奈落がお通夜のようだと言う。

小野寺薫子(優希美青)は、早く帰ってくれないと有馬めぐと相部屋になっちゃうからと、泣きそう。

喜屋武ちゃんは、ざわわ ざわわ と歌った。

<ピー>という発信音をはさんで、みんなが励ましてくれます。種市(福士蒼汰)先輩も、梅頭(ピエール瀧)まで(無言だけど)、メッセージを吹き込んでくれている。

安部ちゃんには、お土産を頼まれた。鈴鹿まで、メッセージを。

アキを愛してくれているのは、北三陸の人たちだけではありませんでした。東京でもちゃんと、愛してくれる人たちがいる。



これを聞いたアキは、

アキは、

立てこもった。


じぇじぇ!



木曜日からの後半に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



暦の上ではディセンバー 初回限定盤
暦の上ではディセンバー 初回限定盤







<今週の宮藤官九郎 節>


アキが女優だと聞いたカマールは、「濡れ場、サイコー! R指定、サイコー!」と はしゃぐ。

おいおい、それは隣の人だろう。


アキが戻った海女カフェを見て、菅原は「掃き溜めに鶴だべ」と表現する。

組合長も、「昨日までは鶴のいねえ掃き溜めだった」と振り返ります。

海女カフェでなく、掃き溜めカフェ?

その掃き溜めの主、弥生さんは、ペペロンチーノが言えず、「ペペペペ ペロペロペロロロ…ぺペペ」と、舌を噛みそうだった。





連続テレビ小説あまちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)










 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(15-3) GMT脱退は誰だ? アキの帰郷」

  • 2013/07/13(土) 12:03:30


第15週「おらの仁義なき戦い」金曜日と土曜日の感想。


国民投票の結果が出ました。


ずんだずんだ! でおなじみ、宮城の小野寺薫子は、20位。つぶらな瞳が、ファンの心をつかんだようです。あの瞳は、まるでオバケのQ太郎のP子ちゃんのよう。アキ風に言えば、ピーー子ちゃん。いや、それでは、放送禁止風になってしまう。

あまちゃん 小野寺薫子(優希美青)


大躍進したのは、小野寺ちゃんだけではありません。福岡改め佐賀の遠藤真奈は、26位。リザーブ入りです。佐賀のがばいばあちゃんや、全国の けばいねえちゃんの支持を集めたのだろうか? 今後は、メガネキャラとしても活躍してほしい。

あまちゃん 遠藤真奈(大野いと)


同じく、リザーブ入りを果たしたのが、徳島の宮下アユミ。29位だ。やっとさ~、やっとやっと! ヤットさんこと、遠藤保仁 選手も喜んでいるはず。あと、ロゼット洗顔の白子さんと黒子さんにも、似てなくはないような気も。

宮下アユミ(山下リオ)


沖縄の喜屋武エレンは、38位で解雇を免れた。沖縄時間(ウチナータイム)で動く、マイペースな女の子。イライラとは対極の、おっとり娘だ。琉神マブヤーも、きっと応援している。

あまちゃん 喜屋武エレン(蔵下穂波)


リーダー入間しおりは、残念ながら、41位。ネギはけっこう、苦手な人がいるからな~。えっ、違う? 熱すぎた? 連日、猛暑日が続くからな~。え? ドラマでは、暦の上ではディセンバー? 40位より上でも、よかったのにねえ。「Negicco(ねぎっこ)」もきっと、応援してるぞ。

あまちゃん 入間しおり(松岡茉優)


そして主人公、海女のアキちゃんですが、42位だった。ガーン!





<あらすじと感想>


(金曜)

アキ(能年玲奈)は、ズタズタでした。初めての撮影現場では、ボロボロ。「引っ越しましたよ」を「しっこしましたよ」と言うなど、NGを40回も出した。国民投票は42位で、解雇決定。そして、さらなる事件が待っていました。

匿名メールにより、宮下アユミ(山下リオ)に彼氏がいることが発覚したのです。アメ女には、「恋愛御法度 三大原則」がある。「撮らない、撮られない、ついていかない」(ついていかないって、犬かよ!)。せっかく生き残ったのに、問題発生です。

アメ女のチーフマネージャー河島耕作(マギー)は、内部の者がリークしたのではないかと疑いました。そして、アユミは5秒考えた後、アイドルになることより、彼氏をとった。

事情は複雑です。GMTのリーダー入間しおり(松岡茉優)は、41位。アユミが辞退すれば、40以内に入れる。

しおりは、辞めるというアユミを、突き飛ばしました。こういうの嫌! バカにしてんの! それで私が喜ぶと思った? そんなつもりで、あんたと付き合ってなんかない! 感情をあらわにします。

アユミは床に手をついて、謝りました。実は、しおりのことを疑っていたのです。彼氏がいることを話したのは、しおりだけだったから。仲間を疑うなんて最悪だと、自分を責めました。

アユミの彼氏は、新宿の忍者居酒屋で忍びながらバイトしています。にんにん。アユミは彼のことが心の底から好きで、将来は結婚してくノ一になり、ふたりで忍びつつお店を持ちたいと思っている。にんにん。

「だったら、辞めろよ、ガール! 辞めちまえ!」。声に振り返ると、荒巻太一(古田新太)がいた。あれ? 太巻さん、ニューヨークでは? どうもあれは、演出だったようです。あれは録画で、本人は無頼寿司にいた。

恋愛御法度はみんなを縛りつけるためのルールではないと、太巻は言います。若くて可能性を秘めたメンバーたちに、考えるきっかけを与えるためのもの。アイドルとしてストイックに生きるのか? 彼氏とズブズブの恋愛に溺れるか?

健康な女子ほど、恋がしたい。そんな分かりやすい感情を抑圧して、ステージに立つ。それがアイドルだ。選ばれた一握りの人間の、業(ごう)。

そしてアキは、太巻にダメ出しされた。40通りのNGを出すなんて、ある意味、才能だ。でも、君には、次なんてない。いや、これから、いい事なんて、何もない。「答えが出たんだ。君を必要とする人間は、ここにはいない」。バッサリと、斬られてしまいました。

奈落からさらにどん底に落ちていたアキですが、そこからまた、太巻に蹴り落とされた。

アユミは結局、GMTを脱退することになりました。合宿所を出て、彼氏と暮らす。別の幸せを、選んだのです。これで、リーダーは、解雇を免れた。

小野寺ちゃん(優希美青)は、アメ女のレギュラーメンバーに大抜擢。佐賀の真奈ちゃん(大野いと)は、リザーブに昇格。これで、年越しライブに出演できます。

喜屋武ちゃん(蔵下穂波)とリーダー、元アメ女センターの有馬めぐ(足立梨花)らは、奈落組に。

そして、アキは…




アキも大逆転。奈落に落とされてフェードアウトしたメンバーと入れ替わる形で、何とかギリギリ、40位に滑り込んだのでした。ただ、それがうれしいのかというと、そうでもない。太巻の言葉が、耳から離れなかった。

年末になり、小野寺ちゃんと真奈ちゃんは、年越しライブに大忙し。リーダーは、実家に帰った。そして、喜屋武ちゃんは、ひとり合宿所に残るアキを気遣い、一緒に残ってくれました。

アキと喜屋武ちゃんが大掃除していると、種市(福士蒼汰)先輩が寿司を持って来てくれた。梅頭(ピエール瀧)からの差し入れです。年明けに宴会が入ったので、種市は帰郷を取りやめたらしい。

年越しライブを見ながら、アキはウニを口にした。ウニ、思い出のウニ。岩手での日々、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)からのダメ出し。弥生さんたちの笑顔、太巻のダメ出し。過去と現在、楽しかった思い出とつらい現状が、錯綜します。

帰らないと決めていたアキですが、バッと立ち上がった。「ダメだ…」「おら、やっぱ、帰る! 帰りでえ!」。



(土曜)

2010年元旦、アキは北三陸に、4ヵ月ぶりに帰って来ました。喜屋武ちゃんと一緒に。

さっそく駅で、大吉(杉本哲太)と吉田(荒川良々)くんに挨拶。春子(小泉今日子)は すっかりなまっており、ブティック今野の服が似合うようになっています。東京帰りの春ちゃんではなく、リアスの春ちゃんになってる。

喫茶リアスには、次々とお馴染さんが訪れます。観光協会の菅原(吹越満)に、水口(松田龍平)の師匠にあたる勉(塩見三省)さん。

そしてアキは、カウンターの中から睨んでいるヤンキーを見て、腰を抜かしそうになりました。ユイ(橋本愛)ちゃん? ユイちゃんが、ユイちゃんが、ワルなりはってる! 積み木を崩してる! 不良少女と呼ばれてる! 少女に何が起こったか? この子誰の子? プロゴルファー祈子!

プロゴルファーは関係ないけれど、そこでアキは、みんなから おおよその事情を聞いた。そして、思い出しました。東京で、よしえ(八木亜希子)を目撃したことを。アキは、でっかい土産を、持ってきているのです。言えないけど。

すっかり なまっている春子ですが、大吉の様子も少し違う。春子を「春ちゃん」ではなく「春子」と呼び、距離も以前より近い。実は、去年のクリスマスに、大吉がプロポーズしたそう。ただ、まだ、春子から返事はもらっていません。

大吉がゴースト・バスターズを歌い、喜屋武ちゃんが踊りと、場は盛り上がります。が、ユイが消えていた。アキが探そうとすると、ユイは小太りの男(山田健太)と、どこかに行くところでした。まだ、付き合ってたのか。

アキは困ってしまった。よしえのこと、春子と大吉のこと、ユイちゃんのこと。人と会うたび、お土産が増えてしまう。これら、でっかいお土産を、どこにしまえばいいのだろう?

喜屋武ちゃんの手を引き、アキは海女カフェへ。懐かしい面々が、迎えてくれます。組合長(でんでん)、弥生(渡辺えり)さん、かつ枝(木野花)さん、美寿々(美保純)さん、みんなと抱き合った。海女の後輩たちもいます。洋楽に造詣の深い花巻(伊勢志摩)さんは、まめぶを作っていた。

家に帰ると、またまた、じぇじぇじぇ! おじいちゃんの忠兵衛(蟹江敬三)が帰って来てる。その忠兵衛をどかせて、夏(宮本信子)は孫に抱きついた。

さらに、スナック梨明日に、先生が二人も来店。磯野(皆川猿時)先生はいいとして、功(平泉成)が何とかという人(小池徹平)と共に、元気な姿を見せてくれました。最近では、調子がいいそうだ。

夜は、天野家で宴会。その途中、アキは海女カフェに走りました。ユイちゃんから、メールが届いたのです。



ユイとアキのユニットは、復活できるのだろうか?

太巻が冷たくなったわけは?

過去に春子と、何があったのだろう?



第16週「おらのママに歴史あり2」に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



暦の上ではディセンバー 初回限定盤
暦の上ではディセンバー 初回限定盤







<今週の宮藤官九郎 節>


梅頭のことを喜屋武ちゃんは、「あのキモい板さん?」と言った。ビミョーな笑顔の、顔マネをします。

質感がハブっぽいとのこと。目つきや動きが、ハブ系。



ひさしぶりの登場で、絶好調な吉田くん。

アキを見て、じぇじぇ! と驚き、大吉を「じぇき長」と呼んだ。

勉さんのことは、「勉アフレック」と紹介。

(ベン・アフレックは、アメリカの俳優で、脚本家や映画監督でもある人。「アルマゲドン」「パール・ハーバー」などに出演している。ちなみに、琥珀は磨かない)


ケバブの移動販売にはさまれた、安部ちゃん。お互いに、「ケバブ~!」「まめぶ汁~!」と声を張り上げるのですが、そのうちひっくり返って、「マメブ~!」「けばぶ汁~!」になっちゃった。









 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(15-2) 選挙速報 アキ落選? 島田さん引っ越し?」

  • 2013/07/11(木) 12:55:48


第15週「おらの仁義なき戦い」木曜日の感想。


国民投票の開票日が来ました。

そこで、衝撃の結果が!

姉さん、事件です。

主役が、主役が!


GTM6の運命は?

島田さんは、引っ越したのだろうか?

AD小池、ガンバレ!

ボールド!



あまちゃん 遠藤真奈(大野いと)



<あらすじと感想>


(木曜)

国民投票当日、GMTのメンバーは奈落で、最後の審判が下されるのを待ちます。そしてアキ(能年玲奈)は、女優デビューの撮影に臨もうとしていた。

臨月のおめでた弁護士、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)。彼女とちょっとだけ絡む、マンションの隣人C役。セリフは、「島田さん、先週、引っ越しましたよ」だけ。

が、これがなかなか、うまくいきません。キューって何だべ? きっかけって何だべ? ボールドって何だべ? と、ヘンな声の監督(ベンガル)をイライラさせます。キュー出しは見えず、自分のタイミングだと長過ぎ、その度に、「ボールド!」と叫んで、撮り直す。

その度、AD小池(太賀)は、監督に怒鳴られました。この人が、一番の被害者かもしれない。

やっとタイミングがあったと思ったら、「鈴鹿さん、先週、引っ越しましたよ」になってしまった。その次は、「小池さん、先週、引っ越しましたよ」。なかなか島田さんは引っ越せません。監督の「カット!」の声も、怒りを通り越して、もう泣きそう。ここで、テイク32だった。

投票結果の方ですが、なぜか、荒巻太一(古田新太)は、ニューヨークにいて、そこから発表。GMTの中で一番初めに呼ばれたのは、徳島の宮下アユミ(山下リオ)でした。29位。次は、佐賀の遠藤真奈(大野いと)で、26位。何と、レギュラーメンバーである20以内にも選ばれました。宮城の小野寺薫子(優希美青)は、20位。

撮影も続きますよ。「島田さん、先週、引っ越しましたよ」。ついに言えた。アキは感激して、笑顔に。笑っちゃったので、NGです。そして、問題が発生したからと、水口(松田龍平)は劇場に帰ってしまった。

国民投票で、驚くべきことが起こりました。アメ女のセンターだった有馬めぐ(足立梨花)が31位で、奈落組に落ちてしまった。スキャンダルの影響だろうか?

喜屋武エレン(蔵下穂波)は38位で、解雇を免れました。あと、GMTで残っているのは、アキとリーダーの入間しおり(松岡茉優)だけ。

ドラマ撮影では、ついにセリフがちゃんと言えた。「島田さん、先週、引っ越しましたよ」。長い道のりでした。島田さん、ついに引っ越し完了です。アキは感涙し、AD小池とハイタッチし、一緒に踊った。

でも、鈴鹿に言われました。「あなた、女優は無理ね」。話し相手としては面白いし、いてもらうと助かる。でも、女優は向いてない。付き人は続けてほしいけど、もう役はあげられない。そうハッキリと言われてしまった。

40以内に、アキとリーダーの名前はありませんでした。太巻から、冷徹な原稿が読み上げられます。「なお、以下のメンバーについては、公約通り、解雇と致します。GMT入間しおり、同じく、天野アキ」。

じぇじぇじぇ! も出ないくらい、とんでもないことになりました。主役とリーダーが、解雇。奈落のさらに下、地獄です。頑張りは、報われませんでした。

が、これでは終わらない。事件発生です。

種市(福士蒼汰)に、ユイ(橋本愛)から、返信があった。功(平泉成)が退院したのです。女優の道は閉ざされ、解雇が発表されと、どん底に落ちたアキでしたが、希望が出てきました。ユイちゃんが、東京に来れる。「やるなあ、海女のミサンガ」。

そして、徳島の宮下アユミがGMTを辞めると…



金曜日に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



暦の上ではディセンバー 初回限定盤
暦の上ではディセンバー 初回限定盤







アキ解雇でじぇじぇじぇ! となりましたが、まだまだひと波乱ありそう。

アキとしおりの復活はあるか?

ユイは東京に来るのか?

先が楽しみだ!













 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(15-1) 女優デビューと国民投票、ヒビキ一郎 再登場」

  • 2013/07/10(水) 10:06:18


第15週「おらの仁義なき戦い」前半部の感想。


ついに始りましたね~、国民投票。

クビがかかってるので、GMTにとっては正念場。

そして水口も、熱いところを見せた。

GMTの6人は、生き残ることができるのだろうか?


お疲れ気味のアキを復活させたのは、ドラマ出演。

思わずニヤけてしまいます。

でも、ある人を街で見かけ、ビックリしてしまった。



あまちゃん 入間しおり(松岡茉優)



<あらすじと感想>


(月曜)

アメ女国民投票が実施されることになりました。でも、アキ(能年玲奈)らGMT6にとっては、がけっぷちの危機。40位に入れない6名は、解雇されてしまうのです。露出が少なく認知度の低いGMTは、ヤバイ。

GMTは、スタッフ会議に出席。張り切る水口(松田龍平)ですが、チーフの河島耕作(マギー)らは消極的です。太巻(古田新太)も、まだ早いんじゃないか? と言う。

そして、アキは気になっていた。春子(小泉今日子)の娘と知って以来、太巻のアキを見る目が変わった気がする。考えすぎだろうか?

ちょっと、うれしいことがありました。GMTのファンだという二人(佐藤王宝、宮野薫)に、声をかけられたのです。国民投票でもGMTを推してくれると、約束してくれた。ぶっちゃけ、小野寺(優希美青)ちゃんのファンなわけですが。

寮に帰ると、白髪頭の童顔野郎、イラッとしたサムシングを持つ、イボリーこと、正宗(尾美としのり)が待っていました。そして、小野寺ちゃんの母・さとみ(石田ひかり)もいた。

仕事の合間に「小野寺薫子 オフィシャルブログ」を見ていた正宗は、国民投票が実施されることを知ったのだという。そこには、こう書かれてありました。「どうすっぺ、40位に入んねえど、クビだ…」。

正宗は思った。かわいい娘同士を、大人の都合で競い合わせ、優劣をつけるようなことが許されていいのか? そこで、娘のふりしてブログを書いてる(え?)小野寺ちゃんのお母さんと一緒に、抗議しに来たというわけ。

二人が来ていると知り、水口があわてて帰って来た。その顔を見て正宗はビックリしますが、誰かまでは思い出せません。琥珀の勉(塩見三省)さんのことも、思い出せない。

モザイク勉さん、ミステリアス。

抗議する正宗と さとみに、水口は言いました。確かに、40位以内に入れなかったら、解雇。でも、20位以内に入れば、レギュラーになれる。どうして、解雇になるのが前提みたいに、話すんですか? 「そんなの、徒競走の順位を発表するなって言ってる親と、一緒じゃないですか。小学校の運動会じゃあるまいし」。

芸能界はそんなに甘い世界ではないと、水口は言います。やり方が気に食わないなら、辞退してもいい。田舎に帰ってもいいし、生ぬるいプロダクションで、飼い殺しにされるのもいいかもしれない。

水口自身も、この国民投票はフェアじゃないと思っていたのだという。でも、これはチャンスでもある。田舎者でなまってる無名の新人が、そろって上位に食い込む。そうなったら、こんなおもしろい話はありません。

そして、水口は約束した。GMTの中から一人でもクビになったら、自分も事務所を辞めると。責任を取って、解雇してもらう。6人が40位以内に入れるよう死ぬ気で頑張ると、水口はふたりを説得した。

ちなみに、正宗は、マンションにいた女の人(大久保佳代子)と、別れたのだそう。

水口は、勉さんに言われたことを思い出した。琥珀の元は、ただの樹液。それを磨いて磨いて、やっと価値が出る。「おまえの仕事も、そんだべ?」と、勉さんは言った。原石を磨いて、宝石にする。今は一生懸命、GMTを磨いている最中だ。

見かけよりもずっと熱いハートを持つ水口に、アキは驚かされました。東京に来てからというもの、水口はカッコイイ。それに、ツッコミの技術も向上している。

さて、みんなに約束してしまった手前、しっかりとGMTを売り出さねばなりません。ファンミーティングを開きたいのですが、場所を確保するには料金が高すぎる。そこで、提案のアキちゃんが、言った。「路上でやったら、どうですか?」。

こうして、GMT6+水口による路上ファンミーティングが開かれることになりました。

前途多難そうですが、さて、どうなる?



(火曜)

ついにGMTが動き出した。「天下取ろうね、GMT!」「奈落から出ようね、GMT!」「バイト辞めようね、仕送りもらうのやめようね!」「We are GMT6!」。

路上パフォーマンスに励む6人ですが、立ち止まってくれる人はまだ少ないようです。オタっぽい数人が、カメラを向ける程度。ただ、ここで踏ん張らないと、解雇されてしまう。正念場です。

安部(片桐はいり)ちゃんも、協力してくれることになった。メンバーの郷土料理を作ってもらって、劇場まわりでPRしてもらいます。

岩手のまめぶ、宮城のずんだ餅、沖縄のサーターアンダギー、佐賀のムツゴロウの蒲焼(かばやき)、埼玉の行田フライ、徳島のフィッシュカツ。郷土色を出して、頑張るのでした。

そんなある日、GMTは雑誌の取材を受けることになった。週刊プレイガイの人気コーナー、「ヒビキ一郎の俺は認めねえ」。

ん? ヒビキ一郎?

それはまさしく、あのヒビキ一郎(村杉蝉之介)でした。相変わらず、アキをブスと呼びます。そんなヒビキも、今や第一線のアイドル評論家 兼 カメラマン。アメ女の人気も、ヒビキが取り上げてから火がついたとのこと。

相変わらず横柄な、ヒビキ一郎。埼玉の入間しおり(松岡茉優)は、おまえとかブスとか言われる。でも、小野寺ちゃんは気に入られたようです。

頑張る6人ですが、立ち止まってくれる人は、まだ2~3人。おばちゃんやおっちゃんは、平気で前を横切ったりする。(おばちゃんの堂々とした横切り方に、笑ってしまった)。握手会をしても、来るのは4人ほど。また、そのすべてが、小野寺ちゃんの列に並ぶのでした。

GMTの活動は、太巻の耳にも入りました。太巻は、やっぱり時期尚早だと言う。そして、こんなことを言い出した。「あの子はなあ…なんか違う」。あの子とは、アキのことです。やっぱり、春子の娘と知ってから、太巻の様子がおかしい。

選挙に影響しないか、心配です。

連日のイベントでお疲れモードのアキですが、うれしい報せが届きました。鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の新春SPドラマ「おめでた弁護士~別府温泉 一卵性 殺人事件~」に、マンション隣人C役で出演することになったのです。

喜んだアキは、さっそく、夏(宮本信子)に電話。でも、メンバーはお祝いを口にするも、ビミョーな反応だった。ドラマに出たいのは、アキだけではないようです。

ヒビキが雑誌で取り上げてくれた効果か、だんだんと人が集まるようになってきました。今では、20人ほどが路上パフォーマンスを見てくれます。また、そんな様子を見て、今まで通りすぎていたような人も、立ち止まってくれる。

握手会でも、それぞれの列にファンが並ぶようになりました。これを受けて、メンバーも輝き出した。何だかいい感じだ。

と、そんな時、アキは じぇじぇじぇ!と驚きました。ユイのママ・よしえ(八木亜希子)が男性と談笑しながら歩いていたのです。どういうことなんだろう?



(水曜)

あれは、夢か幻か? でも、確かに、ユイとストーブさんのママだった。幸せな主婦像は、ウソだったのか? ユイちゃんに電話すべきだろうか? 考えすぎたアキは、お腹が痛くなってしまいました。

眠れなくなったアキは、水口の部屋のドアを叩いた。そして、相談しました。よしえの失踪を知り、水口も驚きます。あのふんわりヘアーの風邪薬や消臭シャボンのCMで笑っているような感じの奥さんが、まさか。

ユイの件では、水口も責任を感じています。そして、こんなことを言った。「ひょっとすると、世の中を動かしてるのは、一番かわいい子や一番才能のある人間じゃなくて、2番目なんじゃないかと思うんだ」「2番目の人間が、1番の人間に対して、恥ずかしい姿見せたくないって、頑張った時に成功するんじゃないかって」。

ただ、アキは、2番目じゃないそうです。水口も、そのへんはシビア。

考えていてもしょうがないので、水口の指導のもと、アキはドラマの練習をすることにした。セリフは、「島田さん、先週、引っ越しましたよ」です。まえは「すまださん」だったのが、ちゃんと「しまださん」になっている。あとはもっと、感情を入れるだけ。

その日以来、アキはマンションの隣人Cになり切ることにした。「島田さん、先週、引っ越しましたよ」と、エンドレスに繰り返します。

でも、ちょっと気を抜くと、よしえのことを思い出してしまう。集中が乱れ、ダンスをミスし、リーダーに叱られてしまいました。宮下アユミ(山下リオ)にも、握手会のあれはないと言われた。握手会の際、アキは、「島田さん、引っ越しました」と、無意識に繰り返していたのです。

みんながピリピリするのも、無理ありません。国民投票の締め切りまで、あと1週間。そしてその日は、アキのドラマの収録日でもあった。

水口には、気がかりがありました。それは、太巻のあの言葉。「あの子はなあ~、なんか違う」。あれは、どういう意味なのだろう?

そんな中、うれしいことが起こった。アキのミサンガが、ひとつ切れたのです。別名、プロミスリング。自然とヒモが切れたら願い事が叶うというジンクスがある。「クッキンアイドル アイ! マイ! まいん」の妖精とは、また別物です。

心配だったGMTのメンバーにも、希望が出てきました。ひょっとしたら、6人全員、合格できるのでは?

そして迎えた、運命の2009年12月12日。国民投票の結果が発表されます。そしてアキは、ドラマの初収録に臨んだ。

天野アキ、入間しおり、小野寺薫子、遠藤真菜(大野いと)、喜屋武エレン(蔵下穂波)、宮下アユミ、6人は、40位以内に入れるか?



木曜日からの後半に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



暦の上ではディセンバー 初回限定盤
暦の上ではディセンバー 初回限定盤






<今週の宮藤官九郎 節>


小野寺ちゃんの自己紹介。

「宮城県から来ました。小野寺薫子、15歳でがす」「宮城といえば? (ずんだ! ずんだ!)」「わたすの名前は? (小野寺ちゃ~ん!)」「え? 呼んだ? (呼んだ、呼んだ! いえ~い!)」

まだ浸透してないので、合いの手は水口。


あまちゃん 小野寺薫子(優希美青)



イベントで大忙しのアキは、鈴鹿との読み合わせの最中に寝てしまった。「被告人!!」と鈴鹿に呼ばれると、「はい、裁判長!」と目を覚ます。それを見て驚く梅頭(ピエール瀧)という構図が、繰り返されました。

また、ドラマ出演を知ったアキは、自転車に乗ったまま無頼寿司へ。またまた、梅頭は驚愕するのでした。顔芸、炸裂。


P(ピー=プロデューサー)を「ピ~~」と長く伸ばす、アキ。それだと何だか、いやらしいサムシングだと勘違いしそう。


街でよしえを見かけたアキは、あわてて安部ちゃんに知らせました。でも、安部ちゃんが見つけたのは、三又又三(みまた またぞう)だった。

三又について熱く語りはじめる、安部ちゃん。

三又又三は、岩手県出身。ああ見えて、花巻市の医者の息子です。コロッケの付き人だったこともあり、コロッケからもらった芸名が「ハムエッグ」。最近の自慢は、ナインティナインの岡村が店に来てくれたことだ。

って、安部ちゃん、詳しいな。













 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(14-2) ユイとバールのようなものと国民投票」

  • 2013/07/06(土) 09:55:34


第14週「おら、大女優の付き人になる」後半部の感想。


姉さん、事件です。

ユイちゃんがヤンキー化してしまいました。

このままでは、不良少女と呼ばれそうです。

よりによって、小太りの愛犬家と、手なんか組んじゃって。

盗んだバイクで走りださないか、心配だ。


アキは東京で、鈴鹿ひろ美の付き人をしている。

ため口で言いたい放題のアキですが、こちらは いいコンビ。


ユイの件でシリアスモードだった中盤ですが、土曜から急展開。

GMTに危機が訪れた。

訪れたけど、笑わせてもくれます。

GMT6のキャラが、どんどん開花する。

東京編も、エンジンがかかって来ました!



あまちゃん ヤンキーになったユイ



<あらすじと感想>


(木曜)

ユイ(橋本愛)に、次々に不幸が襲いかかりました。功(平泉成)が倒れ、よしえ(八木亜希子)は失踪。そして、ついにユイは、壊れた。ヤンキーに、なっちゃったのです。オーマイガッ!

ブティック今野ファッションショーでみんなが盛り上がる中、吉田(荒川良々)くんは硬直し、泣いていました。ユイちゃんが、ユイちゃんが、オラたちのレベルまで、落ちてしまった。

荒れるユイちゃん。よりによって、小太りの愛犬家と腕を組むなんて。小太りの男(山田健太)と改造車を乗り回すなどの姿が、たくさんの人に目撃された。家には帰ってないようで、功のリハビリには、ヒロシ(小池徹平)が付き添います。

変わり果てたユイの姿は、瞬く間に、ネットの掲示板に流出しました。中には、バールのようなもので自動販売機をこじ開けようとしたとか、バールのようなものでコンビニ店員を脅していたとか、にわかには信じられない バールのようなもの情報まで書き込まれている。

一方、アキ(能年玲奈)は、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の付き人となり、テレビ局に出入りする日々。BS時代劇「静御前」の撮影に同行します。

付き人になって、分かったことがある。演技中は光り輝く鈴鹿ですが、ふだんは年相応というか、ぶっちゃけ、普通のおばさんです。Tをテーと言ったり、Dをデーと言うし、「トゥース!」を知らなかったりする。

夜7時からは、奈落でレッスン。GMT6の曲だってあるのだ。それに最近では、鈴鹿がお寿司を差し入れしてくれることもある。

それが終われば、鈴鹿との反省会。9時を過ぎると、鈴鹿は攻撃的になるのでした。演技について語る鈴鹿は毒舌にもなるけれど、活き活きしている。ザ・女優ですね。ただ、そんな人生に、疑問を持っているみたいでもありました。

ある日、アキは聞いてみた。「何で、オラなんだべ? 何でオラに、やさしくしてくれんだべ?」。すると、鈴鹿は言った。「昔の私みたいだからよ」。

そういえば昔、吉川晃司が井上陽水に「若い頃の自分みたいだ」と言われ、全然うれしくなかったと振り返ってた。

アキは屋上で、種市と語り合いました。種市先輩も、ユイのことを心配しています。北三陸にいる後輩から、よくないウワサを聞くらしい。悪い仲間とバールのようなものを持ってつるんでいるだとか、暴走族の車にバールのようなものを手にして乗っているだとか、バールのようなものを持ち込んで男と同棲しているだとか。それはあくまでウワサですが、学校をやめたのは確からしい。さすがに学校は、バールのようなものの持ち込みは禁止なのでしょう。

もうすぐ師走です。気になるなら一緒に帰るかと、種市は聞いてみた。でも、アキは、帰らないと言います。ユイちゃんは、そういうバールのようなものを持った姿は、見られたくないはず。励まさないでいいのか? と聞く種市に、アキは言った。「親友にも、緊張感は必要だ」。それに、ユイちゃんには、常に先を走っててもらいたい。

できれば、バールのようなものは置いて。



(金曜)

ついに、ユイが問題を起こしました。化粧品を、万引きしようとしたのです。が、事件にはなりませんでした。春子(小泉今日子)がそれを見つけ、ユイを引っ張っていった。「ダメダメ、もっと、上手くやんなきゃ。いいから、おいで」。こうして、ヤンキー講座がはじま――るわけもなく、春子とユイの話し合いが行われることに。

リアスで春子は、ナポリタンを出した。「ほら、アバズレの食いもんだよ」。昔の不良といえば、喫茶店でナポリタン。唇をテッカテカにするのが、流儀です。

今のユイを見ていると、春子は何だか、昔の自分を見ているような気分になる。春子は言いました。「一つだけ、約束して。お母さんのこと、恨んじゃダメだよ」「お母さんの家出と、あんたの脱色は無関係」。

そして、怒鳴った。「行きたきゃ、行きゃいいじゃん! 東京に」。どうせ、学校にも行ってないし、介護もしてない。田舎でくすぶってるくらいなら、東京へ行けばいい。「親のせいで夢あきらめたとか、誰も同情しないからね」。

「今さら」と、ユイは言います。今さら行っても、しょうがない。もう18歳で、20歳までにデビューできるかどうかも分からない。

すると、春子が言った。「だよねえ。アキより遅れてスタートするなんて、プライドがゆるさないよね」。

「プライドなんて、はなっから、ないっスけど」とユイは言う。熱が冷めて、アイドルになりたいって言ってた自分がダサいことに気づいた。「ほら、東京行ったって、ダサいやつはダサいままじゃないっスか」。

「アキも?」と、春子は聞きました。そして、アキに電話した。今リアスにユイちゃんが来ていて、あんたのことをダサいと言ってる。

その電話を、ユイが取り上げました。

春子は言った。「プライド、あんじゃん!」「カッコつけてんじぇねえよ、18の小娘が!」。ブティック今野の服を着た春子は、何だか輝いて見えました。ブティック今野の服はカーテン生地みたいだけど、それでも、輝いていた。

外に出た春子は、大吉(杉本哲太)、勉(塩見三省)さん、吉田くん、菅原(吹越満)に、合図します。「今だよ」。そう、今こそ、慰め時だ。

4人は、歌いました。ちびっこカウボーイを!


ラ~ララ、ラ~ララ、ラ~ララ♪

夕日の丘は、は~るか♪

ラ~ララ、ラ~ララ、ラ~ララ♪

元気出せ、ぼくはカウボーイ♪



いや、ちびっこカウボーイは、歌わなかった。ただただ、ナポリタンをほうばるユイに、粉チーズをすすめることしかできませんでした。

鈴鹿ひろ美、今日の収録は、「おめでた弁護士」です。毎回法廷で産気づくという、よくわからないドラマ。Part14だから、もう14回も産んだことになる。

収録が終われば、無頼寿司でシナリオの読み合わせ。アキがお相手をするのですが、なまっていて おもしろい。妊娠が「ぬんすん」になります。

なまってる方がいいけど、女優になるなら標準語も話せないと、と鈴鹿は言います。なまってても大丈夫なのは、アキ竹城さんだけ。

(アキ? ダブルアキ?)

でも、アキは、ひとりくらい なまっててもいいじゃないかと反論します。みんなが遠慮する鈴鹿ひろ美ですが、アキだけは本音で接する。失礼なことだって度々言いますが、それでいて、鈴鹿は嫌そうではありません。

その夜、水口(松田龍平)からGMTのメンバーに、発表がありました。年末に、国民投票を行うことになった。アメ女とGMT6を合わせた、46人が対象になります。そしてこれが、ただの選挙ではありませんでした。そこには、厳しいルールがあったのです。

スナック梨明日では、みんなでゲームして盛り上がってる。そこに、ユイがやって来ました。まだ、ブリーチあててるし、ヤンキーの格好のままですが、目つきの鋭さが消えています。前のユイちゃんに、戻ったみたい。

みんなのバカバカしさにあてられて、ユイに笑顔が戻りました。



(土曜)

太巻こと、荒巻太一(古田新太)が記者会見しました。

「2009 国政も、政権が変わりました。アイドル界でも、政権交代があるかもしれない! ないかもしれない」「アメ女も、結成3周年。日頃、日の当たらない場所で頑張っているメンバーにも、チャンスを与えてあげようじゃないかというわけで、国民投票を行います!」

対象は、アメ横女学園のメンバー40人+GMTの6人。ランキングで20位以内に入ると、レギュラーに入れる。30位以内はリザーブで、恒例の年越しライブに参加できる。40位以内はビヨンドで、補欠扱い。

ただし、40位以内に入れないと、解雇になります。46人だから、6人クビ。GMTは、ちょうど6人。アメ女と違い露出の少ない地下アイドルだけに、圧倒的に不利だ。

戦々恐々とするGMT6に、水口は言いました。「何でもマイナスに考えるなよ、社長はおまえたちに、チャンスを与えてくれたんだよ」。解雇の件も、ここで40位以内に入れないようなら あきらめて違う道を探した方がいいという親心。

さあ、困りました。アイドルとして生き残るには、40位以内に入らねばなりません。そこで提案のアキちゃんこと天野アキが、言った。「イベントやったら、いいんでねえか?」。

これに、みんなも動かされました。埼玉の入間しおり(松岡茉優)と佐賀の遠藤真菜(大野いと)が「はなわ」の取り合いをしたりもしたけど、前向きになりました。

(「SAGAサガ」で有名な はなわさんですが、生まれは埼玉県春日部市。その後、佐賀に引っ越しました)

アキはみんなに、潮騒のメモリーズの動画を見せた。歌にはピンとこないメンバーですが、ユイのことはべた褒めです。カワイイし、センター候補だというのも うなずける。

親友が褒められ うれしくなったアキは、ユイに電話した。留守電に、想いを込めます。

すると、ベッドの上から、すすり泣く声が。仙台出身で ずんだずんだ♪ でおなじみ、小野寺薫子(優希美青)が泣いているのです。

小野寺ちゃんの両親は離婚して、お母さんだけが東京に出てくるらしい。「どうすっぺ。解雇されたら、ごしゃがれる~」。(「ごしゃがれる」→「怒られる」)

だんだんと、ビジョンが見えてきました。アキは夏(宮本信子)に頼んで、海女の衣装を送ってもらった。あと、春子がなまってきていることに、アキは驚きました。ブティック今野の服を着るようになり、少しずつ なまるようになりと、春子も北三陸に浸食されていきます。

GMTのメンバーは、地元をアピールすることにしました。

徳島の宮下アユミ(山下リオ)は、阿波踊りの扮装。アキは、海女さん。仙台の小野寺薫子は、牛(牛タンから)。沖縄の喜屋武エレン(蔵下穂波)は、エイサー。入間しおりは、深谷名物のネギ。(福岡改め)佐賀の遠藤真菜は、佐賀のがばいばあちゃん。

最後のふたりはどうかと思いますが、地元推しは悪くない。何だか、活気が出てきました。

スナック梨明日を訪れたヒロシは、驚いた。なんと、ユイが、カウンターの中に立っているのです。何でも、週3で働いているらしい。ここにいたら、悪い虫がつく心配もありません。常連客 自体が悪い虫だという話もありますが。

春子は言いました。「リハビリよ、心の。腫れ物は、スナックで再生すんのよ」。ハートマークがつきそうな、セクシーな言い方でした。

東京で、おかしなことがありました。アキが天野春子の娘だと知った太巻が、震えだしたのです。どう見ても、様子がおかしい。狼狽しています。

春子と太巻。過去に何があったのだろう?




次週、選挙結果が発表。

GMTの運命はいかに!


第15週「おらの仁義なき戦い」に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



あまちゃん ぶらばん ~公式版 吹奏楽「あまちゃん」曲集~






<今週の宮藤官九郎 節>


春子とゆいがシリアスにやっている中、それを覗く勉さんを見つけた吉田くんは、ビートたけしのモノマネを披露。「勉、この野郎! 何してんだ、勉ハー!」



スナック梨明日でのゲーム。

「琥珀の」→「勉さん」→「じぇじぇ!」

せんだみつおゲームみたいな感じです。

さらには、こんなゲームに移行。

「ブティック」→「今野」→「ダサダサ!」



何かとBEGINを推す、沖縄出身の喜屋武エレン。すると、入間かおりが言った。「アンタたちさあ、みんな、BEGINに印税払った方がいいよ、マジで、全員。沖縄県民の義務だよ」



<今週の発見>

遠藤真菜(大野いと)は、寮ではメガネっこ。

9nineでいうところの、ウッキー 佐武宇綺か?












 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん


「あまちゃん感想(14-1) アキ 種市先輩を叱り、ユイはヤンキー化」

  • 2013/07/03(水) 09:26:53

第14週「おら、大女優の付き人になる」前半部の感想。


東京編、2週目です。

薬師丸ひろ子さん演じるところの、鈴鹿ひろ美が登場。

アイドル全盛時代を経験したベテラン女優さんということで、一癖も二癖もありそうです。

何かとアキを気にかけてくれますが、いい人そうでもあり、キツそうでもあり。

かなり、めんどくさそう。


今週、気になるのが、ユイちゃんのこと。

何てったって、予告でヤンキー化してましたからね。

いったい、どうなることやら…。



あまちゃん 無頼寿司の梅頭(ピエール瀧)



<あらすじと感想>


(月曜)

ひとりで上京することになった、アキ(能年玲奈)。GMTのメンバーたちと、奈落と呼ばれるレッスンルームで、日々頑張ります。今はまだアメ横女学園の補欠扱いだけど、ユイ(橋本愛)を待ち、上を目指す。

そんなある日、アキはあこがれの鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)と出会い、寿司までご馳走になった。東京に来てからいろいろあったけど、ひょっとしたら ツイているんじゃない? そう思う、アキでした。

アキは水口(松田龍平)から、鈴鹿ひろ美のことは会社では言わないように、口止めされました。どうも、鈴鹿と荒巻太一(古田新太)は、過去にいろいろあったようです。でも、そのいろいろとは、いったい何なんだろう?

北三陸では、美寿々(美保純)さんに、新しい彼氏ができた。今度はバングラデシュ人です。名をカマール(アベディン)という。アキは美寿々さんから、ユイがまたミス北鉄に選ばれたことを聞かされました。

アキはユイのお兄さんの何とかさん(小池徹平)に電話し、近況を聞いてみた。すると、功(平泉成)は少しずつ快方に向かっているとのことだった。でも、ユイの方は、いろいろあるようです。最近、学校に行ってない。よしえ(八木亜希子)と交代で介護し、しばらく学校を休んでいる間に、行きづらくなったらしいのです。

大吉(杉本哲太)も吉田(荒川良々)くんも、ユイを何とかしてやりたいと思う。でも、春子(小泉今日子)に言わせると、「それが重いっつってんの!」。今は、そっとしておくのが一番。

ユイが心配なアキは、安部ちゃん(片桐はいり)に相談してみました。するとそこで、意外な人と再会した。種市(福士蒼汰)先輩です。アキは種市に、お昼をごちそうしてもらうことになりました。場所は、無頼寿司。

そこでアキは種市から、ユイは相当無理してるんじゃないかと指摘された。アキ宛のメールには、大丈夫という文字が4回も打たれています。これは、大丈夫じゃない証拠。そして、そう話す種市も、大丈夫じゃないようでした。

成田空港の滑走路拡張工事、その着工が遅れたため、種市は東京スカイツリーの方に回されたらしい。で、そこで気づいた。実は、高所恐怖症だったのです。5~6メートルでもクラクラするのに、634メートルなんて無理。そのせいで、種市は会社を辞め、寮も出たのだという。近々、田舎に帰るつもりです。

先輩の変わりように、アキはショックを受けました。そしてさらに、ショックな出来事が。鈴鹿と太巻が、無頼寿司にやって来たのです。

ふたりは、どういう関係なのだろう?



(火曜)

太巻と鈴鹿が、無頼寿司にやって来た。二人が過去にいろいろあったらしいと水口から聞かされていたアキは、思わず身を隠しました。

ふたりはかなり、親しそう。太巻は元々鈴鹿のマネージャーで、すぐにクビになったのだという。話を聞いていると、太巻の方が常識人で、鈴鹿は天然さんみたいです。

二人の会話の中に、アキとユイの名前も出てきました。太巻はアキを、鈴鹿の付き人に推薦した。太巻が言うに、カワイイ子の方は素質的に申し分ない。そして、もう一人のなまっている方は、なまっている。完全に、なまっている。体の組成の78.5%が、なまっている。

会議中だということで、荒巻はすぐに帰ってしまいました。そして、鈴鹿も、30分ほどして、帰った。

ユイが来るまでは頑張るというアキに、種市は、来ないんじゃないかと言いました。ユイはプライド高いし、エリートだし、挫折の経験もない。それなら、いっそこのまま、地元でアイドルやってたほうが。

すると、アキが声を荒げた。「分がったようなこと、語んな!」。ユイちゃんは必ず来る。中途半端なことはしない。「しっかりしてけろ、先輩!」。この前まではシャンとしてたのに、南部ダイバーの精神を忘れたのか?

あの頃の、学校の生徒みんなと友達になると張り切っていた先輩は、どこにいってしまったのか? さくら友蔵のようなシルエットの白いやつに変身して、キター! とか言ってたじゃないか。(サンテレビで、絶賛 再放送中)

田舎にいる時は、田舎の悪口。東京に来たら、東京の悪口。レスリングの時は、アニマル浜口。海に潜る時は、よゐこ濱口。先輩は、そういうのが一番嫌いだったはず。アキは泣きそうになりながら言った。「何だよ、エリートでプライド高えのは、先輩の方でねえか!」「何だよ、オラの初恋の相手は、こんなちっちぇえ男だったのかよ!」。

店を出る時、驚くことがありました。また、鈴鹿が会計を済ませておいてくれたのです。アキがいることに、気づいてたんですね。

功の退院のめどがつきました。ただ、これからも、リハビリは続きます。よしえも、相当、疲れている様子。ユイの方は、疲れも見せないのが、かえって心配です。

アキはこの間のお礼にと、無頼寿司にいる鈴鹿のもとを訪れました。

そしてとりあえず、ウニを注文した(鈴鹿は、カッパ巻き)。



(水曜)

ヒロシが、喫茶リアスに駆け込んできました。よしえが、帰ってこないのだという。そしてなんと、1週間たっても帰ってこなかった。つまり、失踪です。ついに、警察に捜索願を出し、事件化。たずね人の貼り紙を出す騒ぎにまで発展してしまいました。

マジメで、完璧主義者で、愚痴一つ言わない。そんな よしえは、いつの間にか、多くを背負い込んでしまっていたようです。そしてそれは、ユイも同じだった。せっかく、上京できるはずだったのに、こんなに頑張ったのに…。

そんなユイをアキは、不憫だと思う。でも、水口は言いました。「大丈夫、この逆境 越えたら、ユイちゃん、強いよ。無敵のアイドルだよ」。ムテキングにさえ、なれる。いや、とんでも戦士ムテキングには、ならなくていいけど。

アキが、太巻に呼ばれました。何と、マメりんこと 有馬めぐ(足立梨花)が追突事故で、むち打ちになったのです。全治2週間のケガ。しかも、若い男(俳優のイケメンのゴルフのミュージカル「ゴルミュ」に出ているやつ)と、同乗していたのだという。この記事が女性誌に掲載されるため、混乱は必至です。

と、い・う・こ・と・は…。

アキは、にやけてしまいました。マメりんのシャドウは、アキ。そのマメりんが、ステージに立てそうにない。ということは、トコロテンを押し出すようにして、アキがステージ、それも、センターに立つ?

うひ、うひ、うひひひひ…。

でも、そうはなりませんでした。そこに有馬めぐが現れ、太巻に直談判。ステージに立つと言い出したのです。マスコミ対応だって、やる。相手の男とは会ったこともないと、言い張りました。

実はこれ、すべて、太巻の計算の内。つまり、アキは、利用されたのです。太巻は言った。「ごめ~ん! マメりんのシャドウやってる限り、君は奈落から這い上がれない!」。マメりんはプリクラ事件で干されていた時期があり、それだけにハングリー精神がハンパないのです。

ただ、これではあまりにも武井壮、いや、かわいそうなので、チャンスをくれました。

アキは水口に連れられ、無頼寿司へ。カウンターでは、鈴鹿ひろ美が待っていました。太巻の計らいで、アキは鈴鹿の付き人になることになったのです。突然のことに、アキは戸惑ってしまいました。

そしてさらに、ビックリすることがあった。なんと、無頼寿司のカウンターの中に、種市先輩がいるじゃありませんか。大将の梅頭(ピエール瀧)は――タイミングをはかりながら――言った。「この間の説教が、効いたみたいだよ」。

北三陸では、またまた事件が。

吉田くんは、驚いた。ユイが、猫背になっているのです。いや、猫背は、どうでもいい。やさぐれた眼光に、猫背、そして、ヤンキースタイル。ユイは、小太りの男(山田健太)と一緒にいた。

よりによって、小太りの男と一緒に…。いや、それはいい。問題は、やさぐれていることです。猫背で、上目づかいで、「あ?」とか言っちゃう。

はたして、ユイの復活はあるのか?



木曜からの後半に続く…




あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1



連続テレビ小説あまちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)






<今週の宮藤官九郎 節>


ユイのことを心配する、アキ。「おらとユイちゃんは、一蓮拓郎です」と強調。でも、それは、一蓮托生。「二束三文で、やっていくんです!」。これは、二人三脚。

こうして、ヒロシのツッコミ・テクニックが磨かれていきます。



駅でユイが、若い男(工藤トシキ)に絡まれていた。それを助けてくれたのは、ひさしぶりの登場の、磯野心平(皆川猿時)先生。「よせよ、彼女、嫌がってるだろ」と、甲高い声で、太いモミアゲで、キッチリと髪型をセットして、ちょっと太り気味に、割って入った。

学校に来ないユイを心配する、磯野先生。「学科は違うけど、潜水土木の生徒より、ユイちゃんのことが…」と熱弁しますが、そこで、吉田くんに肩をつかまれた。「よせよ、彼女、嫌がってるだろ」。吉田くんの二枚目セリフが決まります。

でも、ユイは、そんなふたりのコントには、付き合わないのでした。おもしろかったのに。



「東京スカイツリー」という名前が気に入らない、太巻。今でも、「東京EDOタワー」の方がいいと思っています。

太巻は、スカイツリー誕生で東京の中心は上野に変わると熱弁する。その中で出た言葉が、これ。

「下北沢?(失笑) 演劇なんてダサい! 大嫌い!」

これが、笑えた。何より、演劇が好きな癖に。



鈴鹿ひろ美に対し、無頼寿司の大将・梅頭は、笑顔で返すだけ。

すると、鈴鹿は言った。

「何、あれ…。小林薫のつもりかしら?」



リアスで よしえについて話す、夏(宮本信子)たち。山の手のお嬢様だということで、弥生(渡辺えり)さんは「根っからのサブレ」だと称した。セレブのことですね。「鳩セレブ」。



驚きの表現に、「じょじょ」を使った、鈴鹿ひろ美。これはもちろん、「じぇじぇ」の間違い。それに気づいた鈴鹿は、「じょじょといえば、ジョジョタウン(ZOZOTOWN の間違い)」ではなくて、「ジョジョは奇妙な冒険よね」と、うれしいことを言ってくれた。

人の名前を覚えなかったり、デビュー曲「潮騒のメモリー」について覚えてなかったりと、鈴鹿さん、かなり天然です。

いや、ワザとかもしれないけど。









<今週の発見>

沖縄出身 喜屋武エレン(蔵下穂波)は、アジアン馬場園に どこか似ている。



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  あまちゃん



ブログパーツ