「村上春樹と香櫨園、鉄道で巡る名作の聖地/ビーバップ!ハイヒール」

  • 2014/02/28(金) 19:59:27


関西の私鉄沿線は、あの名作の舞台だった。

涼宮ハルヒと、阪急西宮北口&甲陽園。

プリンセストヨトミと、秘密の抜け穴。

白い巨塔と沿線イメージ。

村上春樹と香櫨園。



ABC朝日放送 ビーバップ!ハイヒールより。

2014年2月28日放送、「鉄道で巡る アノ名作の聖地 in 関西 ~物語はこの風景から生まれた~」


ゲストブレーン:土居豊さん。(作家)

関西には、私鉄沿線を舞台にした名作が、数多く存在しています。

「作者が、その小説の舞台をなぜその場所にしたかというのには、必ず何か理由があるのだと思う」

「実際に、作品の舞台に行くことによって、作品や街の魅力も、再現できると思います」



沿線文学の聖地巡礼―川端康成から涼宮ハルヒまで






□ 涼宮ハルヒと阪急電車


谷川流のライトノベル「涼宮ハルヒの憂鬱」

→ 阪急 西宮北口

作者が西宮出身ということで、作品中に登場する駅は、阪急西宮北口や甲陽園を感じさせる。

アニメ化に際しては、西宮北口のロータリー、珈琲屋ドリームなどが、そっくりそのまま再現されました。


涼宮ハルヒと西宮北口

涼宮ハルヒと西宮北口



有川浩の小説「阪急電車」

 → 阪急 今津線

西宮北口と宝塚を結ぶ、片道14分のミニ路線が舞台。

作中、阪急電鉄ビルの屋上にある神社の真っ赤な鳥居が描写されています。




□ プリンセストヨトミと空堀商店街


万城目学の「プリンセス・トヨトミ」

 → 京阪本線 天満橋駅

駅を降りてすぐにある追手門学院小学校。その地下には、ふだん生徒でさえ立ち入れない禁断の場所があるのだという。地下駐車場奥にある、ポンプ受水槽室。その奥には、大きな石がたくさん置かれている。

1615年、大坂夏の陣で、豊臣家は滅亡しました。天下を手にした徳川は、豊臣家の遺物を地中に埋め、その上に新たな城を築いた。

追手門学院小学校の地下には、闇に葬られた本当の大阪城、その石垣が残っているのです。

「プリンセス・トヨトミ」の作者・万城目学は、この小学校の卒業生。あとがきで、この場所について触れられています。子どもたちは、「これって豊臣秀頼が大阪城から逃げてくるときに使った抜け穴につながってんやで」と誰からともなく、ささやきあっていたそう。


抜け穴の奥に、秘密の国が存在する。その名も、大阪国。これが、「プリンセス・トヨトミ」の設定。作中、大阪城の他にも、重要な場所が登場します。

地下鉄 谷町六丁目駅。駅を降りると、空堀商店街が。小説の扉絵にも、商店街のアーケードが描かれています。物語の重要なカギを握る真田幸一が営むお好み焼き店のモデルも、実在する。それが、「○△□焼 冨紗家」。

でも、なぜ、空堀商店街が、舞台に選ばれたんでしょう?

商店街のほど近くにある、三光神社。そこには、鉄の扉が付けられた石垣があります。鉄の扉に刻まれているのは、六文銭。豊臣家に忠誠を誓った、真田家の家紋です。

そこの呼び名は、通称「真田の抜け穴」。大阪城から続く抜け穴の出口だと、信じられてきました。お好み焼き屋の店主は、生き延びた真田家の子孫だという設定です。




□ 白い巨塔と沿線イメージ


京阪 中之島線の終点、中之島駅。駅を降りると、朝日放送の社屋が目に入ります。かつて、その地にあったのは、旧阪大病院。そこを舞台にしたのが、山崎豊子の小説「白い巨塔」だ。何度も映画化やドラマ化されている、名作ですね。

その中で相対するのが、戝前五郎と里見脩二。この二人のキャラクターを描き分けるのに、実は、沿線が使われています。

戝前は勤務を終えると、新地で一杯ひっかけ、梅田から阪急電車で帰路につきます。家は、夙川の山の手に建つ一軒家。(北新地→阪急梅田→夙川)

阪急沿線は、当時から高級住宅街として知られていた。そのイメージが用いられたというわけ。

一方の里見は、病院を出ると、淀屋橋から阿倍野行きの市電に乗り、上本町一丁目で降ります。鉄筋コンクリートのアパートが立ち並ぶ、法円坂の住宅が、住まい。(淀屋橋→上本町一丁目)

住む場所をはっきり設定することで、その対比を、より印象的に描きました。沿線イメージにより、二人の生き様が、際立つことになった。




□ 文豪たちが描いた意外な沿線


川端康成「反橋」

阪堺沿線の住吉大社(住吉鳥居前)。


谷崎潤一郎「細雪」

阪急神戸線の夙川。


三島由紀夫「愛の渇き」

阪急宝塚線の岡町。


東野圭吾「白夜行」

近鉄大阪線の布施駅。


江戸川乱歩の「D坂の殺人事件」

京阪電車の守口市駅で、トリックを思いついたといわれる。




□ 村上春樹と香櫨園


阪神 香櫨園(こうろえん)駅。その名は、かつてその地にあった香櫨園遊園地に由来する。

駅から夙川に沿うように進むと、海に出ます。海岸沿いに見えるのが、西宮回生病院。そこを舞台に描かれたのが、村上春樹の「ノルウェイの森」だ。主人公の僕と直子、二人の淡い思い出の描写が、香櫨園の景色と一致するのだという。

直子が昔、胸の手術をした、海岸の病院。海風の匂いと夾竹桃(きょうちくとう)。かつて、回生病院の庭には、甘い香りを放つ夾竹桃が、咲き誇っていたのだとか。



「風の歌を聴け」「海辺のカフカ」「ランゲルハンス島の午後」など、村上春樹は他の作品でも、香櫨園の風景を描いています。


「海辺のカフカ」で描かれた郊外の図書館。そのモデルといわれているのが、西宮市立図書館。ステンドグラスが印象的な建物でした。村上春樹が手当たり次第に本を読んだ、思い出の場所らしい。

しかし、1985年に、老朽化により解体されました。現在の図書館は、その後、建て替えらえたものです。

ただ、一階の児童書コーナーには、昔の痕跡が残っている。それは、小説にも描写があった、ブドウのステンドグラス。


「ランゲルハンス島の午後」に描かれた、それほど深くない水の綺麗な川。そこには、バイクも通れないような、狭い石の橋がかかっている。

それは、夙川にかかる、「芦原橋」。橋の真ん中に立つと、海がキラキラと光を反射させているのが見えます。


香櫨園の隣、打出駅。駅からすぐにある石造りの小さな洋館は、図書館だ。芦屋市立図書館 打出分室。明治時代の銀行を市が買い取ったもので、図書館として開放している。

ここも村上春樹のお気に入りの場所で、デビュー作「風の歌を聴け」に登場する。

“古い図書館、月見草の繁った野原、猿の檻のある公園”

猿の檻のある公園とは、打出公園のこと。残念ながら、もう猿はいませんが、檻と猿のイラストが、訪れた人を迎えてくれる。しかも、そのお猿さんが手にしているのは「海辺のカフカ」ときている。



村上春樹さんは、一度英語で書いてから、日本語で訳すそう。そこには、こんなエピソードが。

デビュー作「風の歌を聴け」を書いた時、最初に奥さんに見せたところ、おもしろくないと酷評された。そこで、英語で書いたものを翻訳する形にしたところ、今度は褒められた。

この辺が、海外でも人気のある所以なのかもしれません。




□ ビーバップ関係者


阪急千里線を描いたのが、筒井康隆の「東海道戦争」。東京と大阪の戦争を描いた、SF小説です。筒井先生はこの路線を、学生時代に使っていた。


阪急本線、西宮北口。ここを描いたのが、ビーバップ!ハイヒールの構成作家である増山実。作品名は、「勇者たちの伝言」。駅前は、物語の重要な道として登場する。かつてその先には、西宮球場がありました(今は、ショッピングモール)。

主人公がマンガみたいな店の名前に思わず吹き出してしまった食堂の名は、「スポーツマン食堂」。西宮球場の近くにあったため、そんなネーミングになったのかもしれない。





創作の極意と掟


勇者たちへの伝言 いつの日か来た道






 → 「クイーンと日本、ビーチ・ボーイズと須磨浜」
 → 「京阪 おとぎ電車 “関西鉄道ミステリー4”」

 → 「ビーバップ!ハイヒールの目次 2012年」




スポンサーサイト



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール  鉄道


「いい箱作ろう鎌倉幕府、歴史の別人説/ビーバップ!ハイヒール」

  • 2014/02/21(金) 18:30:51

鎌倉幕府成立は、1192年じゃない?

聖徳太子は実在したか?

徳川家康は、大坂夏の陣で死んでいた?

シェイクスピアの正体は貴族?


歴史上の偉人たちの、別人説を紹介!



ABC朝日放送 ビーバップ!ハイヒールより。

2013年2月20日放送、「衝撃の歴史ミステリー! ~アノ偉人たちの別人伝説~」


ゲストブレーン:河合敦さん。(現役高校教師)

「歴史というのは、新しい説だとか、新しい発見が出てくると、どんどん変わっていくものなんです」

「教科書に載っていない別人説があるんです」



河合敦の学校で教えてくれなかった日本史 (中経の文庫)






□ いい箱作ろう鎌倉幕府


鎌倉幕府成立を、何年だと習いましたか?

「いい国(1192)作ろう 鎌倉幕府」と覚えませんでした?

でも、今は、違うそうです。

最近の教科書は、「いい箱(1185)作ろう鎌倉幕府」となってきている。

1192年は単に、源頼朝が征夷大将軍に任命された年。1185年は、頼朝が壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼし、朝廷に全国への守護・地頭の設置を認めさせた年。後者を実質的な武家政権のはじまりとし、鎌倉幕府成立の年とした。


「士農工商」についても、最近の研究では、武士以外は平等であったとされているそう。




□ 聖徳太子は実在したか?


聖徳太子


1万円札にもなった聖徳太子ですが、最近の教科書では、扱いが違うようです。有名な肖像画も、本人ではないとして、教科書から消えつつある。中には、聖徳太子は実在しなかったという説を紹介しているものも。

聖徳太子の名が文献に登場するのは、720年に完成する「日本書紀」。その編纂の際に、問題が生じました。乙巳の変(いっしのへん)を、どう扱えばいいのか?

大化の改新という名前で習った人も多いでしょうか。後の天智天皇である中大兄皇子らが、当時の権力者であった蘇我入鹿を暗殺、蘇我氏を滅ぼした事件。これにより、天皇中心の政治へと改革されました。

(蘇我氏を滅ぼしたクーデターが、乙巳の変。その後の改革が、大化の改新)


この行為を正当化するため、蘇我氏の功績は消され、悪者にされたという説がある。

聖徳太子の功績とされる、十七条憲法、遣隋使、冠位十二階など、これらは、蘇我氏が実権を握っていた時代に行われたものなのです。

ただし、これはあくまで、仮説の一つ。


<聖徳太子にまつわる疑惑>


・肖像画で持っている笏(しゃく)は、もっと後で出てきたもの。

・聖徳太子という名前自体、本人が生きていたとされる時代から100年以上経ってからのもの。


モデルとなったのは、「厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)」。この人は推古天皇の甥にあたり、その政権を手伝ったのだという。

しかし、冠位十二階や憲法十七条を制定した時代は、二十歳そこそこ。そんな若者に政治的な力があったのだろうかと、疑問視されている。

本当は蘇我馬子の業績では? という意見の方が強くなってきているそうです。




□ 徳川家康死亡説


1616年に75歳で亡くなったとされる、徳川家康。でも、実は、その前に死んでいたのでは? そんな説があります。


徳川家康


1615年、大坂夏の陣。圧倒的に有利であった徳川方に、一泡吹かせた猛将がいた。その名も、真田信繁(真田幸村)。信繁は徳川の本陣にまで攻め込み、家康に死を覚悟させたほどだと伝えられる。

この時、家康は駕籠に乗り、茶臼山(ちゃうすやま)から逃亡。その途中、駕籠が襲われたという話がある。家康が乗った籠を、猛将・後藤基次(後藤又兵衛)の槍が貫いた。

(通説では、後藤又兵衛は、道明寺の戦いですでに戦死している)

これにより、家康は死んでいたのではないかというのです。

事実を公表するわけにはいかないので、家来たちは家康の遺体を、南宗寺(なんしゅうじ)に隠した。そして、家康に似た農夫を影武者に仕立てたと。



<疑惑>

・家康は大坂夏の陣以降、亡くなるまでの1年間、なぜか 記録がきわめて少ない。

・大阪堺市にある南宗寺には、以前、東照宮が存在した。

・1623年には、二代将軍・秀忠と三代将軍・家光が、それぞれ南宗寺を訪れている。

・南宗寺にある名前の無い墓石。その隣にある石碑には、「この無名塔を、家康の墓と認める」と書かれてある。

・家康が大坂夏の陣で使ったとされる駕籠(網代駕籠)は、日光東照宮の宝物館に保存されているのですが、その屋根には槍で突いたような穴が開いている。

・当時、堺は1ヵ月前に、焼き討ちにあったばかり。家康の遺体を隠すには好都合だったのではないかと。



これも、これが真実だというものではありません。

こういう説もあるよ、というもの。




□ シェイクスピアは貴族?


ウィリアム・シェイクスピア(1564~1616)。


シェイクスピア


シェイクスピアは、1564年にイギリスの田舎町・ストラトフォード生まれた。7人兄弟(8人という説も)で、父親は商人として成功しており、市会議員でもあった。家庭環境は裕福であったといわれます。

やがて彼は、18歳で結婚。子どもたちを、もうけました。そして、28歳の頃、ロンドンに上京し、俳優や劇作家として活動することになる。



<疑惑>

・田舎育ちのシェイクスピアは、高等教育を受けていないのではないか? なのに、彼の作品には、法律、外国語、科学などの知識、貴族の暮らしぶりなどが、詳細に描かれている。しかも、作品に使われている語彙は、3万語。

・シェイクスピア自筆のサインが 6つ現存するのですが、なぜか 綴りが全部違っている。自分の名前すらスペルミスするほど、教養が低かったのではないか?

・遺言状には、「娘に100ポンド残す」「妹に30ポンド残す」「妻には2番目に上等なベッドを残す」などと書かれているのに、原稿や戯曲、出版物について、一切触れられていない。また、文章は事務的で、文才が感じられない。



では、本物のシェイクスピアは誰なのか?

最も有力なのが、第17代オックスフォード伯爵であるエドワード・ド・ヴィア。彼はケンブリッジ大学で法律や外国語を学び、詩人としても有名だった。1年余りの間、ヨーロッパ中を旅し、作品の舞台でもあるフランスやイタリアにも滞在している。

しかも、彼は槍の名手で、「SPEAR SHAKER(槍をふるう人)」と呼ばれていた。これを入れ替えると、「SHAKESPEAR(シェイクスピア)」に。


オックスフォード伯爵が本当のシェイクスピアだったのではないかと言われる最大の理由。それは、彼のプライベートと作品の内容が、類似していること。

・ヨーロッパ旅行中に妻が身籠ったため、妻の不貞を疑った → 「オセロー」。

・イタリア滞在時に借金をしてしまう → 「ヴェニスの商人」。

・「ハムレット」に登場する人物たちが、オックスフォード伯爵の身近な人物たちに酷似している。


もし、そうだとして、なぜオックスフォード伯爵は自分の名前を出さなかったのか?

作品の登場人物やそのエピソードなどが、あまりにリアルすぎるため、関係者から弾圧される恐れがあったのではないか。

作品は世に出したい、でも、責められるのは怖い。そこで、シェイクスピアが書いたことにして発表したのではないかと。


このような仮説があります。


でも、当時の文芸批評である「英詩の技法」には、こんな記述が――。

「立派な文章を書いておきながら発表をやめてしまったり、あるいは名を明かさずに出版をよぎなくされている詩人が、エリザベス女王の宮廷に多数いることを知っている」

「その中でも最初に名をあげるべきは、オッスフォード伯爵エドワードである」


そして、シェイクスピアの墓には、こんな文字が――。

「この墓をそのままにしておく者に幸福あれ。我が骨を動かす者に呪いあれ――」





世界一受けたい日本史の授業 (二見文庫)






□ その他


<源義経>

美少年というイメージがあるが、猿まなこで赤いヒゲが生えていたと書かれた文献があり、ブ男だったらしい。


<黒田官兵衛>

官兵衛の時代、「軍師」という呼び名はなく、「軍配者」と呼ばれていた。

また、軍配者の仕事は、占い師のようなもの。呪術的な見地から作戦を立てる参謀だった。

官兵衛がやっていたのは、作戦参謀的なこと。当時の軍配者の仕事より、ずっと実質的だった。




 → 「ビーバップ!ハイヒールの目次 2012年」





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール


「むぎチョコ秘話 高岡食品工業/ビーバップ!ハイヒール」

  • 2014/02/15(土) 12:19:55

むぎチョコに秘められた、日本人のプライドと情熱とは?

高岡食品工業、高岡康博。

グリコの「CHOCO-TECK(チョコテック)」を知ってるかい?



ABC朝日放送 ビーバップ!ハイヒールより。

2013年2月13日放送、「世界が唸る! MADE IN JAPAN チョコレート」


ゲストブレーン:藤原浩さん。(食文化研究家。フードアナリスト協会 常任理事)



奥田シェフ・藤原浩氏もおすすめ 庄内レストランガイド






□ チョコレートの歴史


チョコレートの歴史、その始まりは、紀元前1100年頃の中南米(紀元前2000年という説も)。その頃は、固形ではなく液体でした。チョコレートといえば、飲み物だったのです。すりつぶしたカカオ豆を水やスパイスと混ぜた、苦い薬として扱われていた。栄養価が高く、疲労回復や精力増強のための、いわば栄養ドリンク。一般の人たちは食べられない、超高級品でした。

運命が大きく変わったのは、16世紀。コロンブスが、ヨーロッパにカカオ豆を持ち込んだ。そこでカカオ豆は、砂糖というかけがえのないパートナーを得ることになります。甘味が加わり飲みやすくなったチョコレートは、あっという間に、庶民にも広まりました。

そして、1847年、イギリスのフライ社が板チョコを発売。意外にも、チョコレートが固形になったのは、たった170年ほど前のことだったのです。



日本では、どうでしょう?

1878年、東京の風月堂が、チョコレート製造を開始。当時はチョコレート後進国でしたが、今や世界の最先端にまで上り詰めている。

毎年10月にフランスはパリで開催されるチョコレートの祭典「サロン・ドゥ・ショコラ」では、数ある栄誉ある賞を、日本人が受賞しています。

 2012年、「パティシエ エス コヤマ」 小山進。外国人部門最優秀ショコラティエ賞。

 2013年、「ル ショコラ アッシュ」 辻口博啓。2013 チョコレート賞。

 2013年、「パティスリー・サダハル・アキオ・パリ」青木定治。5タブレット+アワード。


日本でチョコレートの歴史が始った頃、風月堂が作っていたのは、外国製のビターチョコを輸入し、溶かして加工したものでした。そのため、材料費がとても高く、贅沢品で、庶民の手には届かなかった。

カカオ豆から一貫生産された国産のチョコを製造販売したのは、森永製菓。大正7年、森永「ミルクチョコレート」が誕生。1枚15銭で、庶民の手に届くようになりました。


日本のチョコの歴史を大きく変えたと言われるのが、森永「フィンガーチョコレート」(昭和30年)。チョコでコーティングするという発想が生まれ、これを機に、チョコレートの可能性が大きく広がることに。

昭和33年には グリコが「アーモンドチョコレート」を、昭和36年には 森永が「エンゼルパイ」を、昭和37年には 不二家が「ルック・ア・ラ・モード」を、それぞれ発売。


ところで、グリコの「CHOCO-TECK(チョコテック)」をご存知でしょうか? 実はこれ、今の「ポッキー」。テクテク歩きながら食べられるチョコスナックということで、チョコテックと名づけられました。

でも、チョコテックという名前は、すでに商標登録されていた。そこで食べる時の「ポキッ」という音から、「ポッキー」と命名。それが今や、大ヒット商品に。


横文字ばかりだった業界に一石を投じたのが、明治の「きのこの山」(昭和50年)。当時、平仮名のネーミングは、斬新だったのです。そこに「たけのこの里」も加わり、日本昔話風の世界観が構築されました。

その きのこの山誕生に大きく関わったのが、「アポロ」チョコ。発売当初、アポロは思うように売り上げが伸びませんでした。その空いた生産ラインを使って試作されたのが、きのこの山だったのです。きのこの山のチョコレート部分は、アポロに似てるでしょ。




□ 関西 むぎチョコ物語


兵庫県尼崎市にある、高岡食品工業株式会社。明治13年創業で、従業員数は70名。けっして大きな会社ではありません。しかしそこには、秘められた熱い想いがあった。

高岡康博は、大のチョコレート好き。従軍中も、チョコレートの夢をたびたび見るほどです。康博は誓った、戦争が終わったら、チョコレート製造を始めよう。日本の子どもたちに、腹いっぱい、チョコレートを食べさせたい。

終戦し帰国した康博は、ある光景に心を痛めます。アメリカ兵が撒いたチョコレートを必死に拾う、子どもたち。こんなことで、いいのだろうか? 日本人としての誇りは?

康博はさっそく、チョコレート製造に取りかかろうとしました。しかし、問題が山積みです。まず、戦争の影響で、カカオ豆の輸入が禁止されている。当時、代用品として唯一手に入るのが、ココアパウダーでした。これをいかにしてチョコレートに近づけるか? 研究を始めます。

試行錯誤を繰り返すうち、ブドウ糖にココアパウダーをまぶすことでチョコレートに近い味になると分かった。ただし、そのココアパウダーでさえ、簡単には手に入りません。

康博が向かったのは、幼い頃から大好きだった森永製菓。そこで情熱をぶつけます。日本の子どもたちに、我々日本人が作ったチョコレートを、お腹いっぱい食べてほしいんです!

すると森永製菓は、ココアパウダーを快く譲ってくれた。

やがて、康博は、代用チョコレートの製造に成功。おいしそうに食べる子どもたちの笑顔が、何よりうれしかった。


昭和25年には、カカオ豆の輸入が解禁。大手メーカーは、続々とチョコレート生産を再開します。

自分もと本格的にチョコレート製造に着手しようとした康博ですが、莫大な設備投資が必要なため、社員から猛反対を受けました。が、それでも康博は、あきらめなかった。

あの日見た、ギブ・ミー・チョコレート! と、アメリカ兵に群がる、子どもたちの姿。胸が締め付けられる思いがした。あの日、康博は誓ったのです。誰かに任せるのではなく、自分で安くておいしいチョコレートを作ろう! と。

こうして、高岡食品工業は、チョコレートの本格的製造を開始。大手のような設備投資ができない分、自分たちのアイデアで勝負することに。

こうして生まれたのが、チョコレートボール5ミックス、ネットイン(サッカーボール、ベースボール)、ハートなど、オリジナリティあふれるチョコレート菓子たち。

ヒット商品が続く中、大ヒットとなったのが「むぎチョコ」でした。麦の香ばしさとチョコの苦みを楽しめる、ロングセラー商品。1972年の発売で、年間売上は 360万個にも及ぶ。


高岡食品工業 むぎチョコ


ただ、その製造には、かなりの技術を要します。かけるチョコが少なければ、味が物足りない。かといって、チョコが多ければ、麦の粒がくっついてしまう。小さくて軽い麦に、均等にチョコをかけるには、人の手が一番でした。なので、全自動化はできないのだという。

発売から40年、むぎチョコは、今でも心を込めて、手作業で作られています。値段も、子どもたちのお小遣いで手軽に買えるよう、1袋30円のまま。

現在の会長は、康博の妻である高岡和子さん。子どもたちがおいしそうに食べる姿を見るのが、何よりもうれしいのだという。

日本の子どもたちにお腹いっぱいチョコレートを食べてほしい。康博の願いは、結実したのです。





がんばれサッカー 365g






□ その他


再現VTRで、ハイヒールが登場


ハイヒールリンゴ(再現VTR)
ハイヒールリンゴ

ハイヒールモモコ(再現VTR)
ハイヒールモモコ


リンゴさんのクオリティの高さ!


再登場はあるかな?




 → 「ビーバップ!ハイヒールの目次 2012年」





 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール  食べ物


「もう一つのヘイ・ジュード(Hey Jude)/ビーバップ!ハイヒール」

  • 2014/02/07(金) 16:10:48


東西冷戦の陰で革命を支えた、もう一つのヘイ・ジュード。

マルタ・クビショバ(クビショヴァー)が込めた想いとは?



ABC朝日放送 ビーバップ!ハイヒールより。

2014年2月6日放送、「歌は時代の証言者 名曲で読み解く歴史の真実」


ゲストブレーン:細見和之さん。(大阪府立大学教授)

「歌には、人々の心を動かす力があります」
「いろんな違う場面で歌い継がれたり、あらためて気づかされたり、そういうものが名曲にはある」
「そういう歌を知っていけば、一見難しく思える現代史を、興味深く学ぶことができるんです」



ポップミュージックで社会科 (理想の教室)







ビートルズの名曲「ヘイ・ジュード(Hey Jude)」。

2012年のロンドンオリンピック開会式で、ポール・マッカートニーが熱唱したのは、記憶に新しい。

観衆との大合唱が印象的でしたね。


この曲が作られたのは、1968年。

ジョン・レノンと、当時の妻・シンシアとの離婚が決定的になった頃でした。

当時5歳だったジョンの長男、ジュリアンを励ますために、ポールが作ったと言われる。


“ヘイ・ジュード 落ち込むなよ
 悲しい歌も 少しはマシにできるさ
 彼女を君の心に受け入れるのさ
 その時 すべてがいい方向へ向かいはじめるさ”



有名なこの曲が、ある国で革命のシンボルソングとなっていたことを、知る人はどれぐらいいるだろう。

チェコ共和国。なぜ、この国で、ヘイ・ジュードが歌い継がれたのか?


1986年、当時、共産国家ソ連の支配下にあったこの国では、長く続く独裁政治に対し、プラハの春と呼ばれる民主化運動が高まっていました。

そんな中、ひとりのアイドル歌手が活動していた。

彼女の名は、マルタ・クビショバ(クビショヴァー)。

独特なハスキーボイスと、生まれ持った美貌で、絶大な人気を誇っていました。


マルタ・クビショバ(クビショヴァー)
marta kubisova


しかし、その年の8月、チェコの民主化を阻止するため、突如、60万ものソ連軍が押し寄せた。

ソビエト軍のチェコスロヴァキア侵攻。

一夜にして民主化運動は弾圧され、再び、暗黒の時代へ突入したのでした。


マルタはこの時、ヘイ・ジュードを、闘う民衆のために歌おうと決意。

原曲を自らの想いを込めた歌詞に変え、マルタ版 ヘイ・ジュードを発表した。


“ヘイ・ジュード 涙があなたをどう変えたの
 目がヒリヒリ 涙があなたを冷えさせる
 私があなたに贈れるものは少ないけど
 あなたは私たちに歌ってくれる
 いつもあなたと共にある歌を”



この“歌”とは、国民の声のこと。

過酷な状況にあっても、真実を訴える、民衆の声。


“ヘイ・ジュード あなたは知っている
 口がヒリヒリする 石をかむような辛さを
 あなたの口から きれいに聞こえる歌は
 不幸の裏にある<真実>を教えてくれる”



マルタのこの歌は、弾圧に苦しむ民衆に、勇気と希望を与えたのです。





やがて、マルタの影響を怖れたソ連軍は、彼女を連行。

ヘイ・ジュードの歌詞について、尋問を行いました。

けれど、マルタは、毅然とした態度で反抗。

3ヵ月後、ソ連当局が下した判断は、レコードの回収と販売禁止でした。

さらにマルタは、音楽界から永久追放されてしまった。




時は流れて、1989年11月17日。

ベルリンの壁、崩壊。

チェコの人々は無血革命を起こし、共産党支配を倒しました。

ビロード革命。

流血を伴うことなく、ビロードのようになめらかに民主化が進んだことから、こう呼ばれます。


勝利宣言を行うため、プラハの広場に、30万人が集結。

その壇上に、彼女がいた。

民衆の勝利のVサイン。

流れる、あの曲。


“ねえジュード あなたの人生を信じて
 人生は私たちに傷と痛みを与える
 時として 傷口に塩をぬり込み
 棒が折れるほど叩いて
 人生を操るけど 悲しまないで”






マルタ・クビショバは、今も歌手として活躍。

そして、彼女のヘイ・ジュードは、今も国民の心の歌として、愛されている。





Ne! the Soul of Marta Kubisova






 → 「クイーンと日本、ビーチ・ボーイズと須磨浜」
 → 「ユーミンと あの子と ひこうき雲」

 → 「ビーバップ!ハイヒールの目次 2012年」




 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール  



ブログパーツ