「超人ペールワン/祇園笑者 ケンドーコバヤシ」

  • 2015/01/31(土) 08:20:55


読売テレビ「祇園笑者」より。

1月30日深夜放送、「ケンドーコバヤシ×藤崎マーケットトキ」。




□ 藤波辰爾 スクワット4時間伝説

東京のテレビスタッフにキレる、藤崎マーケットのトキさん。ある時は、「ラララライ体操、1時間できますか?」と聞かれた。「そんなもん、できるか!」と怒るトキに、ケンドーコバヤシさんは、「それはやれ」と諭すのでした。

「ドイツのバラエティー番組で、遠征中の藤波辰爾さんが、4時間スクワットやれって言われて、やったんやぞ! それで、日本のプロレスラーすごい! ってなってん。新日本プロレスって、どんなとこだ? こんなグリーンボーイ(当時は若手)が、やりきったぞ! そんなことがあって、新日本プロレスが海外で、大ヒットしたんや」

できませんと言うのは、簡単。でも、やりきることで、生まれるものもあると。開拓するには、まずやらないと。




□ ペールワン

ムチャ振りこそチャンスだと力説する、ケンドーコバヤシさん。トキさんに、「猪木 対 ペールワン 戦って、知ってる?」と、唐突に話しはじめた。

「パキスタンで行われたんやけど、ペールワンは、パキスタンの英雄。日本でいえば、全盛期の千代の富士みたいな感じや。ペールワンというのはナンバーワンという意味で、国の歴史の中で一番強いと言われてた。だから、パキスタンの人はみんな、勝利を疑ってなかった」

「試合はガチンコで行われ、ペールワンは噛みつきまで繰り出す激戦に。猪木は猪木で、相手の目に指を突っ込み、最終的には腕を折った(アームロックで脱臼させた)」

「相手は、国の英雄。リングサイドには兵士が立ち並び、銃を構えているような状況。エキサイトしたとはいえ、目つぶしし、腕まで折ったのだから、さあたいへん。とても、無事に帰れるとは思えない」

「でも、そこで奇跡が起こった。いつものように、ダア~ッ! と両手を上げたところ、それがたまたま、アラーの神のポーズ(神への感謝の祈り)だったため、兵士たちは銃を下げることに」

それぐらいの本気度でやれと、ケンドーコバヤシさんは言いたかったらしい。




□ ペールワン → バロムワン

ペールワンって、何かと似てるな? と思ってたら、ああ、バロムワンかと気づいた。

「超人バロム・1」は、1970年代の特撮。ずいぶん後になってから、さいとう・たかを先生の漫画原作が存在することを知った。さいとう先生は、言わずと知れた「ゴルゴ13」の原作者。そういえば、「バロム・1」「ゴルゴ13」と、どちらも数字がつくな。

ペールワンをバロムワンとするならば、猪木はさしずめ、アゴゲルゲだろうか。

悪の化身ドルゲは、自身の細胞を移植させ、悪のエージェントであるドルゲ魔人やドルゲ怪人を作った。当初は、オコゼルゲやイカゲルゲなどだったものの、番組後半では、クチビルゲ、ウデゲルゲ、クビゲルゲなど、人間の体の一部をモチーフにした怪人が登場。

でも、ウデゲルゲって、腕ではなく、実際は、手ゲルゲじゃない?


ウデゲルゲ







激情プロレスリング ~激突!!吉本芸人軍団VS新日本プロレス軍団全面戦争~ [DVD]





「カナリア安達が泣いた野生爆弾 川島のメール/祇園笑者」




スポンサーサイト



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  芸能人  芸人


「明石家さんま、金曜日の震えとサザエさん女/過ぎるTV」

  • 2015/01/30(金) 13:37:41

ABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」より。

「永久保存版! 明石家さんまSP」




□ 人気者伝説

月亭八方さんの証言。

「さんまの駐在さん」放送当時、収録が終わると、ファンが楽屋口や入口に殺到。しょうがないので、風呂場から脱獄犯のように、さんまさんは帰っていた。


とにかく忙しすぎる日々。

東京に進出し、大阪と東京を行ったり来たりの毎日(1979年 24歳ごろ)。レギュラーは、週に14本。しかも、劇場の出演が月に20日もあった。

あまりに多忙すぎて、金曜日の夜には、体が震えたそう。金曜の夜8時になると、「もうすぐか~」と思い、実際に震えだす。

それほどのハードスケジュールだった。


その頃、日曜の夜になると やって来る女性がいた。唯一、眠れる時間なのに、ピンポンを連打され、ドアを何度も蹴られる。そして決まって言うのが、「サザエさん見よ~!」。

怒っても、「だから~、サザエさん見ようって」と言うばかり。そんなことが何回か続いたので、ついに警察を呼んだのだとか。


この忙しい時期に声をつぶし、現在の声に。それまでは、今よりも高い声だった。2ヵ月しゃべらなかったら元に戻ると言われたけど、無理な話でした。




□ パーデンネンのルーツ

「さんまの駐在さん」では、オープニングで、さんま&八方のフリートークがあった。

ある日のこと、八方さんが、「うちの子にアホか! って怒ったら、『アホちゃいまんねん、パーでんねん』って返したんや」という風な話をした。

それをさんまさんが面白がり、後日、「笑っていいとも」でその話を披露。大ウケしたので、「ひょうきん族」でパーデンネンのキャラをやりたいということになった。

八方さんの息子は、現在、関西を中心に活躍している、月亭八光(つきてい はちみつ)さん。使わせてもらうお礼にと、さんまさんは5千円(1万円とも)を八方さんに渡したらしいが、息子の手に渡ることはなかったらしい。








□ オレたちひょうきん族

有名な話だが、ブラックデビルはもともと、高田純次さんが演じていた。しかし、1回目の収録のあと、おたふく風邪にかかってしまう。急きょ、さんまさんが代役となったが、それが大当たり。以後、たけちゃんマンの敵役として、人気者となる。


番組末期、たけしさんが休みがちになり、続けるか やめるか、最後の結論は、さんまさんに委ねられたのだという。

その頃の楽屋は、活気があった頃とは、全くの別物だった。お金儲けの話だったり、将来の心配だったり。こういうギャグしようとか、ガムシャラだった空気が、まったくなくなってしまっていた。

そんなこともあって無理だという結論に至り、番組は終了したらしい。









たけし・さんまの有名人の集まる店 [DVD]



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  芸能人  芸人


「仇討ちクロニクル はるの復讐/ビーバップ!ハイヒール」

  • 2015/01/16(金) 19:56:03


ルールと作法。

「衆道敵討ち」「後妻討ち」

「差腹」「めがたき討ち」


川越の はる。

助次郎への復讐。



ABC朝日放送 ビーバップ!ハイヒールより。

2015年1月15日放送、「美徳か…罪か… 実録・仇討ちクロニクル」


ゲストブレーン:氏家幹人さん。(歴史学者。国立公文書館 勤務)



武士マニュアル (メディアファクトリー新書)






□ 仇討ち


映画『石榴坂の仇討』の主人公は、彦根藩の下級武士である志村金吾。

剣術の腕を見込まれた志村金吾は、大老である井伊直助の護衛に取り立てられました。

身分の低い者にも声をかける井伊直助の人柄に惚れた金吾は、命を懸けて主君を守ることを誓うのでした。

安政7年、桜田門外の変。敵の一人を追った金吾でしたが、その間に、井伊直助は殺害されてしまった。

金吾は切腹することも許されず、逃亡した水戸浪士の首を一つでも挙げ墓前にお供えせよと、藩から 命ぜられるのでした。





明治6年に政府から「仇討ち禁止令」が発令されるまで、仇討ちは幕府公認の賞賛される行為でした。

記録に残っているだけでも、129件ある。

ちなみに、仇討ちの成功率は、5%以下。

相手を探すことも難しかった。




文政3年(1820年)、江戸の鍛冶屋で、こんなことがあったという。

包丁を研いでいた息子が、急に父親を殺害したのです。

役人の取り調べに対し、息子は淡々と答えたという。

あの男は、本当の父親ではありません。3歳の時、母と密通し、実父を殺した敵なのです。

親戚から真相を聞かされた息子は、静かに時を待ち、仇討ちを実行したのでした。

親殺しの罪に下される罰は、磔(はりつけ)。それを覚悟したうえでの行動だった。

この時、息子は13歳。




□ ルールと作法


仇討ちは武士だけのものではなく、庶民によっても行われていた。ただし、秩序を守るため、幕府が定めた作法やルールがありました。


<禁止事項>

武士同士が正々堂々の果し合いをした場合、負けた側の身内が仇討ちすることを禁じる。

また、目上の者が目下の者の仇討ちをすることも、禁止。(自分の子どもが殺されても、親が仇討ちすることは正当化されていなかった)


仇討ちする側を「討ち手」、討たれる側を「仇人(あだびと)」と呼んだ。

討たれた仇人の遺族が仇討ちすることは、「重敵(かさねがたき)」と言って、禁じられていた。

返り討ちに遭った場合、討ち手の遺族が仇討ちする「又候敵討ち(またぞろかたきうち)」も、禁止。


このように、最低限の負の連鎖を防ぐため、ルールが定められていたのです。



<手順>


(1) 奉行所に届けを出し、「敵討ち許可証」を受領する。

(2) 敵を発見した時は、現地の奉行所に届けを出し、「仇討ちを行う許可」をもらう。

(3) 奉行所が先に敵を捕えた場合は、幕府にその処置をうかがう。

竹で囲われた「竹矢来(たけやらい)」を用意し、その中で仇討ちを行わせる場合もあった。


竹矢来での仇討ち


(4) 仇討ちを終えたら、討ち手は奉行所に出向き、「帳消(ちょうけし)」の手続きを行う。




□ 仇討ちの種類


[衆道(しゅどう)敵討ち]

最も多かったという仇討ちが、これ。

衆道(しゅどう・しゅうどう)とは、若衆道の略。男色の道のこと。当時、男性同士の性愛関係「男色」は、武士のたしなみとされていた。

男同士の痴情のもつれは、激しかったという。好きな男を寝取られることは恥とされ、これを討つのは武士としての名誉を守る行為でもあった。


仇討ちといえば主君や親の仇というイメージがありますが、実はそう多くはないそう。

有名な忠臣蔵も、事件の数年後に出た 浮世草子『誠忠武鑑』には、「美少年の小姓を譲って欲しいという吉良上野介の申し出を、浅野内匠頭が断ったことが、そもそもの原因である」と書かれてあるそう。

(あくまで、諸説ある内の一つですが)



[後妻(うわなり)討ち]

当時、女性の立場は弱く、一方的に離縁されることも度々だった。江戸時代、庶民の間では、原則として、離縁の権利は夫だけに存在しました。離婚件数は、現代と比べ、倍以上。離縁状の俗称を、「三行半(みくだりはん)」と言う。

一方的にやられたのでは、妻もたまったものではありません。そこで、このような習慣があったのだという。

離縁してから1か月以内に夫が再婚した場合、前妻による後妻への仇討ちが、認められていた。これが、「後妻討ち」。


作法(1):前妻は、親族の女性と、段取りを相談する。(男性は、一切関わってはならない)

作法(2):前妻は後妻に果し状を送り、襲撃の日時を伝える。(まれに断る後妻もいたが、ほとんどが断るのは恥だとして、「お待ちしております」と手紙を返したと言われる)

作法(3):当日は、たすき・ハチマキをして、竹刀やこん棒を持ち、襲撃。20名から100名の女性のみで、行われる。

作法(4):口々に恨みを述べながら、家財道具を破壊していく。


後妻(うわなり)討ち


これは、前妻の憎悪や鬱憤を解消させるための儀式でもあった。そのため、後妻は基本的に、逆らうことはしない。



[差腹(さしばら)]

最も確実な仇討ちと言われる。

見つけた敵を自ら討つのではなく、先に自分で切腹し、討ちたい相手に対し、遺書と刀を送り、切腹を迫るというもの。迫られた者は、断るのは武士の恥だとして、切腹しなければならなかった。

この方法だと、力の弱い者でも確実に相手を殺せるため、頻繁に行われていたらしい。


江戸の前期、阿波徳島藩に、小野小平という貧しい浪人がいました。

同じ浪人の梶浦平治右衛門ですが、こちらは武芸に優れ、豊かな暮らしをする人気者だった。

なんと、小野小平は一方的に梶浦平治右衛門を妬み、差腹してしまった。切腹を迫る遺書を残し、自らの腹を切り裂いて、絶命したのである。

困ったのは、平治右衛門。特に何もしておらず、恨まれる理由もないのに、指名されてしまった。

納得できない平治右衛門でしたが、武士として断るわけにもいかず、切腹して果てました。

しかし、あまりに理不尽な事件であったため、小野小平の一族は「謹慎処分」に。以後、阿波徳島藩では、差腹が禁止されることになった。


理不尽すぎる差腹ですが、氏家幹人さんによれば、合理的な方法でもあったと。差腹だと、死ぬのは2人だけですみます。そうでない場合、一族郎党が集まって、小さな戦争になってしまう。



[めがたき討ち]

めがたきは、「女敵」や「妻敵」と書く。意味は、自分の妻と密通した男のこと。

女敵討とは、妻が不倫した場合に、不倫相手と妻の両方を殺害すること。これを果たさないことは、武士として情けないことだとされていた。

ただし、金で解決する場合も多かったとか。相場は、7両2分。1両を10万円とすると、72万5千円ほどになる。




□ 敵討ちに人生を捧げた女


江戸の商家でのこと。「はる」という15歳の女性は、病に臥せっている母親から、驚くべきことを聞かされました。その時に手渡されたのは、1通の遺書。本当は、武蔵の国の家中・伊東仙右衛門の娘だと知らされた。

13年前の元禄8年(1695年)。伊東仙右衛門の娘・はるは、2歳。両親の愛に包まれて暮らしていました。ある夜のこと、仙右衛門の留守中に、男が忍び込んだ。大西助次郎という仙右衛門の部下でした。

大西助次郎は仙右衛門の妻・お近に一方的に想いを寄せていたのですが、相手にされず、逆恨みするようになっていました。そして、不倫を迫った事実を公表されるのを恐れ、殺害を企てたのです。

殺すつもりで留守を狙った助次郎でしたが、屋敷で 帰宅した仙右衛門と遭遇。主人である仙右衛門を殺害してしまいます。そこに、妻のお近が出てきて、小太刀で斬りつけた。助次郎は額に傷を負い、逃走。

やがて、お近も病に倒れ、事件の3か月後に亡くなってしまいます。こうして はるは天涯孤独の身となり、江戸の商家に預けられたのでした。

お近は、助次郎の容貌を書き留め、金銀、仙右衛門の形見の刀と共に、はるに残していた。その真相を、はるは聞かされたのです。


はるは養父母の家を出て、復讐の道へ。しかし、事件からすでに13年が経過。助次郎捜しは、困難を極めました。

はるは考えた末、武家に奉公することにしました。下女として仕えながら、屋敷にやって来る客の相手をし、情報を集めようとしたのです。酒を飲ませれば、口が軽くなる。

より多くの情報を集めるため、はるは半年ほどで、奉公先を変えていきました。しかし、助次郎の情報は得られない。

時は流れ、享保7年(1722年)。敵を捜しはじめてから、14年が過ぎていました。はるはもう、29歳。事件からは、27年が経っていました。その間、はるは女として生きる道を捨てていた。すべてを、仇討ちに捧げていたのです。

その年の8月、はるは、旗本・斉藤頼母の屋敷で奉公していました。そこに藤代勘左右衛門という男が現れたのですが、額に傷が。名前は違いますが、母が書き残した助次郎の容貌に似ています。

はるは酒を勧めつつ、額の傷についての武勇伝を聞いてみました。やはり、藤代勘左右衛門は憎き敵・助次郎に違いなかった。運よく、勘左右衛門は翌朝、一人で熱海に行くという。はるはすぐに奉行所に届けを出し、人気のない山道で待ち伏せしました。

相手は、老いたとはいえ侍。勝てる保証はありません。返り討ちに遭う可能性もあります。しかし、はるに迷いはありませんでした。

父の形見の刀で斬りつけ、驚いた勘左右衛門(助次郎)を見事、討った。(同じ屋敷に奉公していた男に助太刀を頼んだという説もあり)

本懐を遂げた はるはその後、駆け込み寺として知られた鎌倉の東慶寺で尼となり、心静かに余生を全うしたという。




□ 仇討ちクイズ


<問題(1)>

ふとしたことから口論となった、近藤三郎兵衛と徳田平右衛門。

カッとなった徳田は、近藤を斬り捨ててしまいました。

その後、徳田は仇討ちされるのではないかと脅え、眠れぬ日々を過ごすことになった。

ある日のこと、徳田は、信じられないようなことをしました。

それは、何でしょう?










正解は、「近藤の息子に、仇討ちをするように迫った」でした。


いつ復讐されるんだろう? いつ復讐されるんだろう? と脅えた徳田は、ついに我慢できなくなり、自分が父の敵だと近藤の息子に告白。仇討ちするように迫ったのでした。

ところが、近藤の息子は動揺し、なかなか斬り殺すことができなかったのだという。そこで徳田は、槍を渡し、近藤の息子の手を取って、討たせようと頑張った。

何とか仇討ちは達成されたのですが、近藤の息子も、武士としては情けないとして、藩を解雇される結果に。





<問題(2)>

大阪は道頓堀でのこと。仇討ちだ! という声を聞きつけ、現場には多くの人が集まりました。しかし、二人とも、なかなか戦おうとしない。

やがて、ここは人目が多すぎるからと、刀をおさめ、二人は別の場所へと移動してしまいました。

ガッカリする観衆たちでしたが、次の瞬間、みなして「ああっ!」と驚きの声を上げたのだという。

それは、なぜでしょう?










正解は、「サイフを、すられていたから」


仇討ちは狂言で、他の仲間が、仇討ちに気を取られている群衆から、サイフをすって回ったというわけ。

興奮する群衆からサイフをするのは、簡単だったのでしょう。



仇討ちを見物するのは人気で、幕末の例だと、数千人集まったという話も。

しかも、場所は、和歌山の山奥。

わざわざ見物に集まったのだ。





幕臣伝説 (歴史新書y 48)


柘榴坂の仇討 五郎治殿御始末 (中公文庫)






 → 「江戸グルメ事情」

 → 「ビーバップ!ハイヒールの目次 2012年」






 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  ビーバップ!ハイヒール


「吉本新喜劇 復活の兆し」

  • 2015/01/03(土) 20:04:27


小学生の頃、土曜日の午後といえば、「吉本新喜劇」でした。

当時の座長は、岡八郎さん、花紀京さん、船場太郎さん、木村進さん、間寛平さん。

マドンナが、中山美保さん、山田スミ子さん。


時は過ぎて、2015年。正月特番の吉本新喜劇を見ました。

題材は西遊記で、4人の座長が勢ぞろいした特別版。(小籔さんは欠席)


感想はというと、とても面白かった。

(以下、敬称略)

新座長の すっちー。

ドリルせえへんのかい! の吉田裕。

ギターを巧みに操る人間効果音、松浦真也。

抜群の安定感、内場勝則&辻本茂雄。

ややこしい老人・中川貴志(ランディーズ)と、激しくツッコむ 清水けんじ。

ゆる系のおデブちゃん、酒井藍。

楽しい掛け合い ヒュー&カー、川畑泰史&烏川耕一。

もはやレジェンド、池乃めだか&桑原和男。



特に印象的だったのは、子どもの笑い声がたくさん聞こえたことです。

正月公演というのがあるかもしれないけど、すごく楽しんでいると、感じられた。


慣れるとどうしても退屈になってしまいがちな吉本新喜劇ですが、新しい血が巡り出し、よい感じに変わってきているという気がしました。



すっちー&ギター松浦



ドリルすんの せえへんのかい!



おおい! 呼んだら来るから エンドレスじじい






50周年!吉本新喜劇ギャグ100連発[21世紀編] [DVD]



 web拍手 by FC2  


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

 


[サイト内タグ]:  芸人



ブログパーツ