「ドン・マネーも驚いた/パ・リーグ残酷物語(1)」

  • 2014/01/30(木) 18:13:26

関西テレビ「お笑いワイドショー マルコポロリ」より。

「爆笑 パ・リーグ残酷物語!」


今でこそ人気もあり、注目も浴びるパ・リーグですが。

ひと昔前は、違いました。



元近鉄バッファローズ、金村義明。

元日本ハムファイターズ、岩本勉。

口達者な両人が、聞くも涙、語るも涙の実情を、赤裸々に振り返る。



人を育てるファイターズの秘密





<残酷キャンプ>


セ・リーグ人気球団のキャンプ地といえば、グアムやオーストラリアなど超豪華。

岩本勉が新人だった頃、日本ハムファイターズはキャンプ地こそ沖縄(名護)だったものの、宿舎は古びた旅館。「ホテルオークラ」だと聞いていたが、実は、「ホテルおおくら」と平仮名だった。

あららと思って入ると、自動ドアは半分しか開かない。蛍光灯は、チカチカ点滅。定員4人の部屋に、6人が押し込められた。

備え付けの冷蔵庫は、サビていて開かない。無理やりこじ開けると、中には、栄養ドリンクが。すると、先輩が言った。「これ、去年オレが入れた栄養ドリンクや!」


金村義明の近鉄キャンプは、旅館の大広間に、9人が雑魚寝。布団が薄くて寒いので、寝る時は、ダウンジャケットを着用。すきま風がひどいため、布団の周りをダンボールで囲った。



<残酷格差>


当時、巨人と日本ハムは、同じ球場を使っていた。

でも、巨人は完投勝利で(協賛スポンサーから)100万円+輸入家具をもらえるとのウワサがあったのに対し、日ハムの完投勝利賞は 10万円と組み立て式の小さな物置(岩本さん曰く、ブリキの物置)だった。

同じ球場を使うも、巨人用のロッカーと日本ハム用のロッカーは別。

巨人用のはずっと据え置きなのに対し、日ハム用のは、アメリカンフットボールなど大きな試合がある度に、荷物を出して、ロッカーを明け渡さねばならなかった。


金村さんがいた頃、近鉄では、食事は球場内の食堂でも自腹。

なので、飲み物や食べ物が豊富に用意されている球場に行くと、夜食用、朝食用と、カバンの中に詰め込みまくったのだとか。(南海から身売りされたダイエーホークスは、ローソンみたいだったらしい。近鉄ナイン、大興奮)

近鉄が来るとケータリングが一瞬でなくなると、違う意味で、他球団から猛牛軍団だと、怖れられていたという。


日本ハムの二軍練習場は、河川敷。合宿所から自転車に乗って、立派な実業団の球場を横目で見つつ、練習場に向かったとのこと。

大洋ホエールズのポンセが調整でイースタンリーグの試合に来た際、「シャワーの無いような球場で野球ができるか!」と、怒って帰ってしまったこともある。


近鉄では、1984年、バリバリのメジャーリーガーであるドン・マネーが来日。

が、藤井寺球場のボロボロ具合、ロッカーや風呂場の汚さに失望し、さらに球団が用意した中古住宅にゴキブリが大量発生したのが決定打となり、4月下旬には帰国することになった。

マネーが想像していたのと、当時のパ・リーグの現実には、相当な開きがあったようです。

金村さんの話によると、ロッカーがあまりに乱雑で汚いため、いつも通訳に、「おい、爆弾でも落ちたのか?」と聞いていたという。


当時、藤井寺球場には選手用の専用駐車場もなく、開幕戦で予告先発を任されていた野茂英雄が、当日、係員に駐車を拒否されたこともある。


1989年のリーグ優勝時は、さすがの近鉄もハワイ旅行へ。4泊6日の日程で、マウイ2日、オワフ2日。移動はエコノミー。金村さんの1歳の長男は、実費。あまりの強行日程に、選手たちは「もう二度と優勝したくない」とボヤいたとか。「来年優勝したら有馬温泉でいい」との声も。



<残酷契約更改>


金村義明、初めての契約更改。ふつう、ドラフト1位の年俸は下がらない。

ジュニアオールスターでサイクルヒットを打って、賞金100万円をもらっていたので、こんなことを言われた。

「(ジュニアオールスターで)よう打ったな。100万円、もろたやろ」
「2軍、ファームは、農場っていう意味や。プロ野球は1軍で活躍して、それで年俸がアップする」
「せやから、(今年2軍で過ごした)おまえは、50万円のダウンや」
「せやけど、よう聞け。50万ダウンやけど、ジュニアオールスターで賞金100万円もろたから、新聞記者には、20%アップしましたと言え」

これにカチンときた金村さんは、「印鑑忘れました」と帰ろうとした。

すると社長が、「印鑑3本あるから、好きなん選べ」と言ったそうな。






パ・リーグどん底時代―激動の昭和48年






<怖い助っ人外国人>


シャンプーハット小出水

小さい頃、球場で選手を見かけ、「バークレオ(西武)や!」と声を上げたら、なぜか追いかけられた。


シャンプーハットてつじ。

バナザード(南海→ダイエー)に「サインくれ!」と ねだったら、色紙をパンッ! と払いのけられた。


藤崎マーケット トキ

藤井寺球場でブライアント(近鉄)に「サインくれ!」と ねだったら、カタコトの日本語で、「ウッテルカラ、カッテコイ」と言われた。



選手が身近だったみたいですね。

うらやましいといえば、うらやましい。




スポンサーサイト



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  マルコポロリ  


永井一郎さん亡くなる

  • 2014/01/28(火) 00:06:46

永井一郎さんが亡くなったと聞いて、驚きました。


小さい頃からアニメを見てきた者にとっては、身近な存在です。

サザエさんの磯野波平、ガンダムのナレーション+α、ど根性ガエルの町田先生(教師生活25年)、宇宙戦艦ヤマトの佐渡先生、うる星やつらの錯乱坊主(チェリー)、HUNTER×HUNTERのネテロ、等々。

数えだすと、キリがありませんね。



波平さんの声、どうするんだろう?

サザエさん役の加藤みどりさん同様、他の声が想像できない。

「ばっかも~~ん!」は、象徴的だもんなあ。



永井さんは、顔出しも多く、オチャメで、オシャレでした。


合掌。



朗読のススメ (新潮文庫)




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ未指定]



ブログパーツ